CRMヘルプ

CalDAVでのカレンダーの同期の設定

利用条件

必要な権限:エンタープライズプランのすべてユーザーが利用可能です。

一日の予定を確認したいとき、毎回Zoho CRMにサインインする必要はありません。Zoho CRMにサインインしていないときでも、iPhoneやApple Watchで予定の通知を受け取れます。

カレンダー機能は、iPhone、iPad、MacBook、Apple Watchに対応しています。Zoho CRMで作成した予定は、同時にiOSのカレンダーにも登録されます。逆も同じです。

iPhoneで「商品の発送」という予定を作成した場合、Zoho CRMとApple Watchにも同時に作成されます。以下は、iPhone、Apple WatchでのZoho CRMの通知のスクリーンショットです。



予定を効果的に管理

利用中のiOS端末でCalDAVを有効にすることで、すべての予定を効果的に管理できます。CalDAVを通じて、利用中のiPhoneでZoho CRMから予定を取得できます。iPhoneで、プライベートと仕事の両方の予定を確認できます。予定の時間が重複しているのを見つけた場合、優先順位に応じてiPhoneで予定を再調整できます。予定を編集する際、CRMにサインインする必要はありません。

さまざまなiOS端末のCalDAVに対応

CalDAVは、iPhone、iPad、MacBook、iPod TouchなどのiOS端末で設定できます。Apple Watchに関しては、個別の設定はありません。iOS端末とAppl Watchをペアリングすることで、Apple Watchで通知を受け取れます。予定は、CRMとCalDAVを設定しているすべての端末の間で同期されます。運転中でiPhoneを確認できない場合、Apple Watchで一日の予定を確認できます。

オフラインでの利用

オフライン時でも、携帯電話で予定の作成や編集を行えます。オンラインになった際、データは自動的にCRMに同期されます。

iOS端末で、CalDAVでカレンダーの同期を利用するには、設定を行う必要があります。

  1. Zoho CRMでCalDAVを有効にする
  2. iOS端末でCalDAVを設定する

Zoho CRMでCalDAVを有効にする

Zoho CRMでCalDAVを有効にした場合のみ、iOS端末にCalDAVのアカウントを設定できます。

Zoho CRMでCalDAVを有効にするには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. カレンダーをクリックし、のいずれかをクリックし、カレンダーを表示してください。
  3. オプション>設定をクリックしてください。
  4. 設定のポップアップから、CalDAVにアクセスの欄でステータス有効にするを選択してください。
    CalDAVの設定が表示されます。
  5. 保存をクリックしてください。

iOS端末でCalDAVを設定する

CalDAVでのカレンダーの同期は、現在iOS端末のみに対応しています。対応しているのは、iPhone、iPad、iPod Touch、Apple Watch、MacBookです。CalDAVの設定は、それぞれのiOS端末で分けることが可能です(Apple Watchを除く)。

Apple Watchでカレンダーの同期を行うには、iPhoneと組み合わせる必要があります。Apple Watchでは、予定の通知を受け取れますが、予定の作成/編集はできません。

CalDAVを設定する手順は、すべてのiOS端末で同じです。iPhone上でのCalDAVの設定手順は、以下の通りです。

iPhoneでCalDAVを設定するには

  1. iPhoneの設定をタップしてください。
  2. 設定で、メール、連絡先、カレンダーを選択してください。
  3. メール、連絡先、カレンダーのページで、アカウントの欄でアカウントを追加をタップしてください。
  4. アカウントを追加のページで、その他をタップしてください。
  5. その他のページで、カレンダーの欄のCalDAVアカウントを追加をタップしてください。
  6. CalDAVの設定のページで、以下の情報を入力してください。
  7. サーバ:calendar.zohocrm.com
  8. ユーザ名:Zohoのメールアドレス
  9. パスワード:Zohoのパスワード
  10. 詳細:任意の情報を入力してください(アプリケーション名など)
  11. CalDAVの設定は、iPhoneで検証された後に利用可能となります。

メモ

  • 使用しているZohoのメールアドレスを入力してください(Zohoのユーザー名ではありません)。ユーザー名を入力した場合、設定を完了できません。
  • 2段階認証が有効になっている場合、CalDAV設定用にアプリ固有のパスワードを使用する必要があります。
  • アプリ固有のパスワードを作成するには
    • https://accounts.zoho.com/u/h#home
    • 設定>2段階認証>アプリケーション固有のパスワードの管理をクリックしてください。
    • アプリケーション固有のパスワードのポップアップに、 詳細を入力し作成をクリックしてください。
      作成されたパスワードは、iOS端末でCalDAVの設定に使用します。
  • CalDAVの設定は、iOS端末でCalDAVの設定がされている場合のみ利用可能となります。
  • AndroidまたはWindowsで、CalDAVでのカレンダー同期を行いたい場合は、サードパーティ製のアプリを利用してください。サードパーティ製のアプリを利用する際は、サーバーのアドレスが異なる場合があります。そのような場合、サポートチームにお問い合わせください(英語対応)。

CalDAVアカウントの削除

iOS端末でCalDAVのアカウントが必要なくなった場合、アカウントを削除できます。2つの方法でアカウントを削除できます。

  • Zoho CRMでCalDAVを無効にする
  • iOS端末でCalDAVを削除する

Zoho CRMでCalDAVを無効にするには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. カレンダーをクリックし、のいずれかをクリックして、カレンダーを表示してください。
  3. オプション>設定をクリックしてください。
  4. 設定のポップアップのCalDAVにアクセスの欄で、ステータス無効にするを選択してください。
  5. 保存をクリックしてください。

iPhone(iOS端末)からCalDAVアカウントを削除するには

  1. iPhoneの設定をタップしてください。
  2. 設定のページで、メール、連絡先、カレンダーをタップしてください
  3. メール、連絡先、カレンダーページで、CalDAVをタップしてください
  4. CalDAVのページで、アカウントの削除をタップしてください
  5. iPhoneから削除するをタップしてください。

メモ

  • CalDAVアカウントを削除すると、CalDAVに関連付けられているiOS端末で作成し同期された予定はすべて削除されます。
  • Zoho CRMで作成され同期された予定は、そのまま残ります。
  • CalDAVを再度利用する場合は、もう一度iOS端末で設定を行ってください。

上へ