CRMヘルプ

数式の項目の作成

数式項目を利用すると、数字/文字列/日時などの項目の値をもとに計算や抽出をした結果を表示させることができます。数式の結果として表示できる項目には種類があり、種類に応じた処理が可能です。数式の項目の作成においては、項目の種類と処理の内容の整合性を保つ必要があります。例えば、かけ算の処理を行う演算子記号の「*」は、対象の値が数字であれば使えますが、文字列の場合は使えません。

  • 数式の項目の戻り値(処理の結果として表示する値)の種類は、一度設定すると後から変更することはできません。
  • 数式の作成に使える文字数は最大1,000文字です。

利用条件

必要な権限:項目のアクセス権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

数式の項目(数字)の作成

以下の表は、関数を利用する際に必要な、引数(処理に利用する値)の種類と構文(利用方法)の詳細です。

関数

詳細

利用方法

Abs

戻り値は、引数の数字の絶対値です。

Abs(数字)

Abs(-42)は42を返します。Abs(+33)は33を返します。

Ceil

戻り値は、引数以上で一番小さい整数を返します(切り上げ)。

Ceil(数字)

Ceil(3.4)は4を返します。Ceil(-3.4)は-3を返します。

Floor

戻り値は、引数以下で一番大きい整数を返します(切り捨て)。

Floor(数字)

Floor(3.8)は3を返します。Floor(-3.4)は-4を返します。

Naturallog

戻り値は、引数の自然対数です。

Naturallog(数字)

Naturallog(1)は0.69を返します。

Base10log

戻り値は、引数の常用対数です。

Base10log(数字)

Base10log(10)は1.0を返します。

Max

戻り値は、引数の中の最大値です。

Max(数字1, 数字2,...)

Max(3,1,5,2)は5を返します。Max(0,-4,-3,2)は2を返します。

Min

戻り値は、引数の中の最小値です。

Min(数字1, 数字2,...)

Min(5,-3,0,1)は-3を返します。Max(5,0,01,0.5)は0.0を返します。

Sqrt(平方根)

戻り値は、引数の平方根です。

Sqrt(数字)

Sqrt(4)は2を返します。Sqrt(9)は3を返します。

数式(数字)の項目を作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
    見込み客、取引先、連絡先などのタブが表示されます。
  3. 対象のタブをクリックしてください。
    レイアウトの編集画面が開きます。
  4. 数式項目を選択し、新しい項目の欄から右側の欄の挿入したい位置にドラッグ&ドロップしてください。
  5. 数式の詳細の画面で、次の操作を行ってください:
    • 項目のラベルの項目に名前を入力してください。
    • 数式の戻り値の種類の項目で一覧から数字/通貨を選択してください。
      小数点以下の桁数を入力してください。

    数式の作成
  6. 関数の選択で一覧から関数(数字)を選択してください。
  7. 関数(数字)の一覧から関数を選択し、挿入をクリックしてください。
    (関数をダブルクリックしても挿入できます)
  8. 関数の括弧()の間をクリックし、引数を挿入してください。
  9. 項目の選択欄で、項目を選択し、挿入をクリックしてください。
    (項目をダブルクリックしても挿入できます)
  10. 演算子の選択の欄で、演算子を選択し、挿入をクリックしてください。
  11. 構文の確認をクリックし、エラーが発生しないかどうか数式の構文を確認してください。
  12. 保存をクリックしてください。

