CRMヘルプ

各種書類の管理 - 移行ガイド

Zoho CRMの各種書類(見積書、受注書、請求書、発注書)機能がより使いやすく生まれ変わりました。新しい機能・画面を問題なく使いこなせるように、新バージョンへの移行ガイドを用意しました。

商品の追加が簡単に!

以前は、手動で商品の追加・詳細を入力する必要がありました。

新バージョンで商品を追加するには「商品を追加」リンク(商品情報の項目の下)をクリックしてください。

「商品の選択」の画面で、商品名または商品コードを最低1文字入力し、商品を一覧から検索して選択してください。追加する商品は、一覧から選択する必要があります。直接入力するなど、他の方法で追加することは出来ません。また、商品名をスペースで区切ると検索結果に影響します。例えば、商品名が「絶品 玉子焼き」(2単語)として登録されている場合、「玉子焼」と入力すると「絶品 玉子焼き」が表示されます。もし「絶品玉子焼き」として登録している場合、「玉子焼」で検索しても結果に表示されません。この場合、検索時には「絶品玉」と入力してください。

一覧に表示される商品一覧の詳細が知りたい場合は、商品の隣の情報アイコンにマウスのカーソルを合わせてください。

一度商品を追加すると、関連する詳細情報(税、販売単価)が自動的に追加されます。詳細情報を別途手動で入力する必要はありません。

いつでもすべての商品を削除・編集が可能

以前は、商品の一覧の最初の商品は削除できませんでした。新バージョンでは、いつでもすべての商品の削除・並べ替え・編集ができるようになりました。

商品項目の詳細を編集するには、税や割引などの値にカーソルを合わせると「編集」アイコンが表示されます。こちらをクリックしてください。一つの項目の値を変更すると、自動的に関連する項目の値も変更されます。

合計金額の調整がシンプルに!

合計金額の調整は頻繁に発生します。以前は「プラス」「マイナス」を選択してから、調整したい金額を指定していました。新バーションでは、直接調整項目に金額を入力できるようになりました。例:「-1500」調整項目の値に基づき、合計金額が自動計算されます。

連絡先の住所の自動入力

連絡先を選択すると、連絡先の住所が自動的に入力されるようになりました。以前は、住所が自動入力されるのは取引先のみで、連絡先には対応していませんでした。新バージョンでは連絡先の住所も自動入力されます。

商品情報の表示

以前は価格表情報割引後の合計金額販売単価在庫の数量が商品詳細の項目でした。下記は新バージョン、旧バージョン画面の比較です。

新バージョンでは価格表の変動幅と割引の詳細,を見るには割引詳細情報 アイコンをクリックしてください。

割引後の合計金額を見るには割引の値にカーソルを合わせてください。

販売単価在庫の数量を見るには、商品名または商品コードにカーソルを合わせてください。

割引を明確に表示

以前は価格表に設定された割引が商品に適用されていても、商品の詳細には表示されませんでした。このため、間違いではなくても、一見間違いに見えることがありました。


新バージョンではこのややこしい仕様を改善し、商品の詳細 セクションに割引情報が表示されるようになりました。

在庫情報の自動更新を修正

以前は、在庫情報の自動更新に矛盾が生じる場合がありました。新バージョンでは、このバグが修正されました。この更新についての詳細と適切な例を確認するには、こちらのドキュメントをご参照ください。

移行ガイドは以上です。この更新で今後の在庫管理が簡単になること間違いなし!新しい在庫管理を是非お試しください。

上へ