CRMヘルプ

特殊項目の編集

Zoho CRMには、すべてのタブに共通ではない項目があります。その機能の目的に応じて、特定のタブにのみで利用できます。これらの特殊項目は以下です:

  • 取引条件の項目
  • 税率の項目
  • ステージと確度
  • 連絡先の役職

取引条件のカスタマイズ

この項目は、請求書/見積書/発注書/受注書の作成時に取引条件の文章を設定するための項目です。

利用条件

必要な権限:項目別のアクセス権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

取引条件をカスタマイズするには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定アイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. タブの一覧から該当のタブを選択してください。
    レイアウトの編集画面が開きます。
  4. 取引条件欄まで画面を下に移動し、取引条件の項目の設定のアイコンをクリックしてください。
  5. 詳細の編集をクリックしてください。
  6. 複数行の詳細画面でを入力してください。
  7. 保存をクリックしてください。
    取引条件が作成されたタブに合わせて、そのページ(請求書/見積書/発注書/受注書)に文章が自動的に表示されます。

メモ

  • 取引条件項目は、請求書/見積書/発注書/受注書タブのみで利用できます。
  • この項目は、新しいデータのみに表示されます。既存のデータのページには反映されません。

税率のカスタマイズ

税率項目では、顧客に販売している商品の税率に複数の税率を設定できます。税率が追加されると、請求書/見積書/発注書/受注書の作成時に、税の種類を選択して税率を適用できます。例えば、消費税(新)=8%、消費税(旧)=5%などです。

利用条件

必要な権限:項目別のアクセス権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

税率を追加するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定アイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. タブ一覧から商品タブを選択してください。
  4. 下部の価格情報の欄へ画面を移動してください。
  5. 項目の設定アイコンをクリックし、税率のカスタマイズを選択してください。
  6. 画面で、追加または削除アイコンをクリックし、必要に応じて新しい税を追加/既存の税を削除してください。

    順番を変更するには矢印をクリックしてドラッグしてください。
  7. 保存をクリックしてください。

税率を適用するには

  1. 請求書タブをクリックしてください。
    1. 請求書のホームのページで、+ボタンをクリックしてください。
  2. 請求書の作成のページで、顧客と商品の情報を入力してください。
  3. 商品の詳細案で、の隣の編集のアイコンをクリックしてください。(商品の小計の算出後)
  4. 設定画面が表示されます。税率を追加/編集してください。
  5. 適用をクリックしてください

ステージと確度の値の関連付け

組織全体の営業活動の進捗状況を把握するには、営業のステージ(ステップ、フェーズ、進捗)を定義することが大事です。ステージの確度には2つの関連情報があります - 売上予測の種類売上予測のカテゴリーです。この2つの値が、商談のステージをあらわします。

ステージと確度の関連付けのページでは、次の操作ができます:

  • 組織の営業プロセスに合わせて、異なる営業ステージの種類を作成する。
  • 営業のステージに確度の値を関連付ける。
  • 営業のステージに売上予測の種類(商談中、受注、失注)を関連付ける。
  • 売上予測のカテゴリー(商談中、完了、除外、最大見込み額、コミット額)を関連付ける。

メモ

  • 営業の進捗分析の精度を向上させるには、営業のステージに応じて異なる値を関連付けてください。
  • 各ステージに0から100までの範囲で確度を割り当ててください。
  • よくある使い方としては、商談を受注したら確度の値を100に、商談を失注したら確度の値を0にします。

ステージと確度の値を関連付けるには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定アイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. タブの一覧から商談タブをクリックしてください。
  4. タブの設定のアイコンをクリックし、ステージと確度の関連付けを選択してください。
  5. ステージと確度の関連付けのページで、以下を実行してください:
    • 追加のアイコンをクリックして、営業のステージと対応する商談を受注できる確度を追加してください。
    • 削除のアイコンをクリックし、営業のステージを削除し、既存の確度を他の家業のステージの値に割り当ててください。
    • 既存の営業のステージを編集するには、対象のステージ名をダブルクリックし、新しい名前を入力してください。
    • 矢印をクリック&ドラッグしてステージの順番を変更してください。
  6. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 営業の進捗分析の精度を向上させるには、営業のステージに応じて異なる値を関連付けてください。
  • 各ステージに0から100までの範囲で確度を割り当ててください。
  • よくある使い方としては、商談を受注したら確度の値を100に、商談を失注したら確度の値を0にします。

連絡先の役職をカスタマイズ

商談を受注するために、複数の人(連絡先)とやりとりすることがあるかもしれません。連絡先の役職は、商談中の組織の連絡先の役職を把握し、適切な相手と効果的な議論をするのに役立ちます。例えば、商品の価格と割引の詳細については予算の管理者に説明し、商品の機能については商品の管理者と議論する方が効果的です。

連絡先の役職の一部(決定者、商品管理、購入担当など)が利用できます。また、連絡先の役職は、ビジネスのやり方に合わせてカスタマイズできます。

利用条件

必要な権限:項目別のアクセス権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

連絡先の役職の値をカスタマイズするには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定アイコン )> 設定 >カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  3. タブ一覧から商談のタブを選択してください。
  4. タブの設定のアイコンをクリックし、連絡先の役職を選択してください。
  5. 連絡先の役職を編集のページで、次の操作を行ってください:
    • 追加または削除アイコンをクリックして、必要に応じて新しい役職を追加または既存の役職を削除してください。
    • 連絡先の役職の欄から既存の役職を修正してください。
    • 必要に応じて、矢印をクリック&ドラッグして順番を変更してください。
  6. 連絡先の役職が更新された後、保存をクリックしてください。

連絡先の役職を連絡先に追加するには

  1. 商談タブをクリックしてください。
  2. 商談のホームページで、該当の商談を選択してください。
  3. 商談の詳細ページの連絡先の役職欄に、商談に関連付けられた連絡先の一覧が表示されます。連絡先の役職を追加のリンクをクリックしてください。
  4. 連絡先の役職を関連付けのページで、追加したい連絡先のチェックボックスにチェックを入れてください。
    すべての連絡先と関連付けるには、すべて選択チェックボックスにチェックを入れてください。
     
  5. 連絡先の役職の一覧から各連絡先の役職を選択してください。
  6. すべての連絡先に役職を関連付けたら、保存をクリックしてください。

よくある質問

1.商談のステージと確度の関連付けをカスタマイズするには?

2.自分で作成したカスタム項目のデータの種類を変更できますか?

3.書類関連のデータに共通の取引条件を追加するには?

上へ