CRMヘルプ

独自の処理の予定

処理の予定では、指定したカスタム関数の処理を、特定の時間に実行するか、定期的に実行するかを設定できます。ニーズにあわせて、繰り返し実行するような処理を自動化できます。

具体的には、毎日、毎週、毎月の間隔で自動的にカスタム関数を実行するように予定を設定可能です。

この処理により、会社のWebサイト/イントラネットや、任意の外部アプリケーション、他のZohoアプリでCRMデータと連携できます。処理の予定機能で可能なこと

  • 他のアプリケーションとの定期的な連絡先の同期
  • データのバックアップ目的でCRMのデータをシステムに登録
  • 長い期間対応していない見込み客や商談をユーザーに通知

利用可能なプラン

必要な権限ワークフローの管理権限を持つユーザーのみ、この機能を利用できます。

処理の予定の作成

独自の処理の予定を作成するには

  1. 設定のアイコン )> 設定 > 自動化> 予定をクリックしてください。 
  2. 最初の予定の作成をクリックしてください。
  3. 新しい予定の作成のページで、 次の操作を行ってください:
    • 予定名と詳細を入力してください。
    • 予定に関連付けるカスタム関数を選択してください。Delugeスクリプトの編集ツール(Zoho クリエーターから提供)を使用して、独自のカスタム関数を作成することもできます。カスタム関数は、設定した日時や頻度で自動で実行されます。参照:カスタム関数の選択
    • カスタム関数を実行する予定の開始日実行日時を選択してください。
    • 一覧から頻度を設定してください。
      処理は、一度のみ、または、毎日、毎週、毎月、毎年の繰り返しのどちらかで実行できます。 参照:処理の頻度の設定
  4. 保存をクリックしてください。

処理の頻度の設定

処理の頻度は、一度のみ、または毎日、毎週、毎月、毎年のどちらかで設定できます。

処理の頻度を設定する

  1. 頻度の項目で、一度のみ、毎日毎週、毎月毎年から選択してください。例えば、頻度に毎月を選択すると、カスタム関数は毎月実行されます。
  2. 繰り返しの頻度を設定する際、任意の間隔や日付で実行するように設定するには、カスタムのチェックボックスにチェックを入れてください。例えば、毎月を選択し、日付を指定すると、各月の特定の日に処理が実行されます。
  3. 設定のページで今すぐ実行を利用すると、いつでも手動で処理を実行することができます。手動での処理の実行は1日に2回できます。

カスタム関数の選択

すべての処理の予定には、カスタム関数を関連付ける必要があります。 Delugeスクリプトの編集ツールを使用すると、独自のカスタム関数を作成し、定期的に実行させることができます。
参照: Delugeスクリプト - ガイド.

失敗した予定

失敗した予定は、設定ページの失敗のタブに表示されます。これらのデータはCRMの操作履歴が有効な場合に利用できます。失敗した処理は、失敗した時間から毎15分ごとに再試行されます。

処理の予定の編集

いつでも既存の処理の予定を編集することができます。ワークフローの管理権限を持つユーザーのみ、処理の予定を編集できます。

予定を編集する

  1. 設定アイコン) > 設定 > 自動化 > 予定をクリックしてください。
  2. 一覧から予定を選択して、編集アイコンをクリックしてください。
  3. 必要に応じて編集や更新をしてください。

処理の予定の削除

処理の予定を削除するには

  1. 設定アイコン) > 設定 > 自動化 > 予定をクリックしてください。
  2. 削除する予定を選択して、削除のアイコンをクリックしてください。

重要なお知らせ

  • 各組織には、有効な処理の予定を10件まで設定できます。
  • 予定名は重複できません。
  • 予定の開始日は、現在の日付から90日間以内に設定してください。
  • 各予定の実行結果の詳細は、CRMの操作履歴に記録されます。

関連情報

カスタム関数 | カスタム関数の作成