CRMヘルプ

MacでのZoho CRMプラグインの設定

連絡先、タスク、カレンダーの予定を同期させる前に、基本設定を行う必要があります。

MS Outlook用Zoho CRMプラグインへのサインイン

Zoho CRMの認証情報によるサインイン

はじめに、Zoho CRM - MS OutlookオプションにZoho CRMのアカウント情報でサインインする必要があります。Google Apps、Google、Yahoo、Facebookの認証情報を使用してサインインすることもできます(この場合、使用する認証情報は異なります)。 参照:他のサービスの認証情報によるサインイン

メモ

  • Microsoft Outlook用Zoho CRMプラグインにサインインできない場合、認証トークンの制限(10件のトークン)を超えている可能性があります。www.accounts.zoho.com にサインインし、以下の手順にしたがって有効な認証トークンを削除した上で、Microsoft Outlook用のCRMプラグインにサインインしてください。
    • ホームのタブで、有効な認証トークンをクリックしてください。
    • 有効な認証トークンのページで、対象の認証トークンに対応する削除をクリックしてください。

MS Outlook用Zoho CRMプラグインにサインインするには

  1. Microsoft Outlookを開き、プラグインのダウンロード メニューバーをクリックし、サインインしてください。
  2. サインインのページで、Zoho アカウントのメールアドレス/ユーザー名パスワードを入力してください。
  3. 次回から、自動的にZoho CRMにサインインしたい場合、サインイン情報を保持するようにチェックしてください。
  4. サインインをクリックしてください。
    サインインするとMicrosoft OutlookでZoho CRMのプラグインが有効になります。

2段階認証が有効な場合のZoho CRMプラグインへのサインイン

2段階認証は、Zohoのアカウント保護のため携帯電話で行える追加のセキュリティ対策です。2段階認証を有効にしている場合、アプリケーション固有のパスワードを設定します。MS OutlookオプションにZoho CRMでサインインするためのパスワードを設定してください。

2段階認証が有効な場合にZoho CRMにサインインするには

  1. https://accounts.zoho.comにアクセスしてください。
  2. 2段階認証のリンクをクリックしてください。
  3. 2段階認証ページで、 アプリケーション専用のパスワードの管理をクリックしてください。
  4. アプリケーション専用のパスワードの入力ページで、以下の操作を行ってください。
    • テキスト欄に端末のアプリ名を入力してください。
    • Zohoのサインイン時に使用している現在のパスワードを入力してください。
    • 作成をクリックしてください。ランダムなパスワードが作成されます。
      Zohoにサインイン時のメールアドレスとMicrosoft OutlookにZoho CRMでサインインする際に作成されるパスワードを使用できます。

Google Apps、Google、Yahoo、Facebookの認証情報によるサインイン

Zoho CRMにGoogle、Google Apps、Yahoo、Facebookのアカウントでサインインしているユーザーは、Microsoft Outlook用に異なる認証情報を利用しなくてもMicrosoft Outlook用プラグインを使用できます。同じメールアドレスを使用できますが、Microsoft Outlook用Zoho CRMプラグイン用の新しいパスワードを作成する必要があります。

Google Apps、Google、Yahoo、Facebookの認証情報でZoho CRMにサインインしている場合にMicrosoft Outlook用Zoho CRMプラグインにサインインするには

  1. https://crm.zoho.comにアクセスしてください。
  2. サインインのページで、 パスワードを忘れた場合のリンクをクリックしてください。
  3. パスワードの再設定ページで、Zoho CRMのサインイン時に利用しているGoogle Apps、Google、Yahoo、Facebookで登録したメールアドレスを入力してください。
  4. 認証用の画像の文字を入力し、申請をクリックしてください。
    パスワードをリセットするリンクが記載されたメールが、入力したメールアドレスに送信されます。
  5. パスワードをリセットし、再設定したパスワードを、Google Apps、Google、Yahoo、Facebookに登録したメールアドレスと一緒にZoho CRMへのサインインに使用してください。

メモ

  • プラグインのダウンロードのアイコンが表示されない場合は、アプリケーションからMicrosoft Outlook用Zoho CRMプラグインを起動してください。

連絡先、タスク、カレンダーのカテゴリーとフォルダーの設定

連絡先かタスクの同期を設定する際にデータを同期させるフォルダーを設定できます。連絡先とタスクにはカテゴリーがありません。カレンダー(予定)にはデータの同期に関するカテゴリーがあります。

カテゴリーとフォルダーを設定するには

  1. メニューのバーで、プラグインのダウンロード>設定をクリックしてください。
  2. 設定の画面で、連絡先/タスクのフォルダー変更のリンクをクリックしてください。
    ここで選択したフォルダーのデータのみZoho CRMと同期されます。
  3. カレンダーのカテゴリーに対応する変更リンクをクリックし、以下のいずれかを行ってください:
    • Zohoのカテゴリーを選択してください。該当のカテゴリーのデータのみ同期されます。
      すべてのデータ(カテゴリーに関係なく)を同期させたい場合、すべてのカテゴリーを選択してください。
    • 特定のカテゴリーのデータのみ同期するには、そのカテゴリーを選択してください。
  4. OKをクリックしてください。

不一致の解消の設定

同期中にデータの不一致がある場合の処理方法を設定できます。データの不一致がある場合、選択した内容に応じてデータが更新されます。新しいデータを追加したときにこの内容は適用されないことに注意してください。

不一致の解消方法を設定するには

  1. プラグインのダウンロード>設定をクリックしてください。
  2. 設定の画面で、不一致の解消の設定に関して以下のいずれかを選択してください。
    • Zoho優先 - Zoho CRMの値でMicrosoft Outlookの値を上書きします。
    • Outlook優先 -Microsoft Outlookの値で、Zoho CRMの値を上書きします。
  3. OKをクリックしてください。

関連情報

Zoho CRMプラグインのインストール | MS Outlook用Zoho CRMプラグインの利用手順

上へ