CRMヘルプ

見積書の作成

Zoho CRMでは、見積書の詳細フォームにデータを入力して見積書を作成できます。

メモ

  • 組織の設定によっては、標準の項目が表示/編集できない可能性があります。
  • 項目の追加や修正、各項目の使用方法を確認するには、自分の組織の管理者に問い合わせてください。

見積書を1件ずつ登録する

見積書を作成するには

  1. 見積書タブで見積書の作成をクリックしてください。
  2. 見積書の作成ページで、必要な項目を入力してください。
  3. 商品の詳細の欄で商品の追加をクリックしてください。
  4. 「商品の選択」のポップアップで、商品名または商品コードを最低1文字入力し、請求書に記載する商品を一覧から検索して選択してください。追加する商品は、一覧から選択する必要があります。直接入力するなど、他の方法で追加することはできません。また、商品名をスペースで区切ると検索結果に影響します。例えば、商品名が「絶品 玉子焼き」(2単語)として登録されている場合、「玉子焼」と入力すると「絶品 玉子焼き」が表示されます。もし「絶品玉子焼き」として登録している場合、「玉子焼」で検索しても結果に表示されません。この場合、検索時には「絶品玉」と入力してください。

    一覧に表示される商品一覧の詳細が知りたい場合は、商品の隣の情報アイコンにマウスのカーソルを合わせてください。
  5. 選択した商品の希望数量を入力してください。
    選択した商品の在庫量の詳細が知りたい場合は、量のテキスト欄の隣の情報アイコンにマウスのカーソルを合わせてください。
  6. 必要に応じて、商品の追加のリンクをクリックして、商品の行を追加してください。
    見積書に追加できるのは100行(商品100件)までです。
  7. 商品の行を追加したら、商品の追加をクリックして見積書に商品を追加してください。選択した行に、詳細情報(選択した商品の税金、価格、割引、商品の詳細)が自動的に入力されます。

    複数の商品を記載する場合、ドラッグ&ドロップで商品の列を並べ替えられます。原価在庫量を見るには、商品名または商品コードにカーソルを合わせてください。割引後の合計金額を見るには割引の値にカーソルを合わせてください。

    関連する価格表から価格を適用したい場合、価格表のアイコンをクリックし、対象の価格表を検索して選択してください。
  8. 商品項目の詳細を編集するには、税や割引などの値にカーソルを合わせると「編集」アイコンが表示されます。こちらをクリックしてください。一つの項目の値を変更すると、自動的に関連する項目の値も変更されます。

    価格表の割引の詳細を見るには割引の値にマウスのカーソルを合わせ、表示される情報アイコンをクリックしてください。
  9. 保存をクリックしてください。

メモ

  • 商品の詳細の欄はカスタマイズできません。この欄に支払い情報などを記載することはできません。

見積書を複製するには

  1. 見積書タブをクリックして、複製する対象の見積書をクリックしてください。
  2. 見積書の詳細ページで [ 詳細アイコン]をクリックし、複製をクリックしてください。
  3. 見積書の複製ページで、必要に応じて詳細を変更してください。
  4. 保存をクリックしてください。

見積書を他のデータに関連付ける

見積書に関連する受注書、タスクや予定などのデータを関連付けてー表示・管理できます。

  • 受注書:見積書に関連付けられた受注書を確認できます。
  • 未完了の活動:見積書に関連するタスクと予定を追加できます。
  • 完了した活動:完了した活動が表示されます。
  • 添付:ファイルを添付できます。
  • メール:メールの内容を表示できます。

見積書を受注書/請求書へ変換する

見積書を受注書/請求書へ変換するには

  1. 見積書のタブをクリックしてください。
  2. 見積書のホームページで、該当の見積書を選択してください。
  3. 見積書の詳細ページで変換をクリックし、 受注書/請求書を選択してください。
    受注書/請求書の詳細ページが表示されます。

メモ

  • 見積書にカスタム項目を追加している場合、受注書/請求書で該当のカスタム項目に関連付ける必要があります。見積書を変換する前に関連付けてください。

見積書タブのカスタム項目を関連付けるには

  1. [設定アイコン]をクリックし、設定 > カスタマイズ > タブをクリックしてください。
  2. 見積書にカーソルを合わせ、タブの一覧から[ 詳細アイコン]をクリックしてください。
  3. 見積書の変換時の関連付けをクリックしてください。
  4. 見積書の変換時の項目の関連付けの設定ページで、見積書のカスタム項目を受注書/請求書で該当する項目に関連付けてください。
  5. 保存をクリックしてください。
    見積書のカスタム項目が受注書/請求書の該当の項目に関連付けられます。見積書の変換時に、この設定にしたがって値を変換できます。

見積書を一括変換する

見積書タブで変換したい項目の一覧から複数のデータを選択すると、見積書の一括変換ができます。

見積書を一括変換するには

  1. 見積書タブをクリックしてください。
  2. 見積書の一覧から、変換したいものを選択してください。
  3. 詳細アイコン> 一括 変換をクリックしてください。
  4. 一括変換の画面で、次の手順で操作してください:
    • 見積書の変換先の項目で受注書または請求書を選択してください。
    • 変更のリンクをクリックし、見積書を変換した後の受注書または請求書の担当者としてユーザーを1人選択してください。初期設定では、変換前の見積書の担当者がすべての受注書または請求書の担当者になります。
  5. 変換をクリックしてください。

上へ