CRMヘルプ

ユーザーの有効化/無効化

ユーザーの有効化/無効化

組織内でユーザーの役職の階層が変わったり、他部署に異動になったりすることがあります。このような場合、担当していたデータを他のユーザーに引き継いでからユーザーを無効化してください。ユーザーの無効化とユーザーの削除は違います。ユーザーを無効化した場合:

  • 無効にしたユーザーは、Zoho CRMにアクセスできなくなります。
  • 無効化されたIDでサービスにサインインすることはできません。
  • 無効化されたユーザーの分のライセンスを使って、他のユーザーを追加できます。
  • ユーザーのライセンスは解約されません。購入したライセンス数に対して課金されます。
  • ユーザーは無効なユーザーの一覧に表示されます。
  • ユーザーを再度有効にしたい場合は、無効なユーザーをもう一度招待できます。

ユーザーを無効化するには

  1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
  2. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >ユーザーをクリックしてください。
  3. ユーザーページで有効なユーザーの一覧を選択してください。
  4. 有効なユーザーの欄で、編集をクリックしてください。
  5. ユーザーの一覧で、無効化したいユーザーのチェックボックスからチェックを外してください。
  6. 保存をクリックしてください。
    ユーザーが無効化され、該当のユーザーにシステムから自動通知メールが送信されます。

ユーザーを有効化するには

    1. 管理者権限を持つユーザーで、Zoho CRMにサインインしてください。
    2. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >ユーザーをクリックしてください。
    3. ユーザーのページで有効なユーザーの一覧を選択してください。
    4. 有効なユーザー 欄で編集をクリックしてださい。
    5. ユーザーの一覧で、有効化したいユーザーのチェックボックスにチェックを入れてください。

 

      ユーザーが有効化され、該当のユーザーにシステムから自動で通知メールが送信されます。

 

メモ

  • 有効なユーザーのみが使用しているユーザーのライセンス数に含まれます。

ユーザーの削除

組織のユーザーが退社して利用人数が減った場合は、CRMアカウントからメンバーを削除してください。Zoho CRMからのユーザーの削除と、Zoho アカウントの削除は違います。ユーザーはZoho CRMのみで削除されます。

ユーザーを削除した場合:

  1. 削除の取り消しはできません。該当のメンバーがCRMへアクセスできないようにしたいが、削除すべきか未確定の場合は無効化できます。
  2. 削除されたユーザーが担当していたデータはZoho CRMに残ります。残ったデータはいつでも他のメンバーに割り当てられます。ユーザーを削除する前にデータを引き継いでおくことを推奨します。参考: データの担当者を一括変更するには
  3. 削除されたユーザーをもう一度招待することはできません。削除したユーザーを招待した場合、ユーザーはZoho CRMに別の新しいユーザーとして再度追加されます。
  4. アカウントの特権管理者のみがユーザーを削除できます。
  5. Zoho CRMから削除されたユーザーでも、同じメールアドレスで問題なく他のZoho サービスにアクセスできます。
  6. 削除されたユーザーが設定したすべての連携は、削除後に取り消されます。
  7. ユーザーを削除してもユーザーのライセンスは解約されません。ライセンスを解約するには、ライセンスの管理から行ってください。

ユーザーを削除するには

  1. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >ユーザーをクリックしてください。
  2. 削除したいユーザーをクリックしてください。
  3. ユーザーの詳細欄の最後にあるこのユーザーを削除のボタンをクリックしてください。
    ユーザー削除の注意事項を確認し、操作を確定してください。ユーザーがZoho CRMから削除され、削除されたユーザー一覧に表示されます。

オプションとプラグインの有効化(以前の料金体系のみ)

以前の料金体系でZoho CRMを購入したユーザーは、オプションとプラグイン(Zoho メールオプション、MS Outlook用Zoho CRMプラグインなど)のライセンスを個別に購入する必要があります。

オプションやプラグインを購入後、ユーザーに個別で有効化する必要があります。有効化してから、オプションやプラグインをユーザーが利用できるようになります。

メモ

  • 新しい料金体系でこれらの連携を有効化/無効化するには、権限設定のアプリの権限から行ってください。管理者は、すべてのユーザーの権限設定から連携を有効化/無効化できます。
  1. 設定 > ライセンス管理 > ユーザーの有効化をクリックしてください。
  2. ユーザーの有効化のページで、編集をクリックしてください。
  3. 該当のユーザーの必要なオプションとプラグインのチェックボックスにチェックを入れてください。
  4. 保存をクリックしてください。

Zohoアカウントの削除(アカウントの解約)

すべてのZoho サービスの利用をやめたい場合、Zohoアカウントを削除できます。

Zoho アカウントを完全に削除するには

  1. https://accounts.zoho.comへサインインしてください。
  2. アカウントの削除オプションを選択してください。

重要なお知らせ:

  • アカウントを削除すると、Zohoサービスにはアクセスできなくなります。
  • 削除する前に、Zoho CRMとその他のZohoサービスからすべてのデータをエクスポートしたかご確認ください。
  • 一旦アカウントを削除すると、Zohoサービス内のすべてのデータがすぐに削除され、その後元に戻すことはできません。

パスワードのリセット

すべてのユーザーが個別にパスワードをリセットできます。サインインページでパスワードを忘れた場合用のリンクをクリックしてください。

パスワードをリセットするには

  1. Zoho CRMのサインインページからパスワードを忘れた場合用のリンクをクリックしてください。Zohoアカウントのページに自動的に移動します。
  2. Zohoアカウントページ
    • メールアドレス:アカウント情報に登録したメールアドレスを入力してください。
    • 画像の文字:画像中に表示されている文字を入力してください。
  3. 申請をクリックしてください。
    該当のメールアドレスにシステムからの通知メールが送信されます。
  4. メール内の「こちら」リンクをクリックしてください。Zohoアカウントのパスワードをリセットページに自動的に移動します。
  5. パスワードのリセットページで新しいパスワードを入力してください。
  6. 変更をクリックしてください。
    新しいパスワードですべてのZohoサービスにサインインできるようになります。

よくある質問

1.新しいユーザーを追加できないのはなぜですか?

2.ユーザーの権限を変えるにはどうすればいいですか?

3.ユーザーを無効化したらどうなりますか?

上へ