CRMヘルプ

Zoho CRMでのカレンダーの管理

ビジネスの予定において、計画と予定は重要です。何か活動を進める前に計画を立てることで効果的に進めることができます。一方、ビジネスではさまざまな種類の予定が発生します(例:顧客訪問、社内会議、セミナー、展示会など)。

紙やメモ帳でこれらを管理するのは難しいです。予定を管理するにはカレンダー機能が役立ち、日、週、月ごとに予定の一覧を確認できます。また、カレンダーに活動や通話の予定を登録しておくと、今後の予定を把握しやすくなります。その日やその週にやるべきことを簡単に洗い出せます。

また、顧客に関する情報も関連付けることができ、より効果的に活動を進められます。

  • 予定に顧客を招待することもできます。
  • 定例会議など、毎週、毎月の単位で繰り返す予定を設定することも可能です。
  • 通知、勤務日、休日などを設定することもできます。
  • また、予定を共有し、組織の階層に応じて他の人のカレンダーを確認することも可能です。
  • 他のカレンダーから予定をインポートしたり、CRMのカレンダーから予定をエクスポートしたりもできます。
  • 他のユーザーからの予定の招待を承認する処理も可能です。
  • カレンダーから直接電話をかけることもできます。
  • 予定を日、週、月の単位で、効率的に確認できます。

カレンダーの設定

カレンダーを利用する際に、通知、勤務時間、参加していない予定を非表示にするかどうか、予定の時間の初期値などの設定を行えます。それらの設定は、自分のカレンダーのみに適用されます。

カレンダーの設定を行うには

  1. (カレンダーのアイコン)をクリックし、のいずれかをクリックして、カレンダーを表示させてください。
  2. カレンダー上で、オプション>設定の順にクリックしてください。
  3. カレンダーの設定を入力してください。設定は、自分のカレンダーのみに適用され、ほかのユーザには適用されません。
    • 週の表示日数 - 週単位で表示する際に、平日の5日間のみを表示するか、土日を含む7日間を表示するか選択できます。
    • 週の開始日 - 週の始まりの曜日を選択できます。
    • 勤務開始時間 - 1日の勤務開始時間を設定できます。
      終日の予定を作成した場合、 通知の選択肢は、予定の当日予定の1日前予定の2日前予定の1週間前になります。通知の時間は、1日が開始する1時間前です。
    • 勤務終了時間 - 1日の勤務終了時間を設定できます。
    • 週の休日1週の休日2 - 週の休日を指定できます。通常土曜日や日曜日ですが、他の曜日も設定できます。
    • 活動の種類を一覧から選択してください。予定のみ表示、通話のみ表示、または予定と通話の両方を選択できます。
    • 一覧から初期設定の予定の時間初期設定の通話の期間を選択してください。
      通話を何度も行うような場合、通話が終了するおおよその時間をもとに、他の通話や予定を入れられる時間を確認することが重要です。
    • ___ 日経過後の予定を隠す - 選択すると、特定の日数が経過した予定をカレンダーで隠すことができます。
    • 不参加の予定を隠す - 選択すると、不参加の予定をカレンダーで隠すことができます。
    • CallDAVのアクセスステータス有効にできます。 他のカレンダーからZoho CRMのカレンダーへアクセスしたい場合、CalDAVを設定できます。
  4. 今後の予定を通知するには、次の内容を設定してください。なお、通話の予定には通知は適用されません。
    • 予定 - 予定に関する通知を受け取りたいときに、予定開始5分前、予定開始15分前、それ以上前のいずれのタイミングで受け取るかを選択できます。
    • 終日の予定 - 終日の予定の通知を受け取りたいときに、予定当日に受け取るのか、またはその前に受け取るかを選択できます
    • メールによる通知を停止- これを選択すると、カレンダーからメール通知を受け取らなくなります。
  5. 自分の予定が登録されたときに通知するのチェックボックスを選択すると、通知されます。
  6. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 他のユーザのカレンダーにアクセスした際に休日が一致しない場合、カレンダーの設定に関わらず、7日間が表示されます。

関連情報

トップ