CRMヘルプ

パルスの利用

パルスの機能が改善しました。
Zoho CRMのフィードをお試しください!

項目の設定

まずはじめに、データをフォローする必要があります。フォローを開始すると、項目の設定のリンクが表示され、項目を設定できるようになります。項目の設定では、更新情報を追跡したい項目を5件まで選択できます。選択した項目での変更内容が、パルスタブで表示されます。
例: 見込み客のステータス項目が選択されたとします。松本さん(ユーザー)が鈴木さん(見込み客)のステータスを連絡済み(不在)から連絡済みに変更したとします。このデータに対する投稿は「松本さんが見込み客のステータスを連絡済み(不在)から連絡済みに更新しました」となります。
見込み客のステータスが項目設定で選択されていない場合は「見込み客(鈴木さん)が松本さんによって更新されました」と表示されます。

利用条件

必要な権限:管理者権限を持つユーザーが項目の設定を変更できます。

メモ

  • 複製された管理者権限を持つユーザーはアクセスできません。
  • 項目の設定を表示するには、いずれか1件はデータをフォローしてください。
  • 項目の設定は、各タブで個別に設定が必要です。
  • こちらでは最大5件まで項目を選択できます。
  • 選択しなかった項目に対する変更の詳細は表示されません。ユーザーが行った変更のみが通知されます。
  • テキスト(複数行)の項目を除いて、すべての標準項目とカスタム項目を選択できます。

以下は、項目の設定の初期設定で選択されている項目の一覧です。

タブ 項目
見込み客
  • 見込み客のステータス
  • メール送信対象から除外(オプトアウト)
  • 見込み客の担当者
取引先
  • 取引先の種類
  • 取引先の担当者
連絡先
  • 電話
  • メール送信対象から除外(オプトアウト)
  • 連絡先の担当者
商談
  • 総額
  • 完了予定日
  • ステージ
  • 商談の担当者

項目の設定

  1. 管理者権限をもつアカウントでZoho CRMにサインインしてください。
  2. パルスタブをクリックしてください。
  3. パルスタブで項目の設定のリンクをクリックしてください。
  4. 項目の設定のポップアップで編集をクリックしてください。
  5. 更新情報を追跡したい項目を選択してください。
    項目は最大5件まで選択できます。
  6. 保存をクリックしてください。

データのフォロー/フォローの解除

権限の設定でパルス機能を有効にすると、権限のあるユーザーは見込み客、取引先、連絡先、商談タブのデータに関して、フォロー/フォローの解除をすることができます。データのフォローを開始すると、その活動と更新がパルスタブに表示されます。フォローのワークフローを利用して、データのフォロー/フォローの解除を自動化することもできます。

メモ

  • ユーザーは、アクセス可能なデータに対してフォローできます。フォローしたデータの更新情報は、パルスの画面から閲覧できます。
  • フォローできるデータの数には制限があります。見込み客、取引先、連絡先、商談タブのデータのみ利用できます。

以下の活動と更新情報がパルスタブに記録されます:

  • データ(見込み客、連絡先、取引先、商談)の削除と追加。
  • 一覧表示(リストビュー)からの個別/複数のデータの削除、データの一括削除。
  • データの更新(例:データの項目の更新)。
  • データの一括更新。
  • ワークフロー(項目の更新)によるデータの項目の更新。
  • 活動の追加と更新(例:タスク、予定、電話)。
  • タスクの完了。
    終了日時の後に完了した活動に自動で移動された予定を除く)
  • ワークフロー(タスク)によるタスクの追加。
  • 見込み客、連絡先へのメール送信。
  • メモの追加と編集。
  • 取引先の商談&連絡先の追加。
  • データの担当者の変更。
  • ごみ箱からのデータの復旧(個別または一括)。
  • マクロでの通知、タスク、ファイル更新。
以下の活動と更新は記録されません:
  • 取引先に関連付けられていない連絡先または商談の編集。
  • データの関連リストの削除。

データのフォロー/フォローの解除をするには

  1. 見込み先、取引先連絡先商談タブのいずれかをクリックして、データを選択してください。
  2. [データの詳細]ページでフォロー/フォローの解除をクリックしてください。
    パルスタブをクリックし、該当のデータのフォロー/フォローの解除をクリックしてください。

期間の設定

期間には1から180までの日数を設定できます。この期間に基づいて、自分がフォローしているデータが2つの欄に分かれて一覧表示されます。

  • 指定された期間に更新がないデータ - 最大6か月以上動きのない重要な見込み客を把握できます。
  • 指定された期間内に更新されたデータ - フォローしているデータの活動や変更を把握できます。

例:過去5日間、活動や更新のないデータを表示させたいとします。パルスの期間を5に設定してください。過去5日間更新されていないデータが表示されます。最後の更新が5日以上前のデータ(最大180日前)がのみが表示されます。

パルスの期間を設定するには

  1. パルスタブをクリックしてください。
  2. パルスの期間のスライダーを目的の数字に合わせてください。
    スライダーは1から180の間で設定できます。テキスト欄に1から180の数字を入力することもできます。

フォロー中のデータの表示

自分がフォロー中のメニューでは、自分がフォローしているデータの状況をかんたんに確認できます。この期間に基づいて、自分がフォローしているデータが2つの欄に分かれて一覧表示されます。

フォロー中のデータを表示するには

  1. パルスタブをクリックしてください。
  2. すべて見込み客、取引先、連絡先、商談タブのいずれかをタブの一覧から選択してください。
  3. 自分がフォロー中のリンクをクリックしてください。
    自分がフォローしている見込み客、連絡先、取引先、商談の一覧が表示されます。

更新履歴の表示

パルスの機能を使用すると、Zoho CRMで重要な見込み客、取引先、連絡先、商談に関するフォロー/フォローの解除をすることができます。この機能により、データのすべての変更を把握できます。更新されたデータ更新されていないデータの欄では、自分がフォローしているすべてのデータと、フォロー後のすべての変更の履歴を一覧表示できます。

更新履歴を表示するには

  1. パルスタブをクリックしてください。
  2. 見込み客、取引先、連絡先、商談タブのいずれかをタブの一覧から選択してください。
  3. 指定したユーザーが担当するデータのみを表示したい場合は、担当者名の一覧からユーザー名を選択してください。
  4. データを選択してください。更新履歴が表示されます。

メモ

  • 次回以降、担当者名タブのフィルターが初期状態として設定されます。
  • 更新されたデータの欄では、最新から一番古いデータまで一覧表示されます。
  • 概要表示は、該当のデータのタブでの表示と同じ表示です。
  • パルスタブのデータでは、概要表示ビューの詳細項目は利用できません。
  • 各データのフォロワーの数(そのデータをフォローしているユーザーの数)が表示されます。

上へ