CRMヘルプ

カスタム関数の設定

作成したすべてのカスタム関数は、関数の一覧ページに表示されます。関数の作成者とCRMの管理者が役割分担でき、関数の作成者は関数の作成に集中でき、CRMの管理者はワークフローと関数の設定に集中できます。

スクリプトの知識があまりなくても、関数を一覧から選択すればワークフローのルールに関数の処理を関連付けられます。参考情報:Delugeスクリプトのガイド

対象者

  • ワークフローの管理権限を持つCRMユーザー
  • Delugeスクリプトの基本的な知識を持つユーザー

利用可能なプラン

必要な権限:ワークフローの管理権限を持つユーザーのみ、この機能を利用できます。

既存の関数からカスタム関数を使用する

既存の関数の欄からカスタム関数を使用する手順は次のとおりです:

  • カスタム関数をワークフローのルールに関連付ける。
  • カスタム関数の処理をテストする。

カスタム関数をワークフローのルールに関連付ける。

  1. 設定アイコン) > 設定 > 自動化 > ワークフローによる自動化>カスタム関数をクリックしてください。
  2. ワークフローのカスタム関数のページで、カスタム関数の設定をクリックしてください。
  3. カスタム関数の設定ページで、カスタム関数をクリックしてください。カスタム関数
  4. カスタマイズした関数のページで、カスタム関数にカーソルを合わせ、設定をクリックしてください。
  5. カスタム関数の設定ページで、次の手順を実施してください。
    • 関連付けるタブを選択してください。
    • 引数の関連付けの欄で、CRMの項目名と引数を関連付けてください。
    • 保存をクリックしてください。
      この後、ワークフローのルールとギャラリーのカスタム関数を関連付けられます。
  6. Iワークフローのルールのページで、保存をクリックしてください。
    カスタム関数がワークフローのルールに関連付けられます。ワークフローの処理が起動すると、ギャラリーの関数が実行されます。

カスタム関数連携をテストするには

  1. ワークフローのルールの条件に応じて、CRMにテスト用データを追加してください。
  2. カスタム関数を利用してZoho CRMから取得したデータの内容を確認してください。
  3. エラーが発生したり、データの不一致が発生したりした場合は、Zoho CRMのカスタム関数の内容を修正してください。
  4. Zoho CRMから必要なデータを取得できるまで、このテストを続けてください。

重要なお知らせ

  • 1件のワークフローのルールには、6件のカスタム関数(すぐに実行する処理が1件と、5件の時間基準の処理が5件)まで関連付けられます。
  • カスタム関数を利用すると、Zoho CRMの項目のデータを外部のアプリケーションに最大10件まで送信できます。
  • カスタム関数を利用すると、他のアプリケーションのデータをZoho CRMに取得できます。
  • 外部アプリの制限に応じて、定期的にAPIの認証情報を更新する必要があります。
  • カスタム関数において、外部アプリの問題が原因で機能を停止しても、通知メールが送信されることはありません。
  • 実行中に何らかの障害が発生した場合、カスタム関数は最初の通知を送信し、Zoho CRMは15分後に2度目の通知を送信します。その後、システムは特定のワークフローに関する通知は送信しません。
  • 一日あたりの最大数を超えた場合、システムは外部アプリにカスタム関数の残数の情報は送信しませんが、管理者に障害を通知します。
  • Zoho CRMは、次の形式で日付日時項目のデータを外部アプリに送信します。
    • 日付: yyyy-MM-dd
    • 日時: yyyy-MM-dd hh:mm