CRMヘルプ

タブのカスタマイズ

Zoho CRMのタブ

Zoho CRMのタブを活用すれば、営業、マーケティング、顧客サポート、商品、予定、タスクなどの様々なデータを関連付けて管理できます。Zoho CRMのデータは、見込み客、連絡先、商談、活動などのタブにまとめて表示されます。タブには2種類あります。

    • 標準タブ
    • カスタムタブ(ユーザーが独自に作成したタブ)

標準タブ

Zoho CRMでは、営業、マーケティング、顧客サポート、経理などの業務に使えるタブが標準で10件以上用意されています。これらのタブはシステムで最初から用意されており、標準の項目とレイアウトで構成されています。必要に応じて、標準のタブをカスタマイズできます。例えば、見込み客に「Twitter」という項目があるものの、見込み客が誰もTwitterを使っていない場合、見込み客のレイアウトからこの項目を非表示にできます。同様に、標準タブでできるカスタマイズはたくさんあります。カスタマイズできる箇所とできない箇所は、対象のタブによって異なります。

標準(システムで設定済み)のタブは、利用しているプランを問わず、すべてのZoho CRMユーザーが利用できます。

カスタムタブ(ユーザーが独自に作成したタブ)

Zoho CRMに最初からある標準タブでは、要望に合わないこともあります。そのような場合、Zoho CRMでは、ニーズに合わせて新しいタブを作成できます。例えば、見込み客連絡先商談といったタブは教育機関には適していません。生徒教師保護者といったタブの方が適切です。これらのタブを作成できます。例えば病院の場合、医師患者看護師という新しいタブを作成できます。

このように、それぞれの組織や業界ごとの独自のニーズを満たすため、独自のタブ(カスタムタブ)を作成できます。Zoho CRMのカスタムタブ機能では、プログラミングの知識がなくても、かんたんに新しいタブを作成できます。これらのタブは、CRMの主要なタブと連携できます。さらに、以下のようなこともできます:

      • 項目の追加とレイアウトの変更。
      • タブや項目へのアクセス権限の設定(役職や権限による)。
      • カスタムタブへのデータのインポート。
      • データのバックアックの保存。
      • カスタムタブのデータへのメールの一括送信。
      • 一括メール送信の予定の設定。
      • 複数の処理を実行するマクロの設定と使用。
      • 業務処理を自動化するワークフローのルールの作成。
      • カスタムタブと標準タブのデータの関連付けの設定。
      • 自動メール送信(自動返信や自動フォローメールなどの送信)。

利用条件

必要な権限:「Zoho CRMのカスタマイズ」の権限を持つユーザーのみ、タブを作成/カスタマイズできます。初期設定では、管理者のユーザーがこの権限を持っています。

画面の表示通りに出力できる(WYSIWYG )編集画面で、新しいタブの作成も既存のタブの編集も簡単に行えます。

カスタムタブとカスタムアプリの機能の違い

カスタムタブとカスタムアプリにより、Zoho CRMの機能を拡張でき、自分の組織の独自の要望に合わせた設定やデータの管理が可能になります。

  • カスタムタブ - 他の標準タブのようなカスタムタブを作成し、他の標準タブのデータと関連付けられます。カスタムタブでは、他の標準タブと同様に、カスタマイズ、データのインポート/エクスポート、ワークフローのルールの設定、レポートの作成ができます。
  • カスタムアプリ - アプリ、フォーム、レポート(データの一覧)を作成し、Zoho CRMにカスタムタブを作成する際に使えます(Zoho クリエーター連携)。

タブのカスタマイズ - 概要

画面の表示通りに出力できる(WYSIWYG )編集画面で、Zoho CRMのタブの作成/編集が簡単にできます。タブのカスタマイズ機能の使い方を簡単に紹介します。

  1. タブの名前を入力/名前を変更してください。
  2. 項目新しい項目の欄からレイアウトにドラッグ&ドロップして、レイアウトの保存をクリックしてください。
  3. 設定のアイコンから項目の詳細を編集し、項目の権限を設定してください。ごみ箱のアイコンでレイアウトから不要な項目を削除してください。
  4. 新しいセクション新しい項目の欄からレイアウトにドラッグ&ドロップしてください。
  5. セクションのレイアウトを1列か2列から選択して切り替えてください。必要に応じてセクションを移動してください。セクションを削除するには、削除のアイコンをクリックしてください。
  6. 削除した項目は使っていない項目の欄で確認できます。
  7. タブの権限を設定してください。
  8. それぞれの権限で表示されるタブのレイアウトをプレビューできます。権限によって表示内容を変更するために項目別の権限設定をしている場合などに役立ちます。
  9. 設定が完了したら、レイアウトを保存してください。

新しい項目を追加するか既存の項目を削除すると、利用中のプランに応じてあといくつの項目を作成できるかが、残りのカスタム項目の欄に表示されます。

このように、一カ所で項目を作成し、レイアウトを編集し、権限を設定し、タブをプレビューできます。タブのカスタマイズの詳細な手順は以下です。

タブの作成

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定のアイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. タブで、新しいタブの作成をクリックしてください。
  4. タブの名前に表示されている編集のアイコンをクリックし、タブの新しい名前を入力してください。
  5. タブの単数形または複数形の形式を入力してください(英語用、日本語の場合は同じ値)。
  6. 保存をクリックしてください。

