CRMヘルプ

G SuiteのユーザーのZoho CRMユーザーとしての追加

Zoho CRMの作成後、使用責任者の権限を持つユーザーが、G SuiteからZoho CRMにユーザーを追加できます。初期設定では、マネージャーの役職と、標準ユーザーの権限がユーザーに割り当てられます。そのため、あなたの組織の階層に応じてユーザーを登録するには、役割と権限を必要に応じて変更してください。

G Suiteからユーザーを追加するには、次の手順にしたがってください。

  1. G Suiteで、(G Suiteのアイコン)をクリックしてください。
  2. もっと見る > Zoho CRMをクリックしてください。
    Zoho CRMにページが移動します。
  3. Zoho CRMで、設定 > 設定 > 拡張機能&API > Google > ユーザーをクリックしてください。
  4. G Suiteウィザードの「1. G Suiteからユーザーのデータのインポート」のページが開きます。インポートするユーザーにチェックを入れてください。
  5. Zoho CRMに追加するをクリックしてください。
    選択したすべてのユーザーがZoho CRMに追加されます。
  6. 設定 > 設定 > ユーザー管理 > ユーザーから、ユーザーの権限と役職を更新できます。
    ユーザーを追加するだけでは、ユーザーの承認は完了していません。追加したユーザーが受信した招待メールで招待の承認をする必要があります。
  7. 招待を承認すると、自動的にZoho CRMのアカウントが作成されます。

メモ

  • 15日間の試用期間終了後、ライセンスを購入するまで無料プランの制限を超える数のユーザーは無効になります。このため、Zoho CRMにユーザーをインポートする前に、ライセンスの管理のページで、ライセンスの上限を確認することをお勧めします。
  • Zoho CRMのライセンス数に応じて、G SuiteからZoho CRMにユーザーを追加できます。
  • ライセンスの制限を超える数のユーザーを追加した場合、追加のライセンスを購入するまでユーザーは無効になります。
  • 追加のライセンスを購入した後、設定 > 設定> ユーザー管理 > ユーザーのページで無効になったユーザーを有効化してください。
  • インポートされたユーザーには、自動でマネージャーの役職と標準の権限が割り当てられます。
    設定 > 設定> ユーザー管理 > セキュリティ設定からユーザーの役職と権限を変更できます。

上へ