CRMヘルプ

Google AdWordsのデータの追跡

Google AdWords連携を設定してWebフォームを公開すると、Zoho CRMの中でGoogle AdWordsのデータを簡単に確認できます。Zoho CRMでは、複数の場所でAdWordsのデータを確認できます。

  • Google AdWordsのタブ - AdWordsのアカウント、関連するキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードに関する詳細を表示できます。場合によっては、コンバージョンのデータがGoogle AdWordsに送信されないことがあります。そのようなコンバージョンのインポートの失敗も一覧で確認できます。
  • 見込み客、連絡先、商談タブ - 訪問者が広告をクリックし、ページのWebフォーム(Web-to-見込み客/連絡先)から情報を送信すると、Zoho CRMに見込み客/連絡先が自動的に作成されます。Google AdWordsから作成されたすべての見込み客に対してGCIDが設定されます。見込み客/連絡先のデータのGoogle AdWordsの情報は、データが作成されてから約24時間後に自動的に更新されます。
  • キャンペーンタブ - 連携を設定する際、Zoho CRMでAdWordsアカウントに関連付けられたキャンペーンが作成されます。
  • レポートとダッシュボード - Zoho CRMでは、AdWordsに関連するデータの分析に役立つ新しいレポートとダッシュボードが自動で作成されます。

Zoho CRMでAdWordsのデータを使用すると、次のことができます:

  • Google AdWordsから作成されたZoho CRMの見込み客を表示できます。
  • オフラインでの売上についてもクリックからコンバージョンまで計測できます。
  • Google AdWordsのデータをもとにしたレポートを作成できます。

Zoho CRMでのGCLIDの関連付けの概要

それぞれの広告のクリックに対し、GoogleからGCLID(Google Click ID)が発行されます。広告のキャンペーン、キーワード、広告グループなどに関連する情報がこのIDに保持されます。では、このデータはどうやってZoho CRMに届くのでしょうか?

広告がクリックされると、GCLIDが発行されます。広告と関連付けられたWebフォームが送信されると、GCLIDとWebフォームの両方の詳細がZoho CRMに送信されます。この時点では、見込み客/連絡先がフォームの情報と共に作成されますが、GCLIDからの情報は見込み客/連絡先に関連付けられていません。

Google AdWordsでは、広告がクリックされてからクリックの詳細を取得するまでに4-6時間かかります。広告のクリックによって作成されたGCLIDとCRMの見込み客は24時間ごとに関連付けられ、AdWordsのデータがZoho CRMの該当のデータに追加されます。

Google AdWordsから作成されたCRMの見込み客の抽出

見込み客が広告をクリックしてWebフォームからデータを送信すると、送信内容をもとに新しい見込み客/連絡先のデータがZoho CRMで作成されます。作成されたデータのGoogle AdWordsの情報の欄にGCLIDの値が入ります。Google AdWordsから作成されたデータは、標準の一覧(Google AdWordsのコンバージョンのエクスポート)で表示できます。新しい一覧を作成して、特定のデータを抽出することもできます。 参考:一覧の管理

データの詳細ページでのGoogle AdWordsのデータの表示

Googleの広告を通じてZoho CRMに追加された見込み客/連絡先のデータには、GCLIDで取得した詳細が含まれます。具体的には、クリックの種類、広告ネットワーク、キーワード、端末の種類などです。これらは、データの作成から約24時間後にGoogle AdWordsの情報の項目に更新されます。

見込み客の変換の際、新しく作成された連絡先と商談にAdWordsのデータが移行されます。また、連絡先に関連付けて新しく商談を作成した場合は、該当のAdWordsの詳細情報が新しい商談データにも反映されます。

データの詳細ページでのGoogle AdWordsのデータの表示

  1. 見込み客/連絡先/商談のいずれかのタブをクリックしてください。
  2. 詳細を表示するデータをクリックしてください。
    Google AdWordsの情報が表示されます。Google AdWordsのデータがこの欄の項目に自動で更新されます。項目の値は編集できません。

メモ

  • Google AdWordsの情報は、訪問タブのデータの詳細ページでもマーケティング情報の一部に表示されます。参考: Google AdWords情報の表示

Google AdWordsタブでのデータの追跡

連携が設定されると、Google AdWordsという新しいタブが追加されます。Google AdWordsのタブでは、Google AdWordsのアカウント、関連するキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの詳細を表示できます。コンバージョンのインポートの失敗、つまり、Google AdWordsに送信されなかったデータの一覧の確認もできます。 参考:コンバージョンのインポートの失敗

