CRMヘルプ

営業時間の設定

組織内のサポート担当者は、異なるタイムゾーンのシフトで働くことがあります。日本オフィスのサポート担当者と、インドオフィスのサポート担当者では、業務時間帯が異なります。Zoho CRMでは、タイムゾーンが異なる複数の営業時間を設定でき、問い合わせのエスカレーションルールを使用して、各ユーザーに問い合わせを割り当てるのに役立ちます。

例えば、インドのサポート担当者が、問い合わせのデータを作成したとします。問い合わせの内容は、エスカレーションルールの条件を満たしているので、日本のサポート担当者にエスカレーションされます。日本のサポートチームが営業時間内の場合、問い合わせをエスカレーションするのが最適ですが、営業時間を踏まえた上でエスカレーションできます。

利用可能なプラン

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

営業時間の設定

  1. 設定 > 設定 > 組織情報 > 営業時間をクリックしてください
  2. 組織の営業時間ページで、新しい営業時間の設定をクリックしてください。
  3. 営業時間情報の欄で、次の手順にしたがってください。
    • 営業時間に名前を入力してください。例:ニューヨークオフィス東部夏時間NY
    • 一覧からタイムゾーンを選択してください。
    • 営業時間を有効にするには有効にチェックを入れてください。
    • 営業時間を入力してください。
  4. 保存をクリックしてください。