CRMの必要性

「営業活動」はどのようなな企業にとっても成長に欠かせない重要な活動です。

比較されることが当たり前で、かつ、スピード重視となった昨今では、営業活動はまさに難題となっています。

そのような時代だからこそ、より良い営業活動を行い、お金のやりとりを超えた付加価値をお客さまに提供する必要があります。それを実現するためには、お客さまのニーズやフィードバック、関係性など、さまざまな情報を把握することが重要です。そして、ITの発展により、このような企業とお客さまとの新たな関係構築の実現を容易にするだけでなく、さらなる付加価値が生まれています。

業務フローを自動化し、お客さまへの応対品質を向上するために、CRMは誕生しました。CRMをかんたんにいうと、お客さまとの関係構築と販売プロセスを効果的に実行するしくみです。販売履歴や対応状況など、営業活動の生命線となるお客さま情報を管理し、活かしていくことができます。同時に、関連する見積もり作成や発注から、営業利益や売上見込みの把握まで、企業の販売プロセスを一元化することで生産性を向上します。

限られた時間の中で効率的にかつ効果的に営業活動を行うことで、ビジネス成長を促進するため、今、CRMは多くの企業から注目を集めるものとなっています。