CRMヘルプ

Zoho CRMとGoogleの連絡先の同期

こちらはGoogleユーザーの方用の機能です。
Google Appsユーザーの方はZoho CRMとGoogle Appsの連携をご確認ください。

Zoho CRMとGoogleの両方の連絡先を同期でき、常に最新状態にしておけます。双方向または一方向の同期を設定すると、自動的に連絡先の詳細が移行されます。また、連絡先の移行先の一覧と項目の関連付けを設定できます。連絡先の同期設定を一回削除してもう一度同期すると、メールアドレスが重複するデータは作成されません。

利用条件

必要な権限:Googleの連絡先の同期権限を持つユーザーのみ、この機能を利用できます。

メモ

  • Googleの連絡先の同期連絡先タブでの表示作成編集削除権限も必要です。

同期の設定を行うには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. Zoho CRMで設定アイコン)> 設定> 拡張機能&API > Google>連絡先をクリックしてください。
  3. 連絡先の同期ページで、以下を実行してください:
  4. Googleの連絡先の一覧を選択しZoho CRM連絡先 を選択してください。
    選択した一覧から、連絡先が同期されます。
  5. いずれかの同期の処理の種類を選択してください:
    • 双方向同期
    • 一方向同期:Zoho CRMの連絡先からGoogleの連絡先へ
    • 一方向同期:Googleの連絡先からZoho CRMの連絡先へ
  6. 2カ所で連絡先の重複が起きた場合の処理を以下から選択してください。
    • Zoho CRMの連絡先でGoogleの連絡先を上書きする
    • Googleの連絡先でZoho CRMの連絡先を上書きする
  7. 一覧から同期の頻度を選択してください。
  8. GoogleとZoho CRMの項目を関連付けてください。
  9. 項目を追加して関連付ける場合は、項目をさらに関連付けをクリックしてください。

  10. 保存をクリックしてください。

メモ

  • Zoho CRMからGoogleへ、GoogleからZoho CRMへの同期は、同期する連絡先の数によって時間がかかります。連絡先の同期の確認には数分お待ちください。
  • 連絡先の同期設定を一回削除してもう一度同期すると、メールアドレスが重複するデータは作成されません。
  • 同期が行われたかどうかを見るには連絡先の同期ページの最後の同期日時を確認してください。
  • 選択されたGoogleのグループとZoho CRMの一覧(ビュー)の連絡先のみが同期されます。CRMからの連絡先は指定したGoogleのグループに追加されます。
  • 役職とアクセス権限に応じて連絡先が同期されます。
  • 初回は最大10,000件まで同期できます。それ以降の同期では、最大500件の連絡先が同期されます。
  • Zoho CRMのメール項目の値(連絡先のメインのメールアドレス)とGoogleの連絡先のメール(仕事用)の値が同じデータを重複したデータとみなします。

連絡先の同期を無効にするには

  1. Zoho CRMにサインインしてください。
  2. Zoho CRMで設定アイコン)> 設定> 拡張機能&API > Google>連絡先をクリックしてください。
  3. 連絡先の同期ページで、無効化のリンクをクリックしてください。
    https://accounts.google.com/からGoogle認証の取り消しができます。

上へ