CRMヘルプ

CalDAVでのカレンダーの同期

予定の同期の設定と確認

CRMでCalDAVのアクセスを有効にし、iOS端末でCalDAVのアカウントを設定すると、CRMのカレンダーで作成した予定がiOSのカレンダーと同期されます。また、逆も同じです。2つのカレンダーで予定が同期された後、通知を設定することで、CalDAVを設定したCRMとiOS端末の両方で通知を通知を受け取ることができます。

以下では、iOS端末およびCRMで予定を作成し、相互に同期する方法を説明しています。

iOSのカレンダーからZoho CRMのカレンダーへ

iPhoneで予定を作成するには

  1. iPhoneでカレンダーアプリを開いてください。
  2. 指定の日付をタップし、+ アイコンから新しい予定を追加してください。
  3. 予定の詳細を入力してください。
  4. カレンダーの項目で、 カレンダーのカテゴリーを選択してください。.
    初期設定では、CRMでのCalDAVの予定のカテゴリーは、CRMのメールアドレスをもとに名前が設定されます。例: patriciab@zillum.comCRMに関連して作成された予定を同期するには、このカテゴリーが選択されていることを確認してください。
    予定を分けて管理するために、iPhone上で職場自宅などのカレンダーのカテゴリーを作成できます。CalDAVに該当しないカテゴリーで作成された予定は、CRMと同期されません。iOS端末に何もカテゴリーが作成されていない場合、カテゴリーの選択肢は表示されず、CalDAVのカテゴリーが初期設定で選択されます。

CRMで同期された予定を表示するには

iPhoneで作成された予定は、CRMに同期されます。

また、予定の参加者情報からCRMの見込み客、連絡先が識別され、同期した予定に参加者が自動で関連付けられます。

参加者がCRMに登録されていない場合、参加者の欄には招待者のメールアドレスが表示されます。

Zoho CRMのカレンダーからiOSのカレンダーへ

CalDAVの設定が有効になっている場合、既存の予定のデータがCRMからiOSカレンダーに送信されます。最初の同期の間、iOSのカレンダーに送信されるデータは最大2000件です(前月からCalDAVを設定した日の間に開始日が設定されている予定が対象となります)最初の同期後、CRMとiOSカレンダーの間で作成/同期する予定の数に制限はありません。なお、「自分の予定」の一覧に表示されている予定のみが同期されます。つまり、自分が担当者の予定のみがiOSカレンダーへ送信されます。

Zoho CRMのカレンダーで予定を作成するには

  1. カレンダーをクリックして対象の日付へ進んでください。
  2. 日付をクリックし、 新しい予定を選択してください。
  3. 予定の詳細を入力してください。
  4. 保存をクリックしてください。

    参考: Zoho CRMのカレンダーの利用

同期した予定をiPhoneで表示するには

  1. iPhoneでカレンダーアプリを開いてください。
    CRMからiOSカレンダーに同期された予定を確認できます。

メモ

  • iOSのCalDAVは、繰り返し予定の同期をサポートしていません。
  • iOSで予定が作成され、複数の通知が設定された際、CalDAVでは最初の通知のみが反映されCRMのポップアップ通知として設定されます。他の通知は同期されません。
  • CalDAVの設定が完了すると、最大2000件のデータが初回の同期中にCRMからiPhoneのカレンダーに送信されます(前月からCalDAVの設定の日の間に開始日が設定されている予定が対象です)。既存のデータの同期の完了後、CRMとiOSカレンダーの間で作成/同期する予定の数に制限はありません。
  • 参加者の削除の情報は、1方向でのみ同期されます(CRMからiOS端末へ)iOS端末で参加者を削除しても、CRMには反映されません。

Zoho CRMとiOS端末で予定の通知を表示する

iPhoneとCRMの両方での予定の設定に応じて、予定のポップアップ通知が表示されます。以下は、CRMとiOS端末での予定の通知に関する画像です。

CRMでの予定の通知

iPhoneの予定の通知

同期の予定の設定

また、CRMからiOSのカレンダーに予定を同期する頻度を設定できます。例えば、「15分ごと」を選択すると、15分ごとにCRMからiPhoneに予定のデータが送信されます。

同期の予定を設定するには

  1. iPhoneの設定をタップしてください。
  2. 設定で、メール、連絡先、カレンダーを選択してください。
  3. メール、連絡先、カレンダーのページで、データの取得方法をタップしてください
  4. データの取得方法のページのフェッチの欄で、一覧から頻度を選択してください。例:15分ごと

    この場合、CRMからiOSのカレンダーへ予定が15分ごとに同期されます。iOS端末でカレンダーを作成すると、CRMに送信されます。

上へ