クライアントのアカウントの概要の確認

Zoho CRMでGoogle AdWordsのデータを表示するには

  1. Zoho CRMで、Google AdWordsのタブをクリックしてください。
  2. Google AdWordsページでアカウントをクリックしてください。
  3. 関連するキャンペーン広告グループ広告キーワードの詳細を表示するには、アカウントを選択してください。
    クリック数、インプレッション数、作成された見込み客/連絡先、変換された見込み客数、受注した商談数、費用、ROIなどの詳細が表示されます。

レポートの表示

初期設定で12種類の標準レポートが用意されており、すぐに利用できます(Googleのキャンペーンから作成された見込み客、キーワード別の商談、Google AdWords経由の上位10件の顧客など)。これらの標準レポートで、Google AdWordsに関するさまざまな指標や効果を分析できます。受注した商談の情報やGoogle AdWordsのキーワードの情報をもとに費用対効果を測定でき、今後の投資の方針を検討する際の参考にできます。また、Zoho CRMでGoogle AdWords情報を使用して新しいレポートを作成することもできます。参考:レポートの作成 

Google AdWordsのレポートを確認するには

  1. Zoho CRMでレポートのタブをクリックしてください。
  2. Google AdWordsのレポートをクリックしてください。
    Google AdWordsのレポートが表示されます。

ダッシュボードの表示

ダッシュボードでは、レポートの内容をグラフ等で視覚的に表示できます。Google AdWordsの指標のダッシュボードでは、2次元や3次元の棒グラフ、円グラフ、面グラフなどを利用できます。

Google AdWordsのダッシュボードを確認するには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. ダッシュボードのタブをクリックしてください。
  3. ダッシュボードの切り替えの一覧から、Google AdWordsのダッシュボードを選択してください。
    既存のダッシュボードの一覧が表示されます。

Zoho CRMのユーザーに対するGoogle AdWordsタブへのアクセスの有効/無効化

AdWordsの連携を設定すると、Google AdWordsという新しいタブが表示されます。Zoho CRMの組織の他のユーザーに対して、このタブを有効/無効にできます。

Google AdWordsタブへのアクセスをZoho CRMのユーザーに対して有効/無効にするには

  1. [設定のアイコン]をクリックし、設定 > セキュリティ管理 > 権限をクリックしてください。
  2. Google AdWordsのタブに関する権限を付与したい権限の編集をクリックしてください。
  3. タブの権限Google AdWordsのチェックボックスを選択してください。
  4. 保存をクリックしてください。

特定の権限に対するGoogle AdWordsの項目の表示設定

すべてのユーザーがGoogle AdWordsに関するすべての詳細を確認する必要はないかもしれません。特定の権限に対し、Google AdWordsの情報の項目を非表示にできます(見込み客と連絡先)。

項目を非表示にするには

  1. [設定のアイコン]をクリックし、設定 > カスタマイズタブ > 項目 > 項目の権限をクリックしてください。
  2. 一覧から権限を選択してください。
  3. 一覧から、見込み客連絡先のタブを選択して編集をクリックしてください。
    Google AdWords情報が利用できるのは上記のタブのみです
  4. カテゴリー項目が選択されているかどうか確認してください。
  5. 表示の欄で、該当のチェックボックスの選択を解除してください。
  6. 保存をクリックしてください。

Google AdWords連携の無効化

Google AdWords連携を無効にすると、以下の機能が利用できなくなります。

  • Google AdWordsのタブ
  • 見込み客/連絡先/商談データの詳細ページのGoogle AdWordsの情報に関する項目(既存の見込み客/連絡先/商談については、これらの項目は残ります)
  • Google AdWordsのレポートとダッシュボード

Google AdWords連携を無効にするには

  1. 管理者権限を持つアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. [設定のアイコン]をクリックし設定 > 拡張機能APIs > Google > Google AdWordsをクリックしてください。
  3. 無効のリンクをクリックしてください。
  4. 無効化の画面で、理解しました。今すぐ無効にしますをクリックしてください。

次のステップ

関連情報

上へ