CRMヘルプ

Zoho CRMとGoogle カレンダーの同期

こちらはGoogleユーザーの方用の機能です。
Google Appsユーザーの方はZoho CRMとGoogle Appsの連携をご確認ください。

Google カレンダーとZoho CRMのカレンダーを同期できます。Google カレンダーかZoho CRMのどちらかでカレンダーを更新すると両方で更新されます。なお、同期の設定を削除してもう一度カレンダーの予定を同期すると、重複するデータが作成されますのでご注意ください。双方向同期の場合、Zoho CRMとGoogle カレンダーの両方で重複データが作成されます。

利用条件

必要な権限:Googleカレンダーの同期権限を持つユーザーのみ、この機能を利用できます。

メモ

  • Googleカレンダーの同期活動タブでの表示作成編集削除権限も必要です。

同期の設定を行うには

  1. Zoho CRMZにサインインしてください。
  2. Zoho CRMで設定アイコン)> 設定> 拡張機能&API > Google>カレンダーをクリックしてください。
  3. カレンダーの同期ページで、以下を実行してください:
    • 一覧からカレンダーの同期を選択してください。
    • いずれかの同期の種類を選択してください:
      • 双方向同期
      • 一方向同期:Zoho CRMのカレンダーからGoogleカレンダーへ
      • 一方向同期:GoogleカレンダーからZoho CRMのカレンダーへ
    • 予定に追加したゲストに関する処理を選択してください。
      • Googleカレンダーの予定のゲストをZoho CRMの連絡先として追加する。
      • 追加しない。
  4. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 双方向同期、一方向同期のどちらでも、Google カレンダーからZoho CRMへの最初の同期では直近3カ月の予定5,000件が同期されます。以降の同期では、最大500件の予定が同期されます。
  • Zoho CRMに予定を追加するとすぐに同期されますが、Googleカレンダーの予定からの同期には数分かかります。
  • なお、同期の設定を削除してもう一度カレンダーの予定を同期すると、重複するデータが作成されますのでご注意ください。双方向同期の場合、Zoho CRMとGoogle カレンダーの両方で重複データが作成されます。
  • Google カレンダーから追加された予定は、Zoho CRMのすべての予定の一覧に追加されます。
  • 表示登録権限を持っているカレンダーのみが、Google カレンダーの一覧に表示されます。
  • Google カレンダーで今後の予定のポップアップ通知が2つ登録されている場合、最初のポップアップ通知のみがCRMに追加されます。
  • Google カレンダーで名前のない予定は、「件名なし」としてCRMに追加されます。
  • 繰り返しの予定の同期には対応していません。

データは、以下の項目の関連付けに応じて移行されます:

Zoho CRMの項目 Google カレンダーの項目
件名 タイトル
開始日時/終了日時 Zoho CRMと同じ
通知日時 リマインダー
開催場所 場所
詳細 詳細
参加者の追加 ゲストの追加

カレンダーの同期を無効にするには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. Zoho CRMで設定アイコン)> 設定> 拡張機能&API > Google>カレンダーをクリックしてください。
  3. カレンダーの同期のページで、無効化のリンクをクリックしてください。

上へ