CRMヘルプ

はじめに - アカウントの設定

個人設定

まず、言語とタイムゾーンを設定しましょう。CRMをカスタマイズする、第1歩です。Zoho CRMでメールを送る際の署名も追加できます。

組織の設定

  • 組織情報:業務で使用する組織の詳細(組織名、国、タイムゾーン、ロゴなど)を追加できます。画像ファイルは、20KB以下、190×65 ピクセルのサイズにしてください。
  • 会計年度: 組織の会計年度を設定します。会計年度をもとにデータを抽出・分析するのに役立ちます。会計年度は、暦年と一致している必要はありません。会計年度の開始月を選ぶと、四半期が自動的に決まります。
  • 営業時間: 組織によって、営業時間は異なる場合があります。営業時間を設定すると、お問い合わせの対応やエスカレーションのルールに営業時間を反映できます。

ユーザー、役職、権限

  • ユーザー:他のユーザーをCRMアカウントに追加する際、役職と権限を設定できます。注意:権限と役職を新しく追加できるのは、他のユーザーの登録後です。最初に登録するユーザーには、最初から用意されている役職 (CEO、マネージャー)と権限 (管理者、標準)のみを設定できます。参照:よくある質問
  • 権限:権限を作成し、さまざまなCRMのタブや機能へのアクセス権限を設定できます。
  • 役職:また、役職をユーザーに設定することで、組織の階層構造を踏まえた形でデータの共有範囲を設定できます。

セキュリティ設定

CRMのアカウント情報を保護するため、アクセスを許可するIPアドレスを設定できます。また、特定の人やグループにのみデータを個別に共有するためのデータの共有ルールを設定でき、必要な人だけがデータを利用できるように設定できます。

メールの設定

Zoho CRMで使用するメールアカウントを設定でき、CRM内でメールの送受信ができます(IMAPにも対応)。

ゲーミフィケーション

営業コンテストを企画したり、チームメンバーにトロフィーやバッジを贈ったりして、営業をより楽しくできます。

次は、ニーズにあわせてCRMのカスタマイズを行いましょう。

上へ