数式の項目(文字列)の作成

以下の表は、関数を利用する際に必要な、引数(処理に利用する値)の種類と構文(利用方法)の詳細です。

関数 詳細 利用方法
Len 戻り値は、引数の文字列の文字数です。 Len(文字列) Len('abc')は3を返します。Len(' abc ')は5を返します。
Find 戻り値は、引数の文字列のn回目(引数で指定)の出現場所(何文字目に出現したか)です。 Find('文字列','検索文字列',数字) Find('greenery','n',1)は5を返します。
Concat 戻り値は、すべての引数の文字列を結合した文字列です。 Concat('文字列','文字列',...) Concat('FirstName',' ','LastName')はFirstNameLastNameを返します。
Contains 戻り値は、真偽値です。選択した文字列が引数の文字列を含む場合の戻り値はtrue、含まない場合はfalseです。 Contains('文字列','検索文字列') Contains('abcdef','cd')はtrueを返します。
Startswith 戻り値は、真偽値です。選択した文字列が引数の文字列からはじまる場合、戻り値はtrueです。 Startswith('文字列','検索文字列') Startswith('abcdef','cd')はfalseを返します。
Startswith('abcdef','abc')はtrueを返します。
Endswith 戻り値は、真偽値です。選択した文字列が引数の文字列で終わる場合、戻り値はtrueです。 Endswith('文字列','検索文字列') Endswith('abcdef','ab')はfalseを返します。
Endswith('abcdef','ef')はtrueを返します。
Lower すべてのアルファベットを小文字に変換します。 Lower('文字列') Lower('APPLES')は"apples"を返します。
Lower('Apples')は"apples"を返します。
Upper すべてのアルファベットを大文字に変換します。 Upper('文字列') Upper('apples')は"APPLES"を返します。
Upper('APPles')は"APPLES"を返します。
Trim 戻り値は、引数の文字列の前後の半角スペースを除いた文字列です。 Trim('文字列') Trim(' abcd ')は"abcd"を返します。
Substring 戻り値は、引数の文字列の指定した位置から指定した長さの部分文字列です。 Substring('文字列',数字1,数字2) Substring('abcdefg',4,7)は"defg"を返します。
Replace 文字列を検索し置換します。 Replace('文字列','検索文字列','置換文字列') Replace('abcdefg','abc','xyz')は"xyzdefg"を返します。
Tostring あらゆる引数のデータの種類を文字列に変換します。 Tostring(任意の引数) Tostring(3.4)は"3.4"を返します。
Tostring('')は<empty>を返します。

メモ

  • 文字列は単一引用符「'」で囲ってください。
  • 項目のラベルを単一引用符「'」で囲む必要はありません。

数式(文字列)の項目を作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
    見込み客、取引先、連絡先などのタブが表示されます。
  3. 対象のタブをクリックしてください。
    レイアウトの編集画面が開きます。
  4. 数式の項目を選択し、新しい項目の欄から右側の欄の挿入したい位置にドラッグ&ドロップしてください。
  5. 数式の詳細の画面で、次の操作を行ってください:
    • ラベルの項目に名前を入力してください。
    • 数式の戻り値の種類として、一覧から文字列を選択してください。

    数式の作成
  6. 関数の選択で一覧から関数(文字列)を選択してください。
  7. 関数(文字列)の一覧から関数を選択し、挿入をクリックしてください。
    (関数をダブルクリックしても挿入できます)
  8. 関数の括弧()の間をクリックし、引数を挿入してください。
  9. 項目の選択の欄で、項目を選択し、挿入をクリックしてください。
    (項目をダブルクリックしても挿入できます)
  10. 演算子の選択の欄で、演算子を選択し、挿入をクリックしてください。
  11. 構文の確認をクリックし、エラーが発生しないかどうか数式の構文を確認してください。
  12. 保存をクリックしてください。