新しい項目の追加

新しい項目を追加するには

  1. 左側の新しい項目の欄から、対象の項目を必要な場所にドラッグ&ドロップしてください。

メモ

  • 作成できる項目の数と種類には上限があります。この上限は、利用中のZoho CRMのプランにより異なります。項目の上限を確認するには、以下のリンクを参照してください:カスタム項目の上限
  • カスタム項目はZoho CRMの無料プランでは利用できません。
  • ルックアップ項目と数式項目はZoho CRMのスタンダードプランでは利用できません。

新しいセクションの追加

新しいセクションを追加するには

  1. タブの編集画面から+新しいセクションの追加をドラッグ&ドロップして、タブにセクションを追加してください。

    任意の数のセクションを追加/削除できます。
    セクションの編集のアイコンをクリックし、必要に応じて名前を編集してください。

メモ

  • 見込み客と連絡先タブでは、メールアドレスの項目に関して重複を許可しないように設定できます。Zoho CRMでこの設定を有効にすると、同一のメールアドレスを持つデータの作成ができなくなります。
  • 選択リスト項目の値を編集すると、既存のデータにも変更が反映されます。

タブ別の権限の設定

タブ別の権限を設定するには

  1. タブの設定のアイコンをクリックし、一覧からタブの権限を選択してください。
  2. タブの権限の画面で、タブにアクセスを許可したい権限を選択してください。
  3. 保存をクリックしてください。
    タブの権限は後からでも編集できます。

メモ

  • タブの権限権限の設定の機能は、アカウントにユーザーが1人のみの場合は利用できません。これらの機能はアカウントに複数のユーザーが登録されている場合のみ利用できます。

タブのレイアウトの設定

ドラッグ&ドロップするたけで、項目とセクションを並べ替えできます。セクションの列のレイアウトも変更できます。

  • セクションの設定のアイコンをクリックし、必要に応じて1列または2列レイアウトから選択してください。
  • 項目を並べ替えるには、項目をクリックして必要な場所にドラッグ&ドロップしてください。セクションを並べ替えるには新しい場所に対象のセクションをドラッグ&ドロップしてください。

タブのプレビュー

タブのプレビューは、それぞれの権限でタブがどのように表示されているかを簡単に確認するのに便利です。ユーザーの権限を選択だけで、すぐにプレビューを確認できます。プレビューをもとに、必要に応じて権限やレイアウトを修正できます。

カスタムタブのプレビューを表示するには

  1. メニューのアイコンをクリックし、プレビューを選択してください。
  2. 画面が表示されます。レイアウトのプレビューの選択肢から対象の権限を選択してください。
    選択した権限のユーザーにタブがどのように表示されているのかを確認できます。

メモ

  • カスタムタブの利用条件は、ユーザーが利用しているZoho CRMのプランによって異なります。利用中のプランの条件を確認するにはカスタムタブの上限をご参照ください。
  • カスタムタブと標準タブの初期設定の項目の項目の詳細は編集できません。新しい項目の欄から、他のカスタム項目の項目の詳細は編集できます。
  • カスタムタブの初期設定の項目の名前は編集できます。

予定のタブのカスタマイズ

予定のページのレイアウトは他のタブのページレイアウトとは異なりますが、項目の追加/削除/並べ替え/必須項目の設定などは同じようにできます。予定に関する詳細のレイアウトの編集は、以下の3つの方法で可能です:

  • 追加 - フォームに入力して予定を追加できます。フォームでカスタマイズできる項目が一覧表示されます。項目の並べ替え、不要な項目の削除、必須項目の設定ができます。

  • 簡易表示 - カレンダーで予定を表示するとき、さっと確認する項目として、予定に関する最も重要な情報を選択できます。簡易表示の内容を設定できます。
  • 表示 - 予定を活動タブで表示するときの、項目の並べ替えやセクションの追加ができます。概要表示に表示される項目も選択できます。

タブの編集/削除

タブ(標準タブまたはユーザーが作成したタブ)を編集するには

  1. 設定 > カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  2. 対象のタブをクリックしてください。
    タブの編集ページに移動します。項目とセクションレイアウト権限などのタブの要素を編集できます。

タブのかんたん編集機能

Zoho CRMでは、タブの一覧表示からもタブのいくつかの項目を編集できます。これらの項目を編集するためにタブの編集画面に移動する必要はありません。かんたん編集機能を利用するには以下の手順にしたがってください。

  1. 設定のアイコン > 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  2. 「タブ」タブで対象のタブにマウスのカーソルを合わせてください。
  3. 詳細のアイコンをクリックし、一覧から対象の項目を選択してください。
  4. 必要に応じて適切な操作を実行し、保存をクリックしてください。

タブを削除するには

    1. 設定のアイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
    2. 対象のタブにマウスのカーソルを合わせてください。
    3. 詳細のアイコンをクリックし、一覧から削除を選択してください。

      表示される注意文を確認してください。削除を続ける場合ははい、今すぐ削除しますをクリックして確定してください。

メモ

  • カスタムタブを削除したい場合、他のタブと関連付けられていないか確認してください(システムで用意されている標準のタブは削除できません)。カスタムタブを削除すると、データを復元できません。削除前に以下を確認してください:
    • エクスポート機能でデータのバックアップを取得したか。
    • タブが他のカスタムタブ/標準タブと関連付けられていないか。
    • カスタムタブに設定したワークフローのルールを削除したか。
  • または、CRMの組織のすべてのユーザー/特定の権限のユーザーに対して、カスタムタブを非表示にすることもできます。

関連情報

タブの設定 | 一覧の管理 | 標準項目 | カスタム項目 | 数式項目 | 特殊項目 | メールアドレスの重複の確認

上へ