CRMヘルプ

数式の項目の種類のデータ

データの種類は、数式で扱う際にデータをどのような種類のデータとして扱うかを表したものです。データの種類は、値の内容と演算子に応じて設定されます。引数(入力内容)や戻り値(出力結果)に関係します。Zoho CRMの数式の項目で利用できるデータの種類は以下です:

  • 数字
  • 通貨
  • 文字列
  • 日時
  • 真偽値

数字の種類のデータ

「数字」は、四則演算などの計算ができる値です。整数(正、負、ゼロ)と小数(小数点以下の数字があるもの)があります。数字の例:+5, -9, 10, 0(整数)、-25.02, 27.25(小数)。

通貨の種類のデータ

「通貨」は会計に使われるお金の単位を持つデータの種類です。数字の値と、選択した通貨情報に合わせた通貨単位を含みます。

文字列の種類のデータ

「文字列」は並んだ文字の集合です。文字には、アルファベットや数字、ひらがな、カタカナ、漢字、特殊記号等が含まれます。文字列の例:'デモ'、'CRM'

日時の種類のデータ

「日時」は日付のみ、または日付と時間を保存&表示するのに使われるデータの種類です。例:('May 15, 2004 11:25am')

真偽値の種類のデータ

「真偽値」は「真」か「偽」かの論理的な値を表現するのに使われるデータの種類です。真偽値の例:true(真); false(偽)

上へ