数式(日時)の項目の作成

以下の表は、日時の関数に必要な引数の種類と、作成すべき構文の種類を理解するのに便利です。

関数 詳細 利用方法
Newdate 戻り値は、引数の年、月、日、時間の値を元に作成した日時の値です。 Newdate(年,月,日,時,分,'文字列') Newdate(2007,12,21,06,30,'AM')は"21/12/2007 06:30 AM"1を返します。
Datepart 戻り値は、引数の日時の日付の値です。 Datepart(日時) Datepart(Newdate(2007,12,21,06,30,'AM'))は"21/12/2007"1を返します。
Timepart 戻り値は、引数の日時の時間の値です。 Timepart(日時) Timepart(Newdate(2007,12,21,06,30,'AM'))は"06.30 AM"を返します。
Adddate 戻り値は、引数の日時に指定した数の年/日/月/時/分を加えた日付です。 Adddate(日時,数字, '文字列') Adddate(Newdate(2007,12,21,06,30,'AM'),2,'YEAR'は"21/12/2009 06:30 AM"2を返します。
Subdate 戻り値は、引数の日時から指定した数の年/日/月/時/分を引いた日付です。 Subdate(日時,数字, '文字列') Subdate (Newdate(2007,12,21,06,30,'AM'),2,'YEAR'は"21/12/2005 06:30 AM"2を返します。
Now 戻り値は、現在の日時です。 Now() Now()はその時の日時(例:"19/05/2016 10:52 AM")を返します。
Datecomp 2つの日付を比較し、分単位で違いを返します。 Datecomp(日時, 日時) Datecomp(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'), Newdate(2009,05,19,12,30,'AM'))は660.0 3を返します。
Dayofmonth 戻り値は、引数の日付の日です。 Dayofmonth(日時) Dayofmonth(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"19.0"を返します。
Hour 戻り値は、引数の日時の時間です。 Hour(日時) Hour(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"11.0"を返します。
Minute 戻り値は、引数の日付の分です。 Minute(日時) Minute(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"30.0"を返します。
Month 戻り値は、引数の日付の月です。 Month(日時) Month(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"5.0"を返します。
Year 戻り値は、引数の日付の年です。 Year(日時) Year(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"2009.0"を返します。
Weekday 戻り値は、引数の日付の曜日に対応する数字(1-7)です(例:1=>日曜日、2=>月曜日)。 Weekday(日時) Weekday(Newdate(2009,05,19,11,30,'AM'))は"3.0".を返します。(これは2009年5月19日が火曜日だからです)4
  1. 引数の日時の形式はYYYY,MM,DD,HH,MM,AM/PMにしてください。ただし、結果は選択している国の情報にあわせて表示されます。
  2. データの種類(YEAR/DAY/MONTH/HOUR/MINUTE)は、大文字で記載してください。
  3. Datecomp関数の戻り値を表示するには数分かかります。
  4. 日時の値が"0"の場合、関数はnullを返します(戻り値はありません)。

数式(日時)の項目を作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > カスタマイズタブをクリックしてください。
    タブには見込み客、取引先、連絡先などが表示されます。
  3. 対象のタブをクリックしてください。
    レイアウトの編集画面が開きます。
  4. 数式の項目を選択し、新しい項目の欄から右側の欄の挿入したい位置にドラッグ&ドロップしてください。
  5. 数式の詳細の画面で、次の操作を行ってください:
    • ラベルの項目に名前を入力してください。
    • 数式の戻り値の種類として、一覧から日時を選択してください。

    数式の作成
  6. 関数の選択で一覧から関数(日時)を選択してください。
  7. 関数(日時)の一覧から関数を選択し、挿入をクリックしてください。
    (関数をダブルクリックしても挿入できます)
  8. 関数の括弧()の間をクリックし、引数を挿入してください。
  9. 項目の選択の欄で、項目を選択し、挿入をクリックしてください。
    (項目をダブルクリックしても挿入できます)
  10. 演算子の選択の欄で、演算子を選択し、挿入をクリックしてください。
  11. 構文の確認をクリックし、エラーが発生しないかどうか数式の構文を確認してください。
  12. 保存をクリックしてください。

数式の項目(真偽値)の作成

以下の表は、関数を利用する際に必要な、引数(処理に利用する値)の種類と構文(利用方法)の詳細です。

関数 詳細 利用方法
If 引数で指定した条件が満たされるかどうかによって2種類の戻り値を返します。条件の判定結果がtrueだった場合、If()はtrueを返します。そうでない場合はfalseを返します。 If(条件,任意の値,任意の値)* If(8>7,1,0) は"1.0"を返します。
If(8>7,'True','False')は"True"を返します。
And 戻り値は、すべてがtrueの場合、trueです。1つでもfalseがある場合、戻り値はfalseです。 And(条件,条件 ...) And(2>1,5>3,7<8)は"true"を返します。
And(2>1,5>3,7>8)は"false"を返します。
Or 引数の条件が1つでもtrueの場合、戻り値はtrueです。すべての条件がfalseの場合、戻り値はfalseです。 Or(条件,...) Or(2>1,3>5,7>8)は"true"を返します。
Or(1>2,3>5,7>8)は"false"を返します。
Not 戻り値は、引数の論理否定値です。引数の条件がtrueの場合、戻り値はfalseです。 Not(条件) Not(false)は"true"を返します。
Not(true)は"false"を返します。

