CRMヘルプ

展示会では、展示会で獲得した見込み客の管理が重要です。そのためには、見込み客を登録するためのツールが必要です。また、より有望な見込み客を特定できるようにすることも必要です。展示会全体を通じた見込み客の管理において、見込み客のフォローが最後のステップとなりますが、最も重要です。

見込み客を競合に奪われないようにするためには、展示会が終わる前から対応を決めていく必要があります。このため、事前にフォロー計画を立てておくと有効です。

確度の高い見込み客を集めて営業に対応を依頼する作業をスムーズに行うことが重要です。Zohoの見込み客(Leads)アプリを使うと、名刺やバッジの情報をスキャンし、Zoho CRMに直接登録できます。

特長

見込み客(Leads)アプリの特長は次のとおりです:

  • 見込み客の情報を営業担当者にいち早く共有でき、すばやいフォローを可能にします。展示会の会場から見込み客の情報を手軽に登録して営業担当を決められます。
  • 確度が高い見込み客が集まる販促施策(キャンペーン)を特定することで、キャンペーンの効果を測定可能です。見込み客(Leads)アプリから見込み客をZoho CRMのキャンペーンに関連付けることで、費用対効果を測定できるようになります。
  • 見込み客に関するタスクやメモを更新して、他のメンバーに最新情報を共有できます

 

名刺のスキャン

 

名刺をスキャンするには

  1. 名刺を机に置き、見込み客(Leads)アプリで、名刺スキャン(Scan Cards)をタップしてください。
    iPhoneで名刺の写真が撮影され、情報が読み取られます。これらの情報が見込み客として表示されます。
  2. 必要に応じて変更して保存をクリックしてください。

バッジのスキャン

 

バッジをスキャンするには

  1. 見込み客(Leads)アプリで、バッジのスキャン(Scan Badge)をタップしてください。
    iPhoneでQRコードの写真が撮影され、詳細が見込み客の情報として表示されます。
  2. 必要に応じて変更して保存をクリックしてください。

 

見込み客の追加

見込み客(Leads)アプリでは、見込み客を直接追加することもできます。また、見込み客の情報をスキャンしてアプリに追加することも可能です。

データを作成するには

  1. 見込み客の追加をタップしてください。.
  2. 追加の画面で、見込み客の詳細を入力してください。
  3. 保存をタップしてください。

見込み客の編集

データを編集するには

  1. 編集するデータをタップしてください。
  2. 編集をタップしてください。
  3. 必要に応じて変更して、保存をタップしてください。.

アプリの設定の変更

見込み客(Leads)アプリの設定では、次の設定が行なえます。

  • 言語の追加 - 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語から追加可能です。選択した言語の内容に応じて、名刺から読み取った見込み客の情報がアプリで表示されます。
  • フォトストリームに保存 - 名刺/バッジのコピーをiPhoneのフォトストリームに保存できます。
  • ご意見・ご要望の送信 - アプリに関する感想や提案を開発チームに送信できます(英語対応)。
  • 不具合の報告(クラッシュレポートの送信) -
  • Zohoのアカウントの利用 - アプリからサインアウトし、Zoho CRMの認証情報でサインインし直すことができます。

アプリの設定の変更するには

  1. 見込み客(Leads)アプリ設定のアイコンをタップしてください。
  2. 設定画面で上記の設定を行えます。
  3. 必要に応じて変更して、保存をタップしてください。.

メモ

  • 位置情報サービスの設定を有効にしてください。
  • 地図上に表示されるのは、指定した半径内の連絡先だけです。

上へ