CRMヘルプ

ワークフローの特定項目の更新

項目の更新機能を利用すると、関連するワークフローのルールに合致する時に、データの特定の項目を更新できます。

利用可能なプラン

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

項目の更新の作成

  1. 設定 > 設定 > 自動化 > ワークフロー > 特定項目の更新をクリックしてください。
  2. ワークフローの項目の更新のページで、特定項目の更新の設定をクリックしてください。
  3. 新しい項目の更新のページで次の手順にしたがってください:
    • 項目の更新の名前を入力してください。
    • 一覧からタブを選択してください。
      ワークフローのルールで選択したデータに関連するデータの項目の値を更新することができます。例: 連絡先にワークフローのルールを作成する際、取引先のデータの項目も更新できます。
    • 更新から、更新する項目を選択してください。
    • 更新したい項目の値を入力してください。
    • 保存ボタンをクリックしてください。

メモ

  • ワークフローの特定項目の更新は、実行条件が「削除」である場合、ワークフローのルールに関連付けることはできません。
  • それぞれの処理(すぐに実行する処理/時間基準の処理)に対して、最大3件まで関連付けできます。
  • この機能を利用すると、データの担当者も更新できます。
  • この機能を利用して、テキストと日時の項目の値を空欄にすることもできます。
  • ワークフローの特定項目の更新を利用して、データの担当者を変更できます。割り当てるユーザーが無効、または、未承認の場合、ワークフローの特定項目の更新は実行されません。
  • ワークフローの特定項目の更新を設定して、関連するデータの項目を更新することもできます。
    データの種類 更新可能な親データ
    連絡先 取引先、仕入先
    商談 取引先、キャンペーン、連絡先
    問い合わせ 商品、取引先、商談、連絡先
    ソリューション 商品
    商品 仕入先
    見積書 連絡先、取引先、商談
    受注書 連絡先、取引先、商談、見積書
    発注書 連絡先、仕入先
    請求書 取引先、受注書、連絡先

特定項目の更新の利用例

利用例:

大企業の見込み客に関するすべての情報を管理できていることを確認したいとします。

そのため、ワークフローのルールを作成して、特定項目の更新を関連付けます。

ルール:見込み客の業界が大企業として作成/編集され、見込み客のステータスが、「未連絡」の時

処理(特定項目の更新):見込み客のステータスを「至急連絡」に更新します。

手順:

はじめに、次のようにワークフローの特定項目の更新を設定します。

  1. 設定 > 自動化 > ワークフロー > 特定項目の更新をクリックしてください。
  2. ワークフローの特定項目の更新のページで、特定項目の更新の設定をクリックしてください。

  3. 新しいワークフローの特定項目の更新のページで、更新名を入力してください
  4. 特定項目の更新を適用したいタブを選択してください。
  5. 更新に、見込み客のステータス = 至急連絡と設定してください。
  6. 保存をクリックしてください。
    特定項目の更新を設定した後に、次のワークフローのルールを作成する必要があります:
    • タブ - 見込み客
    • 実行時 - 作成
    • 条件 - 見込み客のステータスが「未連絡」業界が「大企業」
    • すぐ実行する処理 - ワークフローの特定項目の更新(作成した特定項目の更新を選択してください)

見込み客を作成する際に、業界大企業で、見込み客のステータス未連絡として作成すると、ステータスが自動で、至急連絡に更新されます。