SalesInbox

SalesInbox は、Eメール対応を改善する、営業に特化したEメールクライアントです。 これまで別々のツールとして使い分けされていた、EメールとCRMが融合することで、お客さま情報を活かしたメール作成や、メールからCRM に直接データを登録することなどが可能に。さらに、メールテンプレート毎に開封率やクリック率を測定することもできます。 文章やデザイン効果の計測と改善を繰り返し、よりお客さまの関心や興味を惹きつける内容へと洗練させることでEメールの効果を最大化していきます。

セールスシグナルとマルチチャネル

Eメール、電話、SNS、チャット、Webアクセス、お客さまアンケート、問合せメール といったさまざまなチャネルを一元的に管理。お客さまとのコミュニケーションを円滑にしていきます。リアルタイムにお客さまの動向を把握することで、営業担当者は適切なアプローチができ、より多くの受注を獲得できるようになります。

普段顧客とやりとしているメールを、自動で Zoho CRMに紐付け。Twitterのダイレクトメッセージや、Facebookのメッセージ、もCRMで管理できます。Zoho Support や Zoho Survey 上での、お問い合わせ(サポートチケット)やアンケートも Zoho CRMに紐付けられます。

お客様の声をZoho サーベイを利用して満足度調査として収集し、CRMで確認。営業の対応と合わせて確認できます。

メール分析

リアルタイムにメールの対応状況を把握することで、チームのパフォーマンス度合いを測ることができます。メールテンプレートを分析し、最適化したバージョン毎に開封率などの反応を計測し、より効果的なメール送信を可能にします。

より高度なフィルター

高度な検索機能により、CRMから日々の活動に基づくさまざまな価値ある情報を抽出。お客さま情報にひも付いたタスクやノート、メールの開封状況などからも見込み客を抽出することができます。

データの意図がわかる、新しいインターフェィス

従来の一般的なCRM/SFAによくある「分かりにくい」「使いにくい」といった問題を一掃しました。営業の手間を最小化し、売上を最大化するため、スマートで直感的に利用できるデザインとなっています。

タイムライン
顧客や商談などの更新履歴を、タイムラインで時系列に参照できます。顧客との接触履歴や過去のやりとりを一画面で把握できます。また、 今後予定されているアクション(打合せやフォローアップ等)も参照できます。

詳細フィルター機能
見込み客の一覧から、メールを開封した、また、メモや活動実績のある顧客だけを抽出するなど、柔軟なフィルター条件を設定できます。

レポート・ダッシュボードをチェックするだけで、達成レベルがわかり、しかるべき対策をとれます。

ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーション機能は、営業チームの健全な競争を促進し、目標達成やスコア獲得を楽しみながら営業活動を行える機能です。 電話の件数や受注数、新規商談獲得数など、任意の条件を設定し、ポイントを付与できます。設定した達成レベルをクリアすると、グレードに応じたトロフィーやバッジなどの称号を獲得することも。ゲームの作成は誰でも可能で、チームのメンバーを招待して開始できます。まるでゲームをクリアする感覚で、営業活動のモチベーションアップや競争意欲を促進します。

スケジュール

スケジュールデータを統合し、効率的に管理。カスタム関数での自動処理をワークフローだけではなくスケジュール設定から実行可能になりました。繰り返し処理も自動で行えるため、タイムロス削減にもつながります。

ギャラリーから選択し、スケジュールにリンクさせることができます。独自関数の作成にも対応。

週次、月次などでの繰り返しのスケジュールを登録することができます。

Appleカレンダー連携

プライベート・仕事問わず、一つのスケジュールで管理することで手間を削減でき、抜け漏れを防止できます。

さらに一歩先をいくモバイル活用

新モバイルアプリ

モバイルでの本格的な営業活動を実現する、モバイルアプリ新バージョンをリリース。チェックイン機能(訪問時に位置情報と時間を記録)、近くにいる顧客の検索、活動履歴の確認機能などを追加し、外出先や移動中の営業活動をサポートします。

-->

ページレイアウト

商品や販売プロセス毎に画面構成を変更できるページレイアウト機能を追加しました。A商品を扱う部署と、B商品を扱う部署の商談の登録画面(項目内容やレイアウト)を、 ユーザーの属性に応じて、画面を切り替えながら利用することが可能です。

Zoho 会計シリーズ連携

お客さまの情報や請求書など、財務に関連する情報はCRMに集約されています。また、経理部門との調整が必要となるお客さまの信用評価などでは、これまでの支払い遅滞や契約締結状況などの情報が必要となり、こうした情報もCRMに蓄積できます。時間をかけて調整したり、申請書を作成する必要もなく正確かつスムーズな企業活動が実現できます。

売掛金やクレジット決済を管理するZoho ブックスを使用し、取引履歴をお客さま情報と紐付けます。

繰り返し処理の決済をかんたんに管理できるZoho サブスクリプションとも連携。

出張や経費の申請を自動化することができます。