CRMヘルプ

Zoho クリエーターのアプリとCRMの関連付け

Zoho クリエーターでは、Zoho CRMのデータを利用したアプリケーションを作成できます。Webタブ機能を利用すると、Zoho クリエーターで作成したアプリケーションにZoho CRMのタブからアクセスできます。Zoho CRMにWebタブを追加し、アクセス権限を設定するだけで、Zoho クリエーターのアプリケーションにZoho CRMからアクセスできます。Zoho クリエーターでアプリを作成する時、CRMのタブ(見込み客、連絡先、取引先など)のデータと関連付けるための項目を作成できます。また、Zoho CRMにサインインしていれば、そのままZoho クリエーターのアプリケーションにアクセスできます。

例として、交通費管理のアプリケーションをZoho クリエーターで作成した場合をご紹介します。このアプリケーションでは、顧客を訪問した際の交通費を記録できます。それらのデータを、特定の連絡先や取引先と関連付けることができます。フォームでデータを入力する際、Zoho CRMから取引先のデータを取得し、表示できます。Zoho クリエーターでは、ドラッグ&ドロップ操作と、Deluge(デリュージ)スクリプトを使ってこのようなアプリケーションを簡単に作成できます。

必要事項

  • Zoho CRMのエンタープライズプラン
  • Zoho クリエーターの有料プラン(※3ユーザー以上で利用する場合のみ)

前提条件

Zoho CRMとZoho クリエーターのアプリケーションを連携する手順は以下の4つのステップです。

  • ステップ1:Zoho クリエーターで交通費アプリケーションを作成
  • ステップ2:Zoho CRMから交通費アプリケーションへのリンクを設定
  • ステップ3:Zoho CRMから交通費アプリケーションにアクセス

ステップ1 - 交通費アプリケーションの作成

  1. Zoho クリエーターを開いてください。
    Zoho CRMにサインインしていれば、Zoho クリエーターにもう一度サインインし直す必要はありません。
  2. 交通費アプリケーションを作成してください。
  3. Zoho CRMの連絡先のデータにアクセスするには、フォームの「追加時」の「読込時」のアクションに、次のようなDelugeスクリプトを使用してください。
    contactsList = zoho.crm.getRecords("Contacts");
    for each contact in contactsList
    {
    Leads_From_CRM.add(contact.get("Last Name"));
    }

    Delugeスクリプトの詳細については、このドキュメントを参照してください。
  4. アプリケーションをユーザーに共有してください。

メモ

  • Zoho クリエーターの無料プランでは、共有できるユーザーは2名まで、作成できるアプリケーションは3つまでです。ユーザーをさらに追加するには、有料プランにアップグレードする必要があります。有料のプランについてはZoho クリエーターの利用料金を参照してください。
  • 共有をしないと、他のユーザーはアプリケーションにアクセスできません。Zoho CRMの設定の前に、アプリケーションを他のユーザーに共有しておく必要があります。

ステップ2 - Zoho CRMから交通費アプリケーションへのリンクの設定

  1. 設定 > カスタマイズ > Web タブをクリックしてください。
  2. Webタブのページで、Webタブの作成をクリックしてください。
  3. アイコンをクリックしてください。
  4. クリエーターのフォームの詳細の画面から、 交通費アプリケーションを選択してください。
  5. このWebタブへのアクセスを許可する権限設定を一覧から選択してください。
  6. 保存をクリックしてください。
  7. 設定 > カスタマイズ> タブ > タブの並べ替えをクリックしてください。

    作成したWebタブが選択したタブの一覧に含まれていることを確認してください。

  8. 保存をクリックしてください。Zoho CRM内から
    交通費タブが利用できるようになります。

ステップ3 - Zoho CRMから交通費アプリケーションにアクセス

  1. 交通費タブをクリックしてください。
  2. 交通費の一覧のページで、追加のリンクをクリックしてください。
  3. 追加のページで、出張の種類や、部署、場所、取引先名や日程など、詳細情報を入力してください。
  4. 保存のボタンをクリックしてください。
  5. 連絡先に関連付けられた交通費の情報が追加されます。