CRMヘルプ

Zoho CRMとGoogle AdWordsの連携

Google AdWordsはオンライン広告のプログラムです。Google検索とGoogleのパートナーのWebサイトに広告を掲載でき、新規顧客の獲得や売上の拡大に役立ちます。自社の商品やサービスに興味がある人を、AdWordsを通じて自社のWebサイトに誘導することで、より確度の高い見込み客の獲得やオンラインマーケティングの費用対効果(ROI)の向上につなげられます。AdWordsにはレポート機能もあり、マーケティング上の意思決定に必要なデータを取得できます。

オンラインのマーケティング活動で見込み客をWebサイトに誘導するのにAdWordsを使っていて、オフラインの売上(電話、メール、対面を通じた販売など)を把握するのに販売管理やSFA、CRMのシステムを使っている場合、マーケティング投資がどのくらい売上に貢献したか判断するのは困難です。

Zoho CRMとGoogle AdWordsの連携機能を活用すれば、AdWordsのマーケティング投資をZoho CRMに取り込み、どのキーワードとキャンペーンがどの売上に貢献したかを把握できます。さらに、Zoho CRMの売上データをAdWordsにエクスポートでき、予算と入札を最適化できます。GoogleのオンラインマーケティングとZohoのオフラインの売上データを統合すると、マーケティングと営業の担当者が施策の費用対効果を分析する際に、どの施策が最も効果的かを把握するのに役立ちます。

Google AdWordsのデータをZoho CRMにインポートすれば、マーケティング投資と売上の情報をつなげて分析でき、戦略立案の参考にできます。できること:

  • 見込み客や商談がGoogle AdWordsを通じて作成されたことを把握できます。
  • Google AdWords経由の売上のレポートを作成、管理できます。

Zoho CRMのコンバージョンをGoogle AdWordsにエクスポートすると、AdWordsへの投資がどのように売上や利益につながっているか確認して、キャンペーン、広告グループ、キーワードを最適化できます。

  • 広告のクリックが、オフラインでの受注(例:電話や対面の営業活動による販売)にどのようにつながったのか確認できます。
  • どのクリックが最も売上に貢献しているかを把握できます。

利用条件

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがこの連携を設定できます。

Zoho CRMとGoogle AdWordsの連携の理解

Zoho CRMの連携の設定

まずはじめに、連携を設定する必要があります。管理者権限を持つユーザーのみがこの連携を設定できます。この連携の設定には4つの手順があります。

  1. 認証 - Google AdWordsのアカウントにアクセスするには、この機能を有効にしてZoho CRMのアカウントを認証してください。
  2. 設定 - Google AdWordsのアカウントを設定し、Google AdWordsのオフラインのコンバージョンとして送信したいデータを指定してください。
  3. 自動タグ設定 - 広告効果を測定するのに役立つURLを自動で作成できる、自動タグ設定の機能を有効にしてください。
  4. パッケージ化 - この連携の設定後に追加される新しい項目、レポート、ダッシュボードを確認してください。
  5. 追跡(トラッキング) - WebサイトとWebフォームにコードを追加し、AdWords広告のクリックの詳細データをZoho CRMで取得できるようにしてください。これはCRMのAdWordsのキャンペーンのデータを追跡(トラッキング)するのに重要な手順です。(以下の手順を参照してください)

設定後、WebフォームとWebサイトに変更内容を反映する必要があります。参考:追跡(トラッキング)の設定

  1. WebフォームのHTMLへのコードの追加 - このコードを通じて、訪問者が広告をクリックしたときにGCLIDが取得したデータを抽出できます。
    GCLIDはGoogleのクリックIDのことです。AdWordsの広告から自社Webサイトへのリンクがクリックされる度に、AdWordsからGCLIDが発行されます(GCLIDの値は重複しません)。GCLIDには、アドワーズのキャンペーン、広告グループ、キーワード、広告などの情報が保持されます。この情報は、Webフォームから送信された見込み客の情報とまとめて顧客データベース(Zoho CRM)に送信されます。
  2. 追跡用のコードを自社のWebサイトのすべてのページに追加してください。訪問者が広告をクリックしてページに移動した後、Webフォームの入力前に他のページに移動することがあります。このような場合、この追跡用のコードに、広告クリック時に発行されたGCLIDの内容が保持されます。

GCLIDとは?

