CRMヘルプ

Androidでのネイティブアプリの利用

利用できるZoho CRMのタブ

Android端末からZoho CRMにアクセスでき、 Zoho CRMのデータをローカルに保存して利用できます。ローカルにデータを保存することで、オフライン時でもデータを編集することができます。Androidでは、次のタブを利用できます。

  • 見込み客
  • 取引先
  • 連絡先
  • 商談
  • タスク
  • 予定
  • 通話
  • 商品
  • 問い合わせ
  • ソリューション
  • 仕入先
  • 価格表
  • 見積書
  • 受注書
  • 発注書
  • 請求書
  • すべてのカスタムタブ(最大15件)

ホーム画面の利用

ホーム画面には、1週間の予定が表示されます。表示されている内容を見ながら、毎日の業務の優先順位を確認できます。ホーム画面では、活動を完了にしたり、新しい活動を追加したりできます(チェックの印をつけるだけで簡単に完了にできます)

曜日を切り替えて、その日のタスク、予定、通話を見ることも可能です。追加(+)のアイコンをクリックすると、予定、タスク、通話を新しく追加できます。

完了した予定、タスク、通話をグループ化して、進行中の活動と完了した活動を分けて表示できます。予定、通話、タスクを選択して完了にできます。

 

フィードの利用

フィード機能では、他のユーザーとの情報共有や意見交換、チームの活動の最新情報の確認が可能です(自分の活動だけではなく他のユーザーの活動も確認できます)。最新情報の投稿や表示、コメントの追加、ファイルの添付、タブによる抽出が可能です。

フィードの最新情報を作成/表示するには

  • Zoho CRMのAndroidアプリで、フィードへ移動してください。
  • 追加のアイコンをタップすると、投稿できます。
  • また、他のユーザーの投稿にコメントすることもできます。
  • フィルターのアイコンをクリックすると、タブを選択して最新情報を表示できます。

    ユーザーが投稿した内容のみを表示するには、ステータスをタップしてください。

データの作成

Android端末から、タブにデータを作成できます。見込み客と連絡先を追加する方法は2つあります。:新しくデータを作成する、アドレス帳からインポートする

新しくデータを作成するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. データの追加のアイコンをタップしてください。

    見込み客と連絡先では、方法が2つあります。新しく見込み客/連絡先を作成する方法とアドレス帳からインポートする方法です。
  3. [データ]の追加の画面で、詳細を入力してください。
  4. OKのアイコンをタップしてください。

見込み客の変換

見込み客への営業対応がうまくいくと商談につながります。見込み客を、取引先、連絡先、 商談に変換できます。

見込み客を変換するには

  1. 見込み客のタブをタップしてください。
    選択した内容に応じて見込み客の一覧が表示されます。
  2. 変換するデータをタップしてください。
  3. 変換のアイコンをタップしてください。
  4. 見込み客の変換の画面で、詳細を入力し、OKのアイコンをタップします。
    見込み客が変換され、変換された見込み客の一覧に表示されます。

データの編集

データを編集するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 編集したいデータをタップしてください。
  3. 編集のアイコンをタップしてください。
  4. [データ]の編集のページで、データの詳細を編集してください。
  5. OKをタップしてください。

データの削除

データが不要になった場合、Zoho CRMからデータを削除できます。Zoho CRMアプリ(Android版)から、タブのデータを削除できます。

データを削除するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 削除したいデータをタップしてください。
  3. その他のアイコンをタップし、続けて削除をタップしてください。
  4. 削除の確認画面で、はいをタップしてください。データが削除されます。

一覧の変更

データの一覧の表示内容を変更できます。タブごとに標準の一覧の他、独自に設定した一覧も表示できます。

一覧を変更するには

  1. タブに移動してください。
    選択した内容に応じてデータが表示されます。
  2. 一覧をタップしてください。
  3. 表示されている一覧の中から、目的に合うものを選択してください。

