CRMヘルプ

Microsoft Outlook用プラグイン

Microsoft Outlook用プラグインを利用すると、Zoho CRMMicrosoft Outlook間で連絡先、タスク、予定のデータを同期できます。Microsoft Outlook用プラグインは、Windows向けとMac向けの両方があります。

利用条件

必要な権限:Microsoft Outlook連携を利用できる権限を持つユーザーが利用できます。

主な機能

Zoho CRMのプラグインで利用できる機能(Windiwsユーザー)

  • Microsoft OutlookからZoho CRMに連絡先、カレンダー(予定)、タスクを自動で同期できます。
  • Microsoft Outlookでやりとりしたメールを見込み客、連絡先、商談に関連付けできます。
  • Microsoft Outlookで受信したメールを、そのままZoho CRMの見込み客/連絡先に関連付けたりファイルを添付したりできます。
  • Microsoft OutlookからZoho CRMに連絡先、カレンダー(予定)、タスクをエクスポートできます。
  • メールを問い合わせとして追加できます。
  • Zoho CRMと同期した連絡先、カレンダー、タスクのデータが重複している場合、重複したデータを統合できます。

Zoho CRMのプラグインで利用できる機能(Macユーザー)

  • Microsoft OutlookからZoho CRMに連絡先、カレンダー(予定)、タスクを同期できます。
  • Microsoft OutlookでやりとりしたメールをCRMの商談に関連付けできます。
  • Zoho CRMと同期した連絡先、カレンダー、タスクのデータが重複している場合、重複したデータを統合できます。

システム要件

Windowsユーザー

  • ハードウェア ハードウェア:x486、256MB以上のメモリー、ハードディスクに10MB以上の空き領域が必要
  • OS Windows Vista、Windows 7または8
  • ソフトウェア Microsoft Word 2007、2010、2013

Mac ユーザー

  • OS Mac OS X 10.6以上
  • ソフトウェア Mac用Microsoft Outlook 2011

Microsoft Outolook用プラグイン

インストールと設定

ダウンロードとインストール | MS OutlookでのZoho CRMへのサインイン
Google/Yahoo/Facebookでのサインイン | カテゴリーの設定 | 同期の設定

利用方法

データの同期 | データのエクスポート | CRMへのメールの追加
メールの追加 | Zohoのカテゴリーへの追加/カテゴリーからの削除

Macユーザー用Zoho CRMプラグイン

ダウンロードとインストール | MS OutlookでのZoho CRMへのサインイン
Google/Yahoo/Facebookでのサインイン | カテゴリーの設定 | 同期の設定

利用方法

データの同期 | Zoho CRMの見込み客、連絡先、商談へのメールの追加

上へ