CRMヘルプ

数式の項目の作成

Zoho CRMの数式項目を利用すると、他の項目の値をもとに計算や処理した結果を表示する項目を作成できます。例えば、誕生日をもとに年齢を自動で算出したりできます。

利用条件

必要な権限:項目のアクセス権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

数式項目は、3つの要素でできています: 関数引数演算子です。

関数を使用すると、指定した値を計算したり処理したりした結果を出力できます。つまり、関数を用いて、ある値を別の値に変換できます。関数は、関数名と括弧()によって表され、括弧内に関数で処理する値を含めます。括弧の中の値は「引数」と呼ばれます。

:Abs(); Ceil(); Timepart()

引数は関数内の情報の一部で、値の入力内容です。括弧内の引数はコンマで区切られます(引数1,引数2)。関数の引数の種類は、テキストや数字などです。

:Abs(-27.05); Max(12,6,10)

演算子は、"+"や"%"のような特殊な記号です。関数内で引数(文字列や数字など)を処理し、新しい値を算出します。

:Abs(+27.50); (32*25)

データの種類

数字 | 文字列 | 日時 | 真偽値

関数

数字 | 文字列 | 日時 | 真偽値

上へ