CRMヘルプ

Zoho CRMのGmail用コンテクストガジェット

Zoho CRMのGmail用コンテクストガジェットで、Gmail内からZoho CRMのデータを確認することができます。このガジェットを使用して、メールの送信者を見込み客や連絡先としてZoho CRMに追加できます。また、見込み客や連絡先に関連するメモ、タスク、商談なども追加できます。このガジェットを利用することで、メールの閲覧画面からそのまま見込み客や連絡先を管理でき、時間を節約できます。

利用条件

必要な権限:GoogleドメインのすべてのZoho CRMユーザーが、このGmailのガジェットを使用できます。

Zoho CRMのGmail用コンテクストガジェットを有効にする

Gmailコンテクストガジェットは、Google Appsのドメイン管理者が有効に設定したときのみ表示されます。

Zoho CRMのGmail用コンテクストガジェットを有効にするには

  1. www.google.com/appsにアクセスして、ドメイン名を入力し、ドロップダウンから「ドメインの管理」を選択して、ログインしてください。
  2. Zoho CRMにGoogle Appsの管理者ユーザーのアカウントでログインしてください。
  3. 管理者コンソールのページで、アプリ > Marketplace アプリ> Zoho CRMをクリックしてください。
  4. Zoho CRMの設定ページでその他アイコン > オン(すべてのユーザー)をクリックしてください。
  5. オン(すべてのユーザー)をもう一度クリックして確定してください。

すべての見込み客/連絡先をGmailからZoho CRMに追加できます。

Gmailから連絡先を検索するには

  1. Google Appsにログインし、Gmailを開いてください。
  2. Gmailの受信トレイを開き、メールをクリックしてください。
    Gmailコンテクストガジェットがメールの下部に表示されます。
  3. Goをクリックしてください。Zoho CRMに送信者のメールアドレスが存在するかどうかを検索します。

    • メールアドレスがCRMアカウントに、見込み客や連絡先としてすでに追加されていた場合は、その詳細を確認できます。
      メール内からのタスク、メモ、商談なども追加できます。
    • メールアドレスがCRMアカウントに、見込み客や連絡先として追加されていない場合は、CRMに追加できます。

参考: メモやタスクの追加 | 連絡先への商談の追加

新しい見込み客/連絡先を追加するには

  1. 選択リストから見込み客または連絡先を選択してください。
  2. 追加をクリックしてください。
  3. 見込み客または連絡先詳細を、データの作成フォームに記入してください。
  4. 保存をクリックしてください。
    見込み客または連絡先がZoho CRMに追加されます。

メモ/タスクの見込み客/連絡先への追加

Gmailのメール内から、Zoho CRMの見込み客や連絡先にメモ/タスクを追加できます。メモやタスクは追加した後は、Zoho CRMでのみ更新/削除ができます。

新しいメモ/タスクを見込み客/連絡先に追加するには

  1. Gmailの受信トレイを開き、メールをクリックしてください。
  2. コンテクストガジェットGoをクリックしてください。


    既存の商談の詳細が利用できます。
    • 追加 > タスクをクリックし、タスクの内容を入力してください。
    • 追加 > メモをクリックし、メモの内容を入力してください。
  3. 保存をクリックしてください。

連絡先への商談の追加

Gmailのメール内から、Zoho CRMの見込み客や連絡先に商談を追加できます。商談の追加後は、Zoho CRMでのみ更新/削除ができます。

新しい商談を連絡先に追加するには

  1. Gmailの受信トレイを開き、関連するメールをクリックしてください。
  2. コンテクストガジェットGoをクリックしてください。
    既存の商談の詳細が利用できます。
  3. 追加 > 商談をクリックし、商談の内容を入力してください。

  4. 保存をクリックしてください。

上へ