GCLIDはGoogleのクリックIDのことです。AdWordsの広告から自社Webサイトへのリンクがクリックされる度に、AdWordsからGCLIDが発行されます(GCLIDの値は重複しません)。GCLIDには、広告キャンペーン、広告グループ、キーワードなどの情報が保持されます。この情報は、訪問者がWebフォームに入力した見込み客の情報と一緒ににZoho CRMのアカウントに送信されます。

Zoho CRMでのGCLIDの関連付けの概要

それぞれの広告のクリックに対し、GoogleからGCLID(Google Click ID)が発行されます。広告のキャンペーン、キーワード、広告グループなどに関連する情報がこのIDに保持されます。では、このデータはどうやってZoho CRMに届くのでしょうか?

広告がクリックされると、GCLIDが発行されます。広告と関連付けられたWebフォームが送信されると、GCLIDとWebフォームの両方の詳細がZoho CRMに送信されます。この時点では、見込み客/連絡先がフォームの情報と共に作成されますが、GCLIDからの情報は見込み客/連絡先に関連付けられていません。Google AdWordsでは、広告がクリックされてからクリックの詳細を取得するまでに4-6時間かかります。広告のクリックによって作成されたGCLIDとCRMの見込み客は24時間ごとに関連付けられ、AdWordsのデータがZoho CRMの該当のデータに追加されます。

連携の動作

訪問者がキーワードを検索すると、Google AdWordsがGoogle検索に広告を表示します。

訪問者が広告をクリックし、ランディングページや目的のURLに移動し、フォームに入力します。この時点でGCLIDが発行され、ランディングページのURLに受け渡されます。このGCLIDはGoogle AdWordsとZoho CRMの関連付けに使用され、その後ランディングページのURLに受け渡されます。

フォームが送信されると、GCLIDの詳細情報がWebフォームに入力された見込み客の情報と一緒にZoho CRMに送信されます。このようにして、Google AdWordsを経由して作成された見込み客が識別されます。

見込み客の詳細ページで、Google AdWordsの情報を確認できます。これらの詳細が更新されるまで、見込み客の作成時間から大体24時間かかります。

見込み客の作成データは、Google AdWordsに1回のコンバージョンとして送信されます。これは、オフラインのコンバージョンの設定にもとづきます。

機能の概要

Google AdWordsのタブ - 新しいタブがZoho CRMに追加されます。Google AdWordsのキャンペーン、広告グループ、キーワード、アカウントの概要、コンバージョンのインポートの失敗などの詳細情報が一覧で表示されます。クリック、インプレッション、平均順位、見込み客と連絡先の名前、滞在時間、売上などの情報が取得されます。

Google AdWordsから作成された見込み客/連絡先 - 訪問者がWebフォーム(Web-to-見込み客/連絡先)で詳細を送信すると、自動的にZoho CRMに送信されます。新しい見込み客/連絡先が作成されます(GCLIDの情報も含みます)。Zoho CRMで見込み客/連絡先が作成されてから24時間後、Google AdWordsの情報の詳細が更新されます。

Google AdWordsの情報 - Google AdWords経由で作成された見込み客/連絡先/商談に関する項目が追加され、詳細を確認できます。広告ネットワーク、キーワード、検索語、デバイスの種類、1クリックあたりの費用、1コンバージョンあたりの費用などの情報が取得されます。

データの一覧 - Google AdWordsのコンバージョンのエクスポートという新しい一覧が見込み客/連絡先/商談に追加されます。

Google AdWordsのレポート - Googleのキャンペーン別の見込み客、キーワード別の商談、Google AdWordsからの上位10位の顧客など、様々なレポートを標準で利用できます。これらのレポートは、Google AdWordsの費用対効果を分析するのに役立ちます。

メモ

  • Google AdWordsでキャンペーンを実施している必要があります。
  • Google AdWordsの組織全体のMCCアカウントへのアクセス権限が必要です。
  • 見込み客の作成にWebフォームを使用してください。
  • ランディングページにWebフォームをiframeとして組み込む場合、ドメインが一致する必要があります。
  • 自動タグ設定機能は、該当のURLからGCLIDを取得するのに必須です。
  • コンテンツ管理システム(CMS)や個別の編集作業でZoho CRMのJaveScriptを削除しないようにしてください。
  • 連携を設定するには、Zoho CRMの管理者権限が必要です。

次の手順

関連情報

上へ