CRMヘルプ

Zoho CRMとOffice 365の連携

Microsoft Office 365にZoho CRMアプリをインストールし、2つのアプリのデータを同期できます。現在この連携では、ユーザーのインポートとカレンダーの同期が可能です。

Office 365にZoho CRMアプリをインストール

利用条件

必要な権限:Office 365の管理者

Office 365にZoho CRMアプリをインストールするには

  1. Office 365のアカウントにサインインしてください。
  2. アプリからZoho CRMを検索してください。
  3. Zoho CRMをクリックすると、Zoho CRMのアカウントに関する確認ページに移動します。
  4. 利用規約に同意できることを確認し、続けるをクリックしてください。
    Office 365と同じメールアドレスで新しいアカウントが作成されます。
    もしOffice 365で利用しているメールアドレスでZoho CRMのアカウントを持っている場合は、直接Zoho CRMのアカウントページに移動します。
  5. これでZoho CRMアカウントを利用できるようになりました。

メモ

  • Office 365の連携を有効にできるのはOffice 365の管理者のみですが、連携機能自体は管理者が承認した組織のユーザーであれば誰でも利用できます。
  • 初期設定では、Office 365にZoho CRMアプリをインストールした管理者が、Zoho CRMの特権管理者(使用責任者)になります。
  • Microsoft Office 365で利用しているメールアドレスとは異なるメールアドレスで作成したZoho CRMアカウントと関連付けたい場合、Zoho CRMのアカウントページで自分のアカウントと関連付けをクリックしてください。

Office 365からのユーザーの招待

利用条件

必要な権限:ユーザーの管理
利用可能なプラン:Zoho CRMの有料プラン

Zoho CRMとOffice 365の連携を有効にすると、Office 365のアカウントをZoho CRMのユーザーとして招待できます。ユーザーの招待には以下のような方法があります。

  • 方法 #1:管理者がOffice 365のユーザーに招待を送信
  • 方法 #2 Office 365のユーザーがZoho CRMへの参加を申請

方法1:

管理者がOffice 365のユーザーに招待を送り、ユーザーが招待に同意するという方法です。

Office 365アカウントからユーザーを招待するには

  1. Zoho CRMのアカウントで設定> 設定> ユーザー管理> ユーザーをクリックしてください。
  2. ユーザーのページで、Office 365のユーザーをクリックしてください。

    新しいユーザーのメニューでZoho CRMに新しいユーザーを招待できます。Office 365を利用していなくても構いません。
  3. ユーザーの追加の画面で、一覧から対象のユーザーを選択し保存をクリックしてください。

    選択したユーザーに招待メールが送信されます。

Zoho CRMの招待を受けるには

  1. Office 365アカウント管理者として受け取ったメールに記載されている招待リンクをクリックしてください。
    または、Office 365アカウントで、アプリ欄からZoho CRMアプリを検索してクリックしてください。
  2. Zoho CRMのサインインページで、利用規約に同意できることを確認して、自分の組織のCRMアカウントに参加してください。
    他のメールアドレスで登録したZoho CRMのアカウントと関連付けたい場合は「自分のアカウントと関連付け」をクリックし、既存のZoho CRMのアカウントでサインインしてください。この場合、招待メールを受け取ったメールアドレスではなく、すでに持っていたZoho CRMアカウントで参加することになります。

方法2:

Office 365ユーザーが、CRMへの自分のアカウントの追加を管理者に申請し、管理者が申請を承認するという方法です。

Zoho CRMの組織のアカウントへの参加を申請するには

自分の組織のCRMアカウントへ招待なしで参加したい場合、アカウントへの参加申請を送信できます。

  1. 自分のOffice 365アカウントでアプリのアイコンをクリックしてください。
  2. Zoho CRMアプリを探してクリックしてください。
    自分の組織がすでにZoho CRMのアカウントを持っている場合、Zoho CRMのページでその旨が表示されます。
  3. 参加の申請クリックしてください。
    Zoho CRMの権限設定でユーザーの管理権限が付与されているすべてのユーザーに申請メールが送信されます。

Office 365ユーザーからのZoho CRM参加申請を承認するには

  1. Office 365ユーザーから受け取ったメールに記載されている承認リンクをクリックしてください。
    Zoho CRMのユーザー欄に移動します。
    Zoho CRMのユーザーの管理権の限がある場合のみ、ユーザーを追加できます。
  2. 新しいユーザーの追加の画面で、承認&追加をクリックしてください。
    Office 365ユーザーがZoho CRMユーザーとして追加されます。

Office 365とZoho CRMのカレンダーの同期

Office 365カレンダーをZoho CRMのカレンダーと同期すれば、2つのアプリケーションを切り替える手間なく、両方で予定を効率的に管理できます。Zoho CRMアカウントとOffice 365アカウントでのカレンダーの同期はZoho CRMのすべてのユーザーが有効にできます。

Zoho CRMでOffice 365カレンダーとの同期を有効にするには

  1. Zoho CRMアカウントで設定> 設定> 拡張機能&APIMicrosoftアプリをクリックしてください。
  2. カレンダー欄で有効化をクリックしてください。

    Office 365とZoho CRMの同期が有効になります。Zoho CRMのカレンダーをOffice 365アカウントで確認できます。

どちらかのアプリで作成した予定が両方と同期します。同期した予定はZoho CRMのカレンダーで表示されますが、他のカレンダーでは表示されません。

メモ

  • 自分の予定のみがOffice 365に同期されます。
  • 初回の同期で、Zoho CRMからOffice 365に同期できる予定は最大5000件です。
  • 未来の予定から同期され、次に最近終了した予定が同期されます。
  • CRMにインポートされた予定はOffice 365には同期されません。しかし、Zoho CRMで個別に作成された予定、または、一括更新された予定はOffice 365と同期されます。

Office 365カレンダー同期を無効にするには

  1. Zoho CRMアカウントで設定> 設定> 拡張機能&APIMicrosoftアプリをクリックしてください。
  2. カレンダーの欄で無効化をクリックしてください。

    Office 365とZoho CRMの同期が無効になります。
    または、Zoho CRMのカレンダーをOffice 365アカウントで削除すると、同期を停止できます。

メモ

  • Office 365からZoho CRMの同期を無効にするか、Office 365でZoho CRMのカレンダーを削除した場合、Office 365へ同期された予定も削除されます。ただし、Zoho CRMには予定のデータが残ります。

上へ