CRMヘルプ

カスタムタブの作成

Zoho CRMでは、営業、マーケティング、顧客サポート、その他様々な業務に活用できる10以上のタブが標準で用意されています。これらの標準のタブに関して、項目、レイアウト、レポート、ワークフロー等も一般的によく使われるような内容をもとに予め設定されており、必要に応じて編集できますが、内容を大幅に変更することはできません。標準のタブではカバーしきれない範囲が出てくるかもしれません。このような場合、独自のタブや項目を追加して管理することで、自社の業務に対応できます(他のタブと関連付けることも可能です)。

例えば、不動産会社の場合、見込み客や連絡先などの人の情報だけではなく、建物や土地等の不動産の情報も管理する必要があるでしょう。

このように、それぞれの組織や業界ごとの独自のニーズを満たすため、独自のタブ(カスタムタブ)を作成できます。Zoho CRMのカスタムタブ機能では、プログラミングの知識がなくても、かんたんに新しいタブを作成できます。これらのタブは、CRMの主要なタブと連携できます。さらに、以下のようなこともできます:

  • 項目の追加とレイアウトの変更。
  • タブや項目へのアクセス権限の設定(役職や権限による)。
  • カスタムタブへのデータのインポート。
  • データのバックアックの保存。
  • カスタムタブのデータへのメールの一括送信。
  • 一括メール送信の予定の設定。
  • 複数の処理を実行するマクロの設定と使用。
  • 業務処理を自動化するワークフローのルールの作成。
  • カスタムタブと標準タブのデータの関連付けの設定。
  • 自動メール送信(自動返信や自動フォローメールなどの送信)。

利用条件

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがカスタムタブを作成できます。

カスタムタブとカスタムアプリの機能の違い

カスタムタブとカスタムアプリにより、Zoho CRMの機能を拡張でき、自分の組織の独自の要望に合わせた設定やデータの管理が可能になります。

  • カスタムタブ - 他の標準タブのようなカスタムタブを作成し、他の標準タブのデータと関連付けられます。カスタムタブでは、他の標準タブと同様に、カスタマイズ、データのインポート/エクスポート、ワークフローのルールの設定、レポートの作成ができます。
  • カスタムアプリ - アプリ、フォーム、レポート(データの一覧)を作成し、Zoho CRMにカスタムタブを作成する際に使えます(Zoho クリエーター連携)。

カスタムタブの追加

Zoho CRMの組織で管理者権限のあるユーザーのみがカスタムタブを作成できます。

カスタムタブを追加するには

  1. 管理者権限を持つユーザーでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. 新しいタブの作成をクリックしてください。
  4. 該当のテキスト欄のタブ名の単数形複数形の形式を入力してください(これは英語用の設定のため、日本語の場合は両方とも同じで構いません)。
  5. 権限を選択してください。選択した権限のユーザーがカスタムタブにアクセスできます。
  6. 作成をクリックしてください。
    タブを作成すると、データ名データの担当者、メールアドレスメールアドレス(サブ)の項目が自動的に追加されます。項目をさらに追加したり、レイアウトをカスタマイズしたりできます。

不動産の例

不動産会社でのカスタムタブの例を紹介します。その次に、他の管理機能の使い方をご紹介します。

内容

業務に合わせてカスタムタブを活用するのに便利な機能の一覧です。参考情報:カスタムタブの設定

カスタムタブの編集

カスタムタブを編集するには

  1. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  2. マウスのカーソルをタブに合わせ設定のアイコンをクリックしてくだい。
    タブの編集、レイアウト、項目別の権限、項目の削除等の設定に関する情報が表示されます。
  3. タブの編集のリンクをクリックし、タブ名と権限を編集してください。
  4. レイアウトのリンクをクリックし、タブのレイアウトを編集してください。
  5. 項目別の権限のリンクをクリックし、タブの項目のアクセス権限を設定してください。参考情報:項目別の権限

メモ

  1. [タブ]の項目の名前を編集するには、該当の項目の編集をクリックしてください。
  2. カスタム項目の編集の欄で、新しい名前を入力してください。
  3. 保存をクリックしてください。
    カスタムタブでは、[タブ]名以外の主要な項目はカスタマイズできません。

カスタムタブと他のタブの関連付け

カスタムタブと、標準のタブ等の他のタブのデータを関連付けることができます。関連付けを行うと、カスタムタブのデータをもとに様々なレポートを作成する際に役立ちます。タブ同士の関連付けにはルックアップ項目を使います。同様に、標準タブにルックアップ項目を作成して、標準タブとカスタムタブを関連付けることもできます。

カスタムタブにルックアップ項目を作成して他のタブと関連付けるには

  1. 管理者権限を持つユーザーでZoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定 > カスタマイズ > 項目をクリックしてください。
  3. 一覧からカスタムタブを選択し、新しいカスタム項目をクリックしてください。
  4. 新しいカスタム項目のページで、項目の一覧からルックアップを選択してください。
  5. 項目の詳細の欄で、次の手順にしたがってください:
  6. ルックアップ項目の名前を入力してください。(例:検討中のお客様
  7. 項目を配置するセクション名を選択してください。(例:物件情報
  8. ルックアップの種類の一覧からタブを選択してください。ここで選択したタブのデータが、項目の値を選択する際に表示されます。(例:お客様。このルックアップ項目は、お客様タブのすべてのデータを一覧表示します)
  9. 関連リストのラベルを入力してください。(例: 興味のある物件)
    お客様タブのデータの詳細ぺージで、この名前の関連リストが表示されます)。
  10. 保存をクリックしてください。

カスタムタブの削除

カスタムタブを削除したい場合、他のタブと関連付けられていないか確認してください。カスタムタブを削除すると、データを復元できません。削除前に以下を確認してください:

  • エクスポート機能でデータのバックアップを取得したか。
  • 該当のタブが他のタブ(カスタムタブ/標準タブ)と関連付けられていないか。
  • カスタムタブに設定したワークフローのルールを削除したか。

または、CRMの組織のすべてのユーザー/特定の権限のユーザーに対して、カスタムタブを非表示にすることもできます。

カスタムタブを削除するには

  1. 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  2. マウスのカーソルを削除したいタブに合わせ、設定のアイコンをクリックしてくだい。
  3. 削除のリンクをクリックしてください。
    注意文を確認し、はい、削除しますをクリックしてタブを削除してください。

上へ