CRMヘルプ

Google AdWordsへのデータの送信

Zoho CRMからGoogle AdWordsにデータを送信すると、どのクリックがどのオフラインコンバージョンにつながったかを把握できます。クリックからコンバージョンに至るまでの流れを追跡でき、費用対効果を計測できます。さらに、自動化の機能を活用してオフラインのコンバージョンを最適化できます。

Zoho CRMからのデータは、3種類のコンバージョンに送信されます。

  • Zoho CRMの見込み客/連絡先 - Zoho CRMで作成された各見込み客/連絡先に対してコンバージョンの数が増加します。
    コンバージョンの数は、重複を除外して算出されます。
    コンバージョンのカテゴリーは登録(Signup)として設定されます。
  • Zoho CRMの見込み客の評価 - Zoho CRMで変換された各見込み客に対してコンバージョンの数が増加します。
    コンバージョンの数は、重複を除外して算出されます。
    コンバージョンのカテゴリーは見込み客(Lead)として設定されます。
  • Zoho CRMの売上 - Zoho CRMで受注した商談に対して、商談の総額がこの項目に追加されます。
    コンバージョンは、すべのコンバージョン(All Conversion)として設定されます。
    コンバージョンのカテゴリーは購入/売上(Purchase/Sale)として設定されます。

機能の概要

Webフォームから取得した見込み客とオフラインのコンバージョンの情報がGoogle AdWordsに送信される流れについての詳細です。

行動 結果

見込み客が広告をクリックし、Webサイトにアクセスした。

GoogleのクリックID(GCLID)が作成されます。

見込み客がWebサイトを閲覧後、Webフォームを送信した。

広告クリック時に作成されたGCLIDのデータがトラッキングコードに保持されます。ユーザーがWebフォームを入力するまで保持され、フォームでの記入内容とともにZoho CRMに送信されます。

Web-to-見込み客フォームの場合、Zoho CRMで見込み客データが作成されます。

Webフォームでの入力内容がZoho CRMに送信されると、その内容をもとに新しい見込み客のデータが追加されます。Web-to-連絡先フォームの場合、Zoho CRMで連絡先データが作成されます。見込み客データのGoogle AdWordsに関する情報は、データが作成されてから約24時間後に自動的に更新されます。

Google AdWordsのツール > コンバージョンの欄で、見込み客の作成数が追加されます(AdWordsのコンバージョン トラッキングの名前:Zoho CRMの見込み客/連絡先)。

営業担当者による見込み客への営業対応がうまく進み、該当のデータを商談(連絡先)に変換した。

Google AdWordsのツール > コンバージョンの欄で、見込み客の作成数が追加されます(AdWordsのコンバージョン トラッキングの名前:Zoho CRMの見込み客の評価)。

商談を受注したとき、商談のステージを「受注」に変更した。

Google AdWordsのツール > コンバージョンの欄で、受注した総額が追加されます(AdWordsのコンバージョン トラッキングの名前:Zoho CRMの売上)。

メモ

  • Googleでは、クリックから90日以上経過後に作成された商談の追跡ができません。
  • Google AdWordsに追加されたコンバージョン トラッキング名(Zoho CRMの見込み客/連絡先、Zoho CRMの見込み客の評価Zoho CRMの売上)は、ユーザーが変更/削除できません。

Google AdWordsにデータが送信されるタイミング

3つのカテゴリー(Zoho CRMの見込み客/連絡先、Zoho CRMの見込み客の評価、Zoho CRMの売上)のデータは、決められた時間に24時間おきにGoogle AdWordsに送信されます。ただし、データが送信される時刻は、すべてのユーザーで同じ時間ではありません。具体的な内容はRMのアカウントでAdWords連携の設定をした時間に基づいており、いつ設定したかによってユーザーごとに異なります。

Google AdWordsの見込み客の作成、見込み客の評価、売上のカテゴリーに送信されるコンバージョンのデータの中に、CRMの一部のデータが含まれていないことがあります。これは、処理対象とのデータよりも新しいデータであるためです。Google AdWordsでは、広告がクリックされてからクリックの詳細を取得するまでに4-6時間かかります。何も問題が発生しなければ、Zoho CRMは約6-8時間後に広告のクリックに関する情報を取得します。

3種類のコンバージョンに関する計測方法

Google AdWordsでの計測方法は2種類あります。

一回のコンバージョン - AdWordsで広告のクリック後に発生したコンバージョンが1回のみ計測されます。これは、Zoho CRMの見込み客/連絡先Zoho CRMの見込み客の評価という名前のAdWordsのコンバージョン トラッキングのカテゴリーでの計測方法です。

すべてのコンバージョン - AdWordsで広告のクリック後に発生するすべてのコンバージョンが計測されます。これは、Zoho CRMの売上という名前のAdWordsのコンバージョン トラッキングのカテゴリーでの計測方法です。

例:

あなたはデジタルマーケティングの代理店を経営しているとします。提供するサービスごとに、異なるWebフォームをWebサイトに設置しています。フォームの入力に関する広告の効果を把握したいとします。現在、広告ではWebデザインやソーシャルメディアマーケティングのサービスについて掲載しています。

ある人が広告をクリックし、Webデザインに関するフォームに異なる内容で2回入力したとします。同じ人が、ソーシャルメディアマーケティングサービスに関するフォームにも異なる内容で3回入力したとします。

  • すべてのコンバージョンを選択した場合:この設定では、コンバージョンが5件(2 + 3)計測されます(同じフォームであっても、フォームからデータが送信されるたびに計測されます)。これは、2つのサービスの状況について把握し売上を改善する際に役立ちます。
  • 1回のコンバージョンを選択した場合:この設定では、コンバージョンが2件(1 + 1)計測されます(フォームが入力された回数ではなく、入力されたフォームの数が計測されます)。これは、売上でなくWebデザインやソーシャルメディアマーケティングのサービスに関心を持つ人が何人いるかを見たい場合に便利です。

コンバージョンのインポートの失敗

場合によっては、コンバージョンのデータが該当の項目に送信されないことがあります。次のような場合が考えられます:

  • 広告をクリックして作成された見込み客が作成されてから90日以降に商談を受注した場合。
  • Googleによって作成されたGCLIDとZoho CRMに送信されたGCLIDの間に不一致がある場合。

コンバージョンのインポートの失敗は、Google AdWordsタブでCRMのデータの詳細とあわせて確認できます。確認できる情報は7日以内の情報です。これらの詳細は、各データの詳細ページのGoogle AdWords情報の欄にも表示されます。

オフラインのコンバージョンのインポートの失敗に関する情報を表示するには

  1. Zoho CRMでGoogle AdWordsのタブをクリックしてください。
  2. Google AdWordsのページでコンバージョンの失敗をクリックしてください。
  3. アカウントを選択して、コンバージョンのインポートの失敗の詳細を確認してください。

関連情報

上へ