*任意の値は、すべてのデータの種類(数字、文字列、日時(日付を含む)、真偽値)を意味します。戻り値の種類は、選択したデータの種類によって変わります。例えば、引数の値の種類が数字であれば、戻り値は文字列や真偽値ではなくて数字です。

数式(真偽値)の項目を作成するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
    見込み客、取引先、連絡先などのタブが表示されます。
  3. 対象のタブをクリックしてください。
    レイアウトの編集画面が開きます。
  4. 数式の項目を選択し、新しい項目の欄から右側の欄の挿入したい位置にドラッグ&ドロップしてください。
  5. 数式の詳細の画面で、次の操作を行ってください:
    • ラベルの項目に名前を入力してください。
    • 数式の戻り値の種類として、一覧から関数(真偽値)を選択してください。

    数式の作成
  6. 関数の選択で一覧から関数(真偽値)を選択してください。
  7. 関数(真偽値)の一覧から関数を選択し、挿入をクリックしてください。
    (関数をダブルクリックしても挿入できます)
  8. 関数の括弧()の間をクリックし、引数を挿入してください。
  9. 項目の選択の欄で、項目を選択し、挿入をクリックしてください。
    (項目をダブルクリックしても挿入できます)
  10. 演算子の選択の欄で、演算子を選択し、挿入をクリックしてください。
  11. 構文の確認をクリックし、エラーが発生しないかどうか数式の構文を確認してください。
  12. 保存をクリックしてください。

数式の構文の参考情報

以下の表は、関数を利用する際に必要な、引数(処理に利用する値)の種類と構文(利用方法)の詳細です。

関数(数字)

関数名 必要な引数の数 引数のデータの種類 戻り値の種類
Abs 1 数字 数字
Ceil 1 数字 数字
Floor 1 数字 数字
Naturallog 1 数字 数字
Base10log 1 数字 数字
Max 複数 すべて数字 数字
Min 複数 すべて数字 数字
Sqrt 1 数字 数字

関数(文字列)

関数名 必要な引数の数 引数のデータの種類 戻り値の種類
Len 1 文字列 数字
Find 3 文字列:文字列:数字 数字
Concat 複数 すべて文字列 文字列
Contains 2 文字列:文字列 真偽値
Startswith 2 文字列:文字列 真偽値
Endswith 2 文字列文字列 真偽値
Lower 1 文字列 文字列
Upper 1 文字列 文字列
Trim 1 文字列 文字列
Substring 3 文字列:数字数字 文字列
Replace 3 文字列:文字列:文字列 文字列
Tostring 1 全種類 文字列

関数(日時)

関数名 必要な引数の数 引数のデータの種類 戻り値の型
Newdate 6 数字:数字:数字:数字:数字:文字列 日時
Datepart 1 日時 文字列
Timepart 1 日時 文字列
Adddate 3 日時:数字:文字列 日時
Subdate 3 日時:数字:文字列 日時
Now 0 - 日時
Datecomp 2 日時:日時 数字
Dayofmonth 1 日時 数字
Hour 1 日時 数字
Minute 1 日時 数字
Month 1 日時 数字
Year 1 日時 数字
Weekday 1 日時 数字

関数(真偽値)

関数名 必要な引数の数 引数のデータの種類 戻り値の種類
If 3 真偽値:値:値
And 複数 すべて真偽値 真偽値
Or 複数 すべて真偽値 真偽値
Not 1 真偽値 真偽値

メモ

  • 文字列は短引用符「'」で囲ってください。
  • *任意の値は、すべてのデータの種類(数字、文字列、日時(日付を含む)、真偽値)を意味します。

関連情報

特殊な項目 | 標準の項目 | カスタム項目 | 数式の項目の例 | 数式の関数

上へ