CRMヘルプ

はじめに - よく使う操作方法

インポート

既存のシステムから取り出したファイルのデータを、CRMに取り込めます(インポート)。自分が担当のデータだけでなく、他のユーザーが担当のデータも取り込めます(組織のデータのインポート機能で、インポート時にデータの担当者を設定できます)。

エクスポート

タブごとにデータをcsv形式で取り出せます(エクスポート)。また、データのバックアップ機能を利用すると、データを一括で取り出すことも可能です。

データの表示

ページやデータ単位で表示内容を簡単に切り替えられます。データの一覧を表示中に、次のページや前のページに移動できます。また、あるデータを表示中に、次のデータや前のデータに移動できます。

詳細フィルター

データの項目だけではなく、データに関連する項目(営業活動やメールへの反応状況など)に応じてデータを抽出できます。

一括操作

一括更新、一括削除、担当者の一括変更、一括メール送信などの処理を一括で行えます。

フィード

フィードを利用すると、チームメンバーと最新の営業状況を共有できます。また、重要なデータを「フォロー」して、その後の状況を追跡することもできます。

Zoho CRMのカレンダーでの予定の管理

Zoho CRMのカレンダーで、打ち合わせや電話などの予定を管理できます。CalDAVを設定すると、さまざまな予定を1つのカレンダーにまとめられます。Google カレンダーやMicrosoft Outlookと予定を同期させることも可能です。

上へ