メモ

  • Web版で利用できる一覧のみが表示されます。
  • Zoho CRMのモバイルアプリで新しく一覧を作成することはできません。

周辺の見込み客/連絡先/取引先の表示

外出中にCRMのモバイルアプリを利用すれば、現在地付近にどの見込み客や連絡先がいるか、どのくらい重要かをかんたんに確認できます。

地図機能を利用して、現在地や指定した場所の周囲に所在地が登録されている見込み客/連絡先/取引先を表示できます。なお、利用するには、端末の位置情報の機能を有効にする必要があります。

現在地や指定した場所の付近の見込み客/連絡先/取引先を探すには

  1. 見込み客/連絡先/取引先のいずれかのタブへ移動してください。
    選択した内容に応じてデータが表示されます。
  2. 一覧から地図のアイコンをタップしてください。

    周辺の見込み客/連絡先/取引先が、地図上にピンで表示されます(データの担当者やその他の条件は考慮されません)。
    また、場所を指定した上で、その付近の見込み客/連絡先/取引先を表示することもできます。条件に合致するデータが地図上に表示されます。

メモ

  • 位置情報サービスの設定を有効にしてください。
  • 地図上に表示されるのは、指定した半径内の連絡先だけです。初期設定では、範囲は10kmに設定されています。必要に応じて変更できます。
  • 地図上には2色のピンが表示されます。 - のピンは、見込み客/連絡先/取引先のデータが1件のみあることを示します。 のピンは、複数の見込み客/連絡先/取引先のデータが、同じ場所にあることを示しています。
  • ピンをタップすると、見込み客/連絡先/取引先の情報が表示されます。
  • ピンをタップして情報のアイコンをタップすると、見込み客/連絡先との通話の発信、メールの送信、経路の表示、データの削除などのメニューが表示されます。これらのメニューはデータの内容に応じて表示されます。

訪問記録(チェックイン)

どこかに外出したときに、その情報を記録できます(FacebookやTwitterのチェックイン機能と同様です)見込み客や連絡先を訪問した際に、その訪問の記録をかんたんに残せます。上司や同僚と、顧客のアポや訪問の情報を共有するのにも役立ちます。

訪問記録は予定と連動しています。例えば、「鈴木様のオフィスで商品説明」という予定があるとします。鈴木様のオフィスに着いたときに、既存の予定に関連付けた形で訪問記録を残したり、新しく予定を作成したりできます。訪問記録の情報は、自動で予定のメモとして登録されます。訪問記録は、見込み客、連絡先、取引先タブでのみ作成可能です。訪問記録は、必ず予定に関連付ける必要があります。

訪問を記録を残す(チェックインする)には

  1. 見込み客/連絡先/取引先のいずれかのタブに移動してください。
  2. 訪問記録(チェックイン)のアイコンをタップして、訪問記録を作成してください。
  3. 連絡先に関連付けられた予定を登録済みの場合は、該当の予定が表示されます。
    予定を選択してください。訪問記録(チェックイン)が予定のメモとして登録されます。
  4. 該当の予定がない場合、新しく予定を作成するよう促されます。
    新しい予定を作成して関連付けてください。

メモ

  • 訪問記録を登録すると、更新情報がフィードに自動的に投稿されます。

メールの送信

メールを送信するには

  1. 見込み客、連絡先、問い合わせ、カスタムタブのいずれかのタブに移動してください。
    メールアドレスが登録されていれば、メールを送信できます。
  2. メールを送信したいデータをタップしてください。
  3. データの詳細のページで、メールのアイコンをタップしてください。
  4. メールの送信に用いるアプリケーションを選んでください。
  5. メールを作成して送信してください。

メモ

  • メールのタブは現在、モバイルCRMアプリではサポートされていません。

Android端末でのメールマグネットの利用

Zoho CRMでZoho メールオプションを設定すると、見込み客や連絡先からのメールが保存されます。お客様からのメールに素早く返信することは重要ですが、そのためにはメールの通知が重要です。そこで、メールマグネットが役立ちます。

