CRMヘルプ

Zoho クリエーターを用いたカスタムタブの追加

カスタムタブの作成

Zoho クリエーター連携を利用すると、独自のフォームやビューを作成し、Zoho CRMのカスタムタブに関連づけることができます。
カスタムタブは次の2つの方法で作成できます:

  • 作成 - Zoho クリエーターのアプリ、フォーム、ビューをZoho CRMから作成し、カスタムタブとして設定できます。作成したフォームがタブに関連付けられ、タブにアクセスすると、データの一覧が表示されます。
  • インポート - Zoho クリエーターの既存のアプリケーション(フォームやビューも含む)をインポートしてカスタムタブを作成することができます。作成したフォームがタブに関連付けられ、タブにアクセスすると、データの一覧が表示されます。

利用条件

必要な権限:ユーザーがZoho クリエーターのアカウントの所有者である必要があります(また、このアカウントは、対象のCRMのアカウントに関連付けられている必要があります)。

最大で10件のカスタムアプリを作成できます。

アプリケーションの作成

アプリケーションを作成するには

  1. 設定 > 設定拡張機能とAPI > API > カスタムアプリの作成をクリックしてください。
  2. カスタムアプリの作成ページで、カスタムアプリの作成をクリックしてください。
  3. カスタムタブを作成するには、作成ページで6つの手順が必要です。
    CRMにユーザーを1人しか登録していない場合、手順1、2、6のみが必要です。

次の6つの手順でZoho クリエーターのアプリを作成できます:

手順1: カスタムタブの作成

まず、アプリケーション名、フォーム名、CRMのタブ名、タブグループ名を入力してください。

  1. アプリケーション名の欄に、クリエーターのアプリケーションの名前を入力してください。
  2. フォーム名の欄に、フォーム名を入力してください。
  3. CRMでのカスタムタブの名前を、カスタムタブ名の欄に入力してください。
    フォームが、CRMのカスタムタブに関連付けられます。
  4. カスタムタブをタブグループに関連付けるには、チェックボックスを選択してください。次の操作が可能です:
    • 既存のタブグループ名を、一覧から選択する。
    • タブグループの作成 を一覧から選び、新しいグループの名前を入力する。詳細については、タブグループもあわせてご覧ください。
  5. 次へをクリックしてください。
    アプリケーションとフォームが作成され、フォームがこのアプリケーションと関連付けられます。

手順2: カスタムアプリの作成

フォームを作成し、そのフォームで入力したデータの一覧(ビュー)の設定を行ってください。

  1. 基本項目をフォームにドラッグ&ドロップしてください。
  2. Zoho CRMの項目を、詳細項目の欄からドラッグ&ドロップしてください。
    • Zoho CRMの追加 画面で、 ラベル名を入力してください。
    • Zoho CRM のタブを、一覧から選択してください。
    • 必要に応じて他の項目を設定をし、完了をクリックしてください。
  3. ビュー > 新しいビューとクリックし、フォームにビューを作成してください。
  4. 次へをクリックしてください。

メモ

  • Zoho クリエーターの無料プランではZoho CRMの項目は、フォームを作成する際に利用できません。一方、Zoho クリエーター連携をZoho CRMで有効にすると、Zoho クリエーターのプランにかかわらず、フォームにZoho CRMの項目を追加できます。

手順3: 開発者の追加

Zoho クリエーターの開発者は、管理者のワークスペースで共有されたアプリケーションにアクセス/編集できるだけでなく、アプリケーションを作成できます。アプリケーションに追加できる開発者は1名のみです。開発者の追加は必須ではありません。
この手順で、Zoho CRM内で作成したアプリケーションに開発者を追加できます。

  1. アプリケーションの開発者を一覧から選択してください。
    一覧には、すべてのZoho CRMユーザーが表示されます。
  2. 次へをクリックしてください。

