高いセキュリティ保護

ビジネスデータの取り扱いに対するセキュリティ意識は年々高まり、企業は対応に迫られる時代となりました。 お客さま情報の保護と社員の効率的な働き方との調整は難しく、柔軟性の低い環境での業務となりがちです。 しかし、人材流出の防止や生産性の向上には、社員の効率的な働き方を見つめなおさなければなりません。 Zoho CRMのセキュリティ機能は、この両方を実現することが可能です。チームの自由を犠牲にすることなく、お客さま情報を保護しながら最高の作業環境をご提供します。

  • IP制限

    続きを読む

    ビジネスデータへの不正アクセスを防ぐことは、クラウドセキュリティにおける主要な関心事です。 Zoho CRMのIP制限は、社内ネットワークなど指定されたIPアドレスからのみサインインすることで、不正利用者を防ぎます。 そのため、ユーザーが自分の認証情報が盗まれた場合でも、CRMは不正アクセスから保護されます。

  • データを常に身近に

    Zohoは米国とEU(欧州連合)に最先端のデータセンターを用意しています。

  • 2段階認証

    続きを読む

    フィッシング攻撃や個人情報の盗難が横行する時代の中、パスワード1つに頼ることは、セキュリティ上とても危険です。 Zoho CRMの2段階認証は、携帯電話やGoogle認証を使用し、あなたのアカウントをより強力に保護します。

  • パスワードポリシー

    続きを読む

    複雑なパスワードの設定は、不正アクセスを防止する最もかんたんな方法です。 Zoho CRMのパスワードは、数字、大文字、小文字の組み合わせが必要なため、各ユーザーの安易な設定によりデータを危険にさらすことを未然に防止します。

  • 監査ログ

    続きを読む

    CRM管理者は、履歴などにより活動を管理する必要があります。Zoho CRMでは、誰が、いつ、何をしたのかを管理できるように監査ログをご用意。 特定のイベントに関連付けられたデータを識別し、イベントの前後に何が起こったのかを把握することもでき、エラーの原因究明にも役立てられます。

  • ソーシャルサインイン

    続きを読む

    ユーザー名やパスワードを忘れてしまったことはありませんか?Zohoでは、サインインの際に、Facebook、LinkedIn、YahooやGoogleといったソーシャルメディアの認証情報を利用できます。

柔軟なカスタマイズ性

CRMはビジネスの中心となるシステムであり、各社ならではのプロセスに対応するためカスタマイズが必要とされます。 Zoho CRMは、項目名やタブの追加・編集などはもちろん、他事業部との合同管理にも対応できるレイアウトの切り替え適用など、柔軟にカスタマイズできます。

豊富なソリューション

ビジネスの形に併せて他サービスとも柔軟に連携させ、可能性を広げていきましょう。Zoho CRMは、単なるお客さま管理システムではなく、関係を構築し、売上へとつなげるしくみであり、すべての活動の根幹となるしくみです。会計システムやマーケティング施策などさまざまな活動管理ツールとつなげ、データがつながることで見える可能性を体感ください!