CRMヘルプ

自動メール送信の利用例

こちらでは、マーケティング活動における自動メール送信機能の利用例をご紹介します。

課題

ある見込み客があなたの商品に興味を持ち、30日間の試用版に登録をしました。この見込み客との取引を成立させるには、適切なフォローアップメールが重要です。このような場合、有望な見込み客を絞り込んでいくのに自動メール送信機能が役立ちます。

利用例

  • Webサイトの訪問者が、Webフォームから30日間の試用版を登録しました。
  • 登録のお礼メールを自動で見込み客に送ります。
  • 見込み客の詳細情報はZoho CRMに登録され、一覧に表示されます。(例:今日作成した見込み客)。
  • 自動メール送信が始まります。
    • 1日後 ― 「導入案内」のメールがユーザーに送られます。
    • 2日後 ― 「サポート情報」のメールが送られます。
    • 5日後 ― 「商品の最新情報」のメールが送られます。
    • 15日後 ― 「購入申し込みの案内」のメールが送られます。
    • 25日後 ― 「リマインダー」のメールが送られます。

メモ

  • ユーザーが商品を購入した場合、メールの送信対象から除外し、その時以降のフォローアップメールが送られないようにする必要があります。

自動メール送信機能の設定手順

  1. 見込み客タブをクリックしてください。
  2. 見込み客タブのホームのページの見込み客ツールの欄にある、自動メール送信をクリックしてください。
  3. 自動メール送信のページで、自動メール送信の設定をクリックしてください。
  4. 新しい自動メール送信のページの自動メール送信設定の欄で、次の操作を行ってください。
    • 自動メール送信の名前を入力してください。
    • データの担当者に設定するユーザーを選択してください。
    • メールの送信対象のデータの一覧を選択してください。
    • 自動メール送信のフォルダーを選択してください。
    • 繰り返しを選択して詳細を設定してください(表も参照してください)。
  5. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 商品を購入したユーザーは、メールの送信対象から除外する必要があります。送信対象から除外されたメールアドレスにはメールは送られません。

自動メール送信の設定に必要な情報は次のとおりです。

自動メール送信の利用例