CRMヘルプ

アカウントの設定

ユーザー登録後、自分のアカウントの設定内容をカスタマイズできます。初期設定では、ユーザー登録時に設定した内容に応じた内容が登録されています。サインイン後、必要に応じて設定を変更できます。

以下の表は、管理者と標準ユーザーそれぞれが利用可能な機能の一覧です:

機能 権限
名前の変更 管理者および標準ユーザー
地域情報の変更 管理者および標準ユーザー
言語の変更 管理者および標準ユーザー
日付フォーマットの変更 管理者および標準ユーザー
タイムゾーンの変更 管理者および標準ユーザー
署名の変更 管理者および標準ユーザー
氏名フォーマットの変更 管理者および標準ユーザー
アカウントのメールアドレスの変更※ 標準ユーザー
パスワードの変更※ 標準ユーザー
秘密の質問の変更※ 標準ユーザー
回答の変更※ 標準ユーザー
権限の変更 管理者
役職の変更 管理者
通貨の変更 管理者
ユーザーの追加 管理者
ユーザーの有効化/無効化 管理者
ユーザーの再招待 管理者

個人情報の変更

名前、電話番号、Webサイト、誕生日、住所などの情報を変更できます。

情報を変更するには

  1. 設定>設定 > 全般 > 個人情報をクリックしてください。
  2. 個人情報のページで、編集のアイコンをクリックしてください。
  3. アカウント情報のポップアップで、該当の個人情報を変更してください。(詳細は、表を確認してください)
  4. 保存をクリックしてください。

標準項目の一覧

項目名 詳細 データの種類
ユーザーの名前です。 テキスト
姓* ユーザーの姓です。この項目は必須項目です。 テキスト
ニックネーム ユーザーのニックネームです。 テキスト
役職 ユーザーの役職です(例:管理者、標準ユーザー、その他独自に追加した役職)。この項目は必須項目です。管理者のユーザーのみ、この項目を変更できます。 選択リスト
メールアドレス※ サインイン際に使用するメールアドレスです。Zoho アカウントから変更可能です。 メール
Webサイト ユーザーのWebサイトのURLです。 URL
電話 ユーザーの電話番号です。 選択リスト
携帯電話 ユーザーの携帯電話の番号です。 テキスト、整数
Fax ユーザーのFax番号です。 テキスト
誕生日 ユーザーの誕生日です。 日付
町名・番地 ユーザーの町名・番地です。 テキスト
市区町村 ユーザーの市区町村名です。 テキスト
都道府県 ユーザーの都道府県名です。 テキスト
郵便番号 ユーザーの郵便番号です。 テキスト、整数
ユーザーの国名です。 テキスト
言語 Zoho CRMの言語を選択します。この項目は必須項目です。 選択リスト
国※ 選択した国に応じた日付のフォーマットが適用されます。この項目は必須項目です。 選択リスト
タイムゾーン※ 利用するタイムゾーンを選択します。この項目は必須項目です。 選択リスト

地域情報の変更

ユーザーの地域に応じて、言語をアカウントに設定できます。時間のフォーマットは、12時間か24時間形式かを選択できます。日付のフォーマットは、選択した地域に応じて設定されます。現在、以下の日付フォーマットをサポートしています:

  • 日-月-年(dd-mm-yyyy)
  • 月-日-年(mm-dd-yyyy)
  • 年-月-日(yyyy-mm-dd)

言語、国、時間の表示形式、タイムゾーンの変更

  1. 設定>設定 > 全般 > 個人 情報をクリックしてください。
  2. 個人情報のページで、地域情報の欄の編集のアイコンをクリックしてください。
  3. 一覧から値を選択してください。
  4. 保存をクリックしてください。

氏名フォーマットの変更

初期設定では、氏名の表示順は<敬称> <名><姓>です。ユーザーの地域ごとに標準の氏名フォーマットに変更可能です。

例:日本の場合…<姓> <名> <敬称> アメリカの場合…<敬称> <名><姓>

氏名フォーマットを変更するには

  1. 設定>設定 > 全般 > 個人 情報をクリックしてください。
  2. 表示順を変更するには、氏名フォーマットの欄で、<敬称><名><姓>の項目をドラッグ&ドロップして並べ替えてください。
  3. 保存をクリックしてください。

パスワードの変更

Zoho では単一のアカウントで複数のZoho サービスを利用できます(シングルサインオン)。Zoho CRMのパスワードを変更すると、すべてのZoho サービスのパスワードもまた変更されます。パスワードの変更はZoho アカウントから行います。自分以外のユーザーのパスワードは変更できません。

パスワードを変更する

  1. 設定 アイコン > 自分のアカウントをクリックしてください。

  2. Zohoアカウントのページで、セキュリティをクリックしてください。
  3. パスワードのページで、現在のパスワード新しいパスワードを入力してください。
  4. 保存をクリックしてください。
    以後、新しいパスワードでZoho CRMをはじめ、全Zoho サービスにサインインできるようになります。

署名を設定する

顧客にメールを送信する際に、メールの文末に署名を挿入できます。署名は、ユーザーごとにカスタマイズできます。

署名を利用するには

  1. 設定>設定 > 全般 > 個人 情報をクリックしてください。
  2. 個人情報のページで、署名の欄の編集のアイコンをクリックしてください。
  3. HTMLエディターで署名を作成してください。
    作成した署名をメールに挿入するには、メールのテンプレートの設定で、署名の追加のチェックボックスにチェックを入れる必要があります。
  4. 保存をクリックしてください。

メール用署名への画像の挿入

メール用署名に会社のロゴやその他の画像を挿入できます。

メール用署名に画像を挿入するには

  1. 設定>設定 > 全般 > 個人 情報をクリックしてください。
  2. 個人情報のページで、署名の欄の編集のアイコンをクリックしてください。
  3. 編集用のポップアップで、をクリックして、挿入する画像を選択してください。
  4. 保存をクリックしてください。

上へ