CRMヘルプ

見込み客の管理

見込み客は、マーケティング活動によって収集した見込み客の情報です。営業やマーケティング部門においては、見込み客情報と商談の確度の管理がとても重要です。見込み客を収集し管理することが、営業のプロセスの第一歩です。見込み客は、展示会、セミナー、広告、マーケティングのキャンペーンなどで収集します。見込み客を集めたら、見込み客が未来の顧客となってくれるまでフォローして管理することが不可欠です。営業部で見込み客の管理をすれば、組織全体の成功に効果的です。

見込み客管理という用語は業界によって異なるかもしれませんが、基本的なプロセスは同じです。Zoho CRMの見込み客タブは、見込み客の管理に役立ちます。Zoho CRMでは、見込み客の詳細に会社、人(連絡先)、営業機会(商談)などを登録できます - BtoBの業界、BtoCの業界の両方で役立ちます。

利用条件

必要な権限:見込み客タブへのアクセス権限(表示、作成、編集、共有、削除)が必要です。

ビジネスでの見込み客育成の流れ

  1. 様々な経路で取得した詳細の分からない連絡先/取引先は、すべて見込み客(未来の顧客!)になります。
  2. 見込み客の割り当てルールが設定されている場合、見込み客が作成されると、見込み客が営業担当者に自動で割り当てられます。
  3. 営業担当者は見込み客の評価(確度の確認)を行い、可能性を判断します。見込み客はこれらの可能性をもとに抽出されます。
  4. 可能性がある場合、見込み客を商談や将来的な顧客として管理できます。
  5. 商談は受注または失注したかどうか管理できます。

Zoho CRMでの見込み客の管理

  1. 組織のマーケティングや営業のプロセスに合わせて見込み客の詳細をカスタマイズ可能です。既存の項目の使用、標準項目の一部の無効化、項目の並べ替え、セクションや新しいカスタム項目の追加などができます。
  2. CRMへの見込み客の追加見込み客の作成は、Webフォームを通じたWebサイトからの見込み客の取得、見込み客のインポート、見込み客フォームから直接追加のいずれかの方法で可能です。
  3. 見込み客を営業担当者に手動で割り当てるか、見込み客の割り当てルールを利用して自動で割り当てできます。
  4. 見込み客をフォローして手ごたえを感じたら、商談へ見込み客を変換できます。見込み客を商談に変換すると、連絡先/取引先が自動的に作成されます。
  5. 見込み客を変換して、商談を受注/失注するまで、商談タブでさらにフォローしましょう。

見込み客のホームページ

見込み客タブをクリックして見込み客のホームページを表示すると、以下の操作を行えます:

  • データを一覧(ビュー)で表示できます。必要に応じて独自の一覧(カスタムビュー)を作成できます。最初から用意されている一覧はすぐに利用できます。未対応の見込み客、変換された見込み客、最近作成された見込み客などです。
  • データを一括削除するには、削除したいデータをチェックボックスで選択し、削除ボタンをクリックしてください。
  • 見込み客へメールを一括送信するには、送信したい見込み客をチェックボックスで選択しメールを送信ボタンをクリックしてください。
  • 一括変換、一括削除、割り当てルールの設定、見込み客のエクスポートなど、よく使う操作は見込み客のツールのオプションから利用できます。
  • アルファベット情報条件を用いて検索できます。
  • 詳細フィルターを使って営業優先度順に見込み客を抽出できます。
  • 見込み客の詳細情報を印刷できます。

上へ