外出先でもメールマグネットを利用すれば、メールをすべて確認しなくても見込み客や連絡先からの重要なメールにすぐに気づくことができ、対応スピードを上げられます。メールマグネットは、受信トレイの内容を確認し、CRMの見込み客や顧客からのメールを通知します。

メールマグネット機能は、Zoho メールオプションが有効で、Zoho CRMのメールアカウントがPOP3で設定されている場合のみ、利用可能です。参考:Zoho メールオプション

メモ

  • 見込み客や連絡先からメールを受信すると、メールマグネットの欄で表示されます。自分から送信したメールは、メールマグネットに表示されません。
  • 受信者が自分である(例:メールの宛先やCCに自分のメールアドレスがある)場合のみ、メールマグネットに表示されます。
  • info@zillum.com, sales@zillum.comのようなグループメールは、メールマグネットには表示されません。
  • メールマグネットでは、3分おきにメールが取得されます。
  • 表示できるメールの件数は100件までです。

メールへの返信

メールに返信するには

  1. Zoho CRMアプリのメッセージをタップしてください。
    見込み客と連絡先からのメールが一覧で表示されます。
  2. メールをタップして開いてください。
  3. 返信のアイコンをタップし、送信メールを作成してください。
    必要に応じて全員に返信のアイコンも利用してください。
  4. 送信をタップしてください。
    メールを送信する際、今後のタスクやメモも追加できます。

今後のタスクやメモの追加

今後のタスクやメモを追加するには

  1. Zoho CRMアプリのメッセージをタップしてください。
    見込み客と連絡先からのメールが一覧で表示されます。
  2. メールをタップして開いてください。
  3. その他のアイコンをタップしてください。

    必要に応じて、タスクかメモを選んでください。
  4. タスクの追加の画面で詳細を入力し、保存をタップしてください。

    メモを選択した場合、メモの内容を入力して保存してください。

ファイルの添付

ファイルを添付するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 関連するタブの欄で、添付の追加(+)のアイコンをタップしてください。
  3. アップロード元を選択し、対象のファイルを添付してください。
    Dropbox、Google ドライブなどの他社サービスからのアップロードも出来ます。
    ファイルのサイズの上限は20MBです。
  4. アップロードをタップしてください。

写真のアップロード

見込み客と連絡先の写真に関して、撮影してアップロードしたり、既存の写真からアップロードしたりできます。

写真をアップロードするには

  1. 見込み客連絡先のタブに移動してください。
  2. 写真をアップロードするデータをタップしてください。
  3. データの情報のページで、その他のアイコンをタップしてください。
  4. 写真のアップロードをタップしてください。
  5. 写真撮影するギャラリーをタップしてアップロードしてください。

音声メモの記録

音声で情報を記録でき、顧客訪問後に商談の内容を音声で記録したり、何か思いついたことを記録しておいたりできます。音声ファイルはデータに関連付けられ、いつでもダウンロードできます。

音声メモを記録するには

  1. 見込み客、取引先、見込み客、商談、問い合わせ、仕入先、商品、見積書のいずれかのタブに移動してください。
  2. 音声メモを追加したいデータをタップしてください。
  3. メモの欄で、音声メモのアイコンをタップしてください。
  4. 音声メモの画面で記録をタップし、 音声メモの記録を始めてください。
  5. 記録の終了後、音声メモの件名詳細を入力して保存してください。

通話の発信

Zoho CRMに登録した顧客に、簡単に電話をかけることができます。通話を終了した後に、通話の詳細を記録することもできます。

通話を発信するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 発信先のデータをタップしてください。
  3. データの情報のページで、電話のアイコンをタップしてください。
  4. 電話番号をタップし、通話を開始してください。
    通話が終了すると、通話の詳細のページが表示され、通話の詳細を記録できます。

通話の記録

通話の後に、通話の詳細を記録することができます。

発信通話を記録するには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 発信先のデータをタップしてください。
  3. 電話番号をタップして通話を開始してください。
    通話を終了すると、通話を記録するかどうか確認されます。
  4. 通話を記録するには、はいをタップしてください。
  5. 通話の情報のページで、通話の詳細を入力して、完了をタップしてください。

