CRMヘルプ

Zoho CRMの設定のコピー

複数の事業や拠点を持つ企業では、複数のCRMアカウントが必要な場合があります。ただ、基本的に必要な機能は共通しています。このような場合、それぞれのアカウントで一からカスタマイズすると、繰り返し同じ作業が発生してしまいます。「Zoho CRMの設定のコピー」機能を利用すると、この問題を解決できます。この機能を利用すると、CRMのアカウントの設定内容を、別のアカウントにコピーできます。

利用可能なプラン

必要な権限:管理者の権限を持つユーザーのみ、この機能を利用できます。

メモ

  • 設定のコピーを行うには、両方のアカウントが同じプランである必要があります。例えば、プロフェッショナルプランからエンタープライズプランに設定をコピーすることはできません。コピー元のアカウントとコピー先のアカウントが同じ有料プランを利用している必要があります。コピー先のアカウントは、試用版の有料プランでも問題ありません。
  • 設定のコピーの際には、コピー元のアカウントから組織のロゴを削除することをお勧めします。
  • 設定をコピーするには、コピー先のアカウントのメールアドレスが必要です。
  • コピー先のアカウントは新しいアカウントである必要があります。以前のバージョンのCRMアカウントではコピーできません。

利点

  • 特定の業界に特化したCRMのカスタマイズを行い、他のユーザーに適用できます。
  • カスタマイズした内容を簡単にコピーできるので、さまざまなユーザーのアカウントでカスタマイズする時間を節約できます。

対象者

  • コンサルタント
  • パートナー

Zoho CRMの設定のコピーの手順

設定のコピーの機能によって、手間や時間を節約しながら、設定したカスタマイズを複数のCRMのアカウントに適用できます。設定をコピーするには、コピー先のアカウントのメールアドレスが必要です。この機能を使用すると、項目、セクション、レイアウト、タブ、レポート、メールや各種書類のテンプレート、ロゴなどのさまざまなカスタマイズ内容をコピーできます。

Zoho CRMの設定をコピーするには

  1. 設定 > 設定 > カスタマイズ> 設定のコピーをクリックしてください。
  2. 設定のコピーのページで、コピー先のユーザーのメールアドレスを入力してください。
  3. コピーをクリックしてください。
    コピー先の組織の使用責任者のメールアドレス宛にメールが届きます。コピー先のZoho CRMの使用責任者が処理を承認すると、設定のコピーが開始してください。

メモ

  • Zoho CRMの設定のコピーを使用すると、コピー先のアカウントに、システムの設定をコピーできます。
  • まだカスタマイズされていなく、データが登録されていない新しいアカウントに、設定をコピーすることをお勧めしてください。
  • Zoho CRMの設定のコピーは同じユーザーに対して1度のみ使用できます
  • 設定のコピーを行うには、両方のアカウントが同じプランである必要があります。

以下は、コピーできるカスタマイズ、コピーできないカスタマイズの一覧です。

コピーできるカスタマイズ コピーできないカスタマイズ
  • タブとタブグループ
  • カスタム項目、ページのレイアウト、
    検索のレイアウト
  • 役職と権限
  • 項目別のアクセス権限
  • 組織(会社)のロゴ
  • 関連リスト
  • カスタム項目の関連付け
  • 連絡先の役職
  • 商品の税率
  • カスタムビュー
  • ステージと確度の関連付け
  • レポートとレポートフォルダー
  • Webタブ
  • リンク
  • ワークフローのルール、通知、タスク、
    データ更新
  • メールのテンプレート、
    各種書類のテンプレート
  • マクロ
  • 差し込み文書のテンプレート
  • テーマ
  • ダッシュボード
  • Webフォーム(Web-to-見込み客、
    Web-to-連絡先、Web-to-問い合わせ)
  • 自動メール送信
  • 定期レポート
  • 割り当てルール
  • 自動返信のルール
  • グループ
  • データの共有ルール
  • 問い合わせのエスカレーションのルール
  • 複数通貨の設定
  • 会計年度

上へ