CRMヘルプ

商談の管理

営業の組織にとって、商談は組織の売上につながる最も重要なデータです。通常の営業の流れは、見込み客の獲得で始まり、受注/失注で終わります。一連の営業活動の中では、資料の送付、商品の説明、見積書の送付、価格調整などを段階を踏んで行います。営業活動の管理においては、次のような情報を確認することが重要です。

  • 営業の進捗状況
  • 商談の総額(商品の個数と単価)
  • 各ステージでの営業状況と確度
  • 営業の受注/失注の理由
  • 競合
  • 次の期の売上予測

商談の英語名の変更(PotentialsからDealsに)

2016年7月から、商談(Potentials)タブの英語名をDealsに変更しました。日本語版の画面では変更はありません。2016年7月以降にZoho CRMに登録したユーザーは、英語版の画面ではPotentialsではなくDealsタブが表示されます。2016年6月以前にZoho CRMに登録していたユーザーは、Zoho CRMの英語版の画面の商談タブをPotentialsにするかDealsにするか選択できます。商談タブに関してご不明な点はsupport@zohocrm.comまでお問い合わせください(英語対応)。

 

利用条件

必要な権限:商談タブへのアクセス権限(閲覧、作成、編集、共有、削除)が必要です。

商談のホームページ

商談タブをクリックして商談のホームページを表示すると、以下の操作を行えます:

  • データを一覧(ビュー)で表示できます。必要に応じてカスタムビュー(独自の一覧)を作成できます。なお、予め用意されている一覧もあり、設定不要で利用できます(自分の商談、今週の新着商談、今月完了予定の商談、未読の商談など)。
  • データを一括削除するには、削除したいデータをチェックボックスで選択し、削除ボタンをクリックしてください。
  • 詳細オプションではよく使う操作を実行して商談を管理できます。例:一括移動、一括削除、商談のエクスポートなど
  • アルファベット情報条件を用いて検索できます。
  • 詳細フィルターを使って営業優先度順に商談を抽出できます。
  • 商談の詳細情報を印刷できます。

上へ