手順4:タブへのアクセス権限の設定

カスタムタブにアクセスできるユーザーをCRMの権限ごとに設定できます。選択した権限のユーザーだけが、タブとデータの一覧(ビュー)を表示できます。CRMのユーザーに共有するビューを選択できます。

  1. アクセスを許可するCRMの権限にチェックを入れてください。
    初期設定では、管理者と開発者の権限が選択されています。
  2. 次へをクリックしてください。

手順5:CRMのユーザーへのクリエーターのビューの共有

この手順では、CRMのユーザーとビューを共有できます。

  1. ビューを共有したいユーザーにチェックを入れてください。
  2. 保存&次へをクリックしてください。

メモ

  • ビューをユーザーに共有する時に、Zoho クリエーターのアカウントに追加できるユーザー数を超えないようにしてください。
  • Zoho CRMのユーザーは、Zoho クリエーターでの権限に基づいて、データを追加、編集、削除することができるようになります。

手順6: 関連リストの表示の有効化

カスタムアプリのデータを、CRMの標準のタブに関連付けることもできます。例えば、見込み客や連絡先との打ち合わせで発生した経費を関連付けたい時も、この機能で簡単に対応できます。

  1. 関連リストに追加をクリックしてください。
  2. 関連リストの名前を入力してください。
  3. 関連リストに追加したいタブを追加してください。
  4. CRMとカスタムアプリを関連付けるのに使う項目選択してください。
  5. 表示する列を選択してください。
  6. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 関連リストは、カスタムアプリを削除しても、自動的にタブから消えるわけではありません。詳細画面から、関連リストを手動で削除する必要があります。詳細については、カスタム関連リストの削除をご覧ください。

アプリケーションのインポート

アプリケーションをインポートするには

    1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > API > カスタムアプリの作成とクリックしてください。
    2. カスタムアプリのページで、Zoho クリエーターからアプリのインポートをクリックしてください。
    3. インポートのページで、4つの手順に従ってカスタムタブをインポートしてください。

CRMにユーザーを1人しか登録していない場合は、最初の2つの手順のみ実行してください。

Zoho クリエーターのアプリをインポートする

手順1:アプリのインポート

まず、アプリケーション名、フォーム名、CRMのタブやタブグループを選択してください。

  1. 一覧からアプリケーション名を選択してください。
    既存のアプリのみ表示されます。
  2. フォーム名の一覧
    から、フォームを選択してください(アプリで作成されているフォームのみ表示されます)。
  3. CRMでのカスタムタブの名前を、カスタムタブ名の欄に入力してください。
    フォームが、CRMのカスタムタブに関連付けられます。
  4. カスタムタブをタブグループにひもづけるには、チェックボックスを選択してください。次の操作が可能です:
    • 既存のタブグループ名を、一覧から選択する。
    • タブグループの作成 を一覧から選び、新しいグループの名前を入力する。
  5. 次へをクリックしてください。

手順2:フォームのカスタマイズ

フォームを作成し、そのフォームで入力したデータの一覧(ビュー)の設定を行ってください。

  1. 基本項目をフォームにドラッグ&ドロップしてください。
  2. Zoho CRMの項目を、詳細項目の欄からドラッグ&ドロップしてください。
    • Zoho CRMの追加 画面で、 ラベル名を入力してください。
    • Zoho CRM のタブを、一覧から選択してください。
    • 必要に応じて他の項目を設定をし、完了をクリックしてください。
  3. ビュー > 新しいビューとクリックし、フォームにビューを作成してください。
  4. 次へをクリックしてください。

メモ

  • Zoho クリエーターの無料プランではZoho CRMの項目は、フォームを作成する際に利用できません。一方、Zoho クリエーター連携をZoho CRMで有効にすると、Zoho クリエーターのプランにかかわらず、フォームにZoho CRMの項目を追加できます。