着信通話を記録するには

  1. 着信した通話を記録する方法は、次のとおりです。
    通話が終わると、通話の記録ができるようになります。ただし、電話をかけてきた人の番号がZoho CRMに登録されている必要があります。
  2. 通話を記録するには、はいをタップしてください。
  3. 通話の情報のページで、通話の詳細を入力して、完了をタップしてください。

通話の予定を登録するには

  1. 見込み客、取引先、連絡先などのタブに移動してください。
    または、通話のタブへ移動して通話の詳細を追加することもできます。該当の内容が選択したデータに関連付けられます。
  2. 通話の詳細を追加するデータをタップしてください。
  3. データの関連情報の欄で、通話追加のアイコンをタップしてください。
  4. 通話の追加のページで通話の詳細を追加し、OKのアイコンをタップして詳細を保存してください。

予定の月間表示

予定のデータを月間と一覧の2つの方法で表示することができます。一覧と月間表示

予定を月間で表示するには

  1. 予定のタブに移動してください。
  2. データの一覧のページでは、予定の表示方法をカレンダー一覧から切り替えられます。

データの関連付け

さまざまなデータを作成して他のデータに関連付けることができます:

見込み客:メモ、タスク、添付、商品、予定、通話。

取引先: メモ、連絡先、タスク、添付、 商談、予定、通話、商品、見積書、 受注書、 請求書、問い合わせ。

連絡先: メモ、通話、添付、商談、タスク、予定、商品、問い合わせ、見積書、受注書、発注書、請求書。

商談:メモ、タスク、通話、添付、予定、商品、見積書、受注書、問い合わせ。

商品:メモ、価格表、タスク、予定、通話、添付、 問い合わせ、ソリューション、連絡先、見込み客、商談、取引先。

問い合わせでは:メモ、タスク、予定、通話、添付。

ソリューション:メモ、添付。

仕入先:メモ、商品、発注書、連絡先、タスク、予定、通話、添付。

価格表:メモ、商品、添付。

見積書:メモ、受注書、タスク、予定、通話、添付。

受注書: メモ、請求書、タスク、予定、通話、添付。

発注書: メモ、タスク、予定、通話、添付。

請求書: メモ、タスク、予定、通話、添付。

データを関連付けるには

  1. 見込み客、 取引先、連絡先などのタブに移動してください。
  2. 予定やタスクに関連付けしたいデータをタップしてください。
  3. データの情報のページで、予定、タスク、メモなどをタップしてください。
    すでに関連付けられているデータが表示されます。
  4. データを表示/編集するには、データをタップしてください。
  5. データを追加するには、データの追加のアイコンをタップしてください。
    予定/タスクのデータが作成され、データに関連付けされます。

データの検索

データはかんたんに検索できます。それぞれのタブごとに検索可能です。

データを検索するには

  1. 対象のタブに移動してください。
  2. 検索のアイコンをタップしてください。
  3. 検索欄に文字を入力してください。
    確定すると、検索語に一致するデータの一覧が表示されます。

    初期設定では、まず端末内を検索します。端末内に一致するデータがない場合、自動でサーバー(クラウド上)のデータが検索されて結果が表示されます。
    端末に一致するデータが見つかった場合、その検索結果が表示されます。サーバーにデータがないか確認したい場合は、サーバーからさらにデータを取得してください。
    サーバーで見つかったデータが端末にはない場合、サーバーのデータが自動的にダウンロードされ、端末で利用できるようになります。

ご意見・ご要望の送信

Zoho モバイルの開発チームにご意見・ご要望を送信できます(※英語対応)。

ご意見・ご要望を送信するには

  1. Zoho CRMのダッシュボードでご意見・ご要望をタップしてください。
  2. ご意見・ご要望の内容を入力して送信をタップしてください。

トラブルシューティング&サポート

トラブル対応やサポートが必要な場合、support@zohomobile.comから問い合わせてください(※英語対応)。support@zohomobile.com(英語対応)宛に、直接メールで質問することもできます。

上へ