CRMヘルプ

セキュリティ管理

どんな企業にとってもですが、特に広いネットワークの世界で電子取引をしている企業にとって、セキュリティ対策は大事な問題です。セキュリティ管理はとても重要で、会社のすべての部署に影響する問題です。

すべてのセキュリティ対策の基本は、必要な人にのみデータにアクセスさせるようなアクセス制限です。

Zoho CRMなら、Zoho CRMの機能とデータへの権限を設定できるセキュリティ機能がそろっています。管理者が組織のアカウント内でセキュリティに関する設定を行えます。

役職の設定機能により、組織の階層に基づいて、ユーザーがアクセスできるデータを制限できます。一方、権限の設定機能により、CRMで必要な機能のみを使えるように権限を設定できます。また、業務上の権限が似ているユーザーに、データ別のアクセス権限を追加で許可できる機能もあります。

 

ユーザーの管理

Zoho CRMアカウントのすべてのユーザー情報を一元管理し、不要なユーザーを無効化できます。
ユーザーの追加 | ユーザーの再招待 | ユーザーの有効化/無効化 | ユーザーの削除| 許可するIPアドレス

権限の管理

ユーザーのアクセス権限を設定する権限を作成できます。タブ別と機能別の権限を設定可能です。
権限の作成 | 権限の管理 | ユーザーの割り当て 

役職の管理

CEO、営業部長、マーケティング部長などの社内の役職を作成できます。
役職の作成 | 役職の割り当て

テリトリー管理

データの担当者ではなく、顧客や商品の属性(商品/サービスの種類、、地域、業界など)で顧客を分類できます。
テリトリーの作成 | テリトリーの割り当て | 意思決定ガイド

グループの管理

グループを作成して、グループのメンバー同士でデータを共有できます。
データの共有 | グループの割り当て

データの共有ルール

同僚、上司、部下とデータを共有するのに便利なルールを設定できます。
データの共有範囲の管理 | データの共有ルールの作成

上へ