手順3:タブへのアクセス権限の設定

カスタムタブにアクセスできるユーザーをCRMの権限ごとに設定できます。選択した権限のユーザーだけが、タブとデータの一覧(ビュー)を表示できます。

  1. CRMの権限を選択してください。
  2. 次へをクリックしてください。

手順4:CRMのユーザーへのクリエーターのビューの共有

この手順では、CRMのユーザーとビューを共有できます。

  1. ビューを共有したいユーザーにチェックを入れてください。
  2. 保存をクリックしてください。

メモ

  • ビューをユーザーに共有する時に、Zoho クリエーターのアカウントに追加できるユーザー数を超えないようにしてください。
  • Zoho CRMのユーザーは、Zoho クリエーターでの権限に基づいて、データを追加、編集、削除することができるようになります。

手順5: 関連リストの表示の有効化

カスタムアプリのデータを、CRMの標準のタブに関連付けることもできます。例えば、見込み客や連絡先との打ち合わせで発生した経費を関連付けたい時も、この機能で簡単に対応できます。

  1. 関連リストに追加をクリックしてください。
  2. 関連リストの名前を入力してください。
  3. 関連リストに追加したいタブを追加してください。
  4. CRMとカスタムアプリを関連付けるのに使う項目選択してください。
  5. 表示する列を選択してください。
  6. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 関連リストは、カスタムアプリを削除しても、自動的にタブから消えるわけではありません。詳細画面から、関連リストを手動で削除する必要があります。詳細については、カスタム関連リストの削除をご覧ください。

開発者の設定

Zoho クリエーター連携を設定すると、Zoho CRM内で作成したアプリケーションに開発者を追加/削除できます。

利用条件

必要な権限:ユーザーがZoho クリエーターのアカウントの所有者である必要があります(また、このアカウントは、対象のCRMのアカウントに関連付けられている必要があります)。

開発者を追加/削除するには

  1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > API > カスタムアプリの作成とクリックしてください。
  2. Zoho クリエーター連携 のページで、 開発者の再設定をクリックしてください。
  3. 開発者の再設定では、以下の操作を行ってください:

    • 一覧から既存のアプリケーションを選択してください。
      登録されている開発者がいる場合、その開発者が選択されます。
    • 再設定のリンクをクリックしてください。
    • 一覧から、アプリケーションの開発者に設定するユーザーを選択してください。
  4. 更新をクリックしてください。

カスタムタブの削除

クリエーター連携を使用して作成したカスタムタブは、管理者権限を持つアカウントで削除できます。カスタムタブを削除しても、Zoho クリエーターのアカウントからは、関連するアプリケーション、フォーム、ビューは削除されません。アプリへのアクセス権限もそのままです。

タブを削除するには

  1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > API > カスタムアプリの作成とクリックしてください。
  2. カスタムアプリのページで、該当のカスタムタブの削除リンクをクリックしてください。

クリエーターのフォームのカスタマイズ

フォームを作成した後に、CRMからフォームを編集できます。フォームに項目を追加/削除したり、ビューを作成したりできます。

フォームをカスタマイズするには

  1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > API > カスタムアプリの作成とクリックしてください。
  2. カスタムアプリのページで、該当のカスタムタブのフォームのカスタマイズのリンクをクリックしてください。
  3. アプリの作成のポップアップ画面で、必要に応じてフォームの編集やビューの追加を行ってください。
  4. 完了をクリックしてください。

カスタムタブの設定の編集

カスタムタブの設定の編集は、いつでも可能です。以下の操作が可能です。

  • アプリケーション、フォーム、タブ名の変更
  • フォームとタブの更新
  • CRMの権限をもとにしたカスタムタブの共有
  • CRMのユーザーへのビューの共有

カスタムタブの設定を編集するには

  1. 設定 > 設定 > 拡張機能&API > API > カスタムアプリの作成とクリックしてください。
  2. カスタムアプリのページで、該当するカスタムタブの編集のリンクをクリックすると、該当のタブを編集できます。
  3. 編集ページで、 4つの手順にしたがって詳細を編集できます。
    CRMにユーザーを1人しか登録していない場合は、最初の2つの手順のみ実行してください。
  4. 保存をクリックしてください。

上へ