CRMヘルプ

数式の項目の関数

関数は指定した値をもとに処理を行い、新しい値を作成します。関数は、関数名と括弧()によって表されます。Zoho CRMの数式の項目では、4種類の関数を利用できます:

  • 数字の関数
  • 文字列の関数
  • 日時の関数
  • 真偽値(論理値)の関数

数字の関数

数字の関数は、数字の種類のデータを用いて計算した結果を数字として出力します。数字の関数は、何か数字を計算した結果を表示するのに使われます。数字の値(引数)として、正/負の整数/小数を指定します。例えば、数式では10-12+52のような数字を扱えます。

文字列の関数

文字列は、文字や記号の値です(なお、数字や変数として用いられている文字を使用する場合、数字や変数として扱うか文字として扱うかを判別するため、文字として扱う場合は単一引用符で囲みます)。文字列の関数は、文字列の内容を編集したり処理したりして変換するのに使います。

日時の関数

日時の関数では、日付と時間の種類のデータを使用します(特定の日の曜日を識別する際などに使います)。日付や時間の値を、指定の形式で出力する際にも使用できます。例えば、数式の出力結果をYYYY-MM-DD HH:MMという形式で表示できます。

真偽値の関数

真偽値の関数を用いると、条件に合致するかどうかを判別できます。条件に合致するかどうかによって、それぞれ出力する内容を変更できます。出力結果は2種類しかありません:1または0、true(真)またはfalse(偽)などです。演算ではand,、ornotを利用します。

上へ