CRMヘルプ

取引先の作成

【Zoho CRMでの取引先の作成手順】

  • 取引先の詳細フォームにデータを入力:取引先の詳細情報を1件ずつ手動で入力します。
  • 外部から見込み客をインポート:お手持ちのデータをCSVやXLSファイルからZoho CRMにインポートします。
  • 見込み客を取引先に変換 :見込み客のデータから、連絡先、取引先、商談のデータを作成できます。
  • Microsoft Outlookの連絡先との同期:Microsoft OutlookとZoho CRMの連絡先を同期できます。留意事項:Microsoft Outlookで会社名が登録されている場合、Zoho CRM内に取引先が新たに作成されます。

メモ

  • 組織の設定によっては、標準の項目が表示されない/編集できない可能性があります。
  • 項目を追加/修正したい、項目の使用方法について詳細を知りたい場合、自社のシステム管理者に連絡してください。

Zohoの標準の項目についての詳細はこちらをクリックしてください。

取引先を個別に作成する

取引先を個別に作成する方法

  • 取引先の作成画面で詳細を入力する。
  • 既存の取引先を複製して必要な個所を変更する。

利用するには

必要な権限:取引先の作成の権限を有効にしてから、取引先タブを表示する必要があります。

取引先を個別に作成するには

  1. 取引先タブで「追加 」ボタンをクリックすると、新しい取引先を追加できます。
  2. 取引先の作成ページで、取引先の詳細を入力してください。(参考:標準の項目)
  3. 保存をクリックしてください。

取引先を複製するには

  1. 取引先タブで、複製したい取引先をクリックしてください。
  2. 取引先の詳細ページでその他」ボタンをクリックし、メニューから複製を選択してください。
  3. 取引先の複製のページで、必要な項目を変更してください。(参考:標準の項目)
  4. 保存をクリックしてください。

取引先の詳細のページを確認する

取引先を作成した後は、データの詳細ページで取引先の詳細を表示できます。取引先の詳細ページでは取引先に関連する情報を確認できます。取引先に関連付けられている商談や連絡先、活動、メモ、予定、メール等が一ヵ所にまとめられています。

取引先の詳細のページを表示するには

  1. 取引先のタブをクリックしてください。
  2. 取引先の一覧から表示したい取引先をクリックしてください。
  3. 取引先の詳細ページが表示されます。

取引先の詳細ページの簡単な紹介(クイックツアー)はこちら:

  1. 情報履歴の表示を切り替えられます。
    • 情報 - 取引先に関連付けられている関連リストやリンクが表示されます。
    • 履歴 - 取引先の詳細ページでの操作の履歴が表示されます。
  2. 概要表示:取引先に関してよく確認する項目を5件まで表示できます。概要表示はカスタマイズできます。
  3. 編集 - データを編集できます。
  4. 詳細アイコン - 取引先用の詳細設定を表示できます。
  5. 商談、連絡先などの取引先に関連する詳細情報が表示されます。
  6. 関連リストのセクション- 表示したい関連リストへ移動できます。このセクションから新しい関連リストの作成、既存の関連リストの編集もできます。

  7. カスタムリンク - 取引先に関連するリンクが表示されます。
  8. メモ - 取引先に関連するメモが表示されます。メモにはチェックイン(訪問履歴)が含まれます。チェックインはモバイルアプリやプロジェクトのタスクのコメントから登録できます。
  9. 関連リスト - 画面を下へスクロールすると、取引先に関連づけられているすべての関連リストを表示できます。

取引先を他のデータに関連付ける

取引先に関連する詳細情報(連絡先、商談、問い合わせ、活動、添付、メモなど)を一覧表示できます。

取引先の詳細ページで、次の項目を更新できます:

  • 商談:商談を追加できます。
  • 連絡先:連絡先を追加できます。
  • 未完了の活動:タスクと予定(打ち合わせや通話等)を追加できます。
  • 完了した活動:完了した活動が表示されます。
  • 商品:商品を追加できます。
  • 見積書:見積書を追加できます。
  • 受注書:受注書を追加できます。
  • 請求書:請求書を追加できます。
  • 添付&メモ:書類とメモを添付できます。
  • 関連する取引先:取引先の他の部署や子会社等を追加できます。
  • 問い合わせ:問い合わせを作成できます。

関連する取引先の追加

関連する取引先とは、既存の取引先に関連する別の取引先で、子会社や支店等を関連付ける際に利用します。会社内の異なる部署を2つの取引先として登録し、親取引先の詳細画面から関連する部署を一覧表示することもできます。

関連する取引先を追加するには

  1. 取引先の詳細ページへ移動してください(既存の関連する取引先があれば詳細が表示されます)。
    • 取引先名電話番号Webサイト取引先の種類業界年間売上のいずれかの項目をクリックすると、データを並べ替えられます。
    • 編集または削除のリンクをクリックすると、関連する取引先を更新/削除できます。
  2. 新しく作成をクリックしてください。
  3. 関連する取引先の詳細を入力してください。
  4. 保存をクリックしてください。

トップ