CRMヘルプ

役職の作成

役職の作成

Zoho CRMの有料プランの初期設定では、CEOと管理者の役職が利用できます。また、組織の階層とZoho CRMのプランに合わせて、異なる種類の役職を作成できます。

メモ

  • 管理者権限を持つユーザーは、割り当てられた役職に関係なく、すべてのデータにアクセスできます。

新しい役職を作成するには

  1. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >セキュリティ管理> 役職をクリックしてください。
  2. 権限の欄で、+新しい権限をクリックしてください。
  3. 新しい役職のページで、次の内容を設定してください:
    • 役職名を入力してください。同じ名前の役職を追加しないでください。
    • 報告先ルックアップから、直属の上司の役職を選択してください。
      上司の役職を選択しなかった場合、新しい役職がCEOの直下に作成されます。
    • 同じ役職のユーザー同士でアクセスを許可したい場合、同じ役職のユーザーにデータを共有のチェックボックスにチェックを入れてください。
    • 役職の詳細情報を入力してください。
  4. 保存をクリックしてください。

メモ

  • Zoho CRMアカウントに2ユーザー以上登録されている場合のみ役職を作成できます。

役職のユーザーへの割り当て

役職の作成後、組織のユーザーに役職を割り当てられます。 管理者権限を持つユーザーは、割り当てられた役職に関係なく、すべてのデータにアクセスできます。

役職をユーザーに割り当てるには

  1. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >セキュリティ管理をクリックしてください。
  2. ユーザーページで<ユーザー名>をクリックしてください。
  3. ユーザーの詳細ページで、編集をクリックしてください。
  4. ルックアップから該当の役職を選択してください。
  5. 保存をクリックしてください。

役職の編集

組織の階層の変化に合わせて、ユーザーの役職を編集できます。役職の編集では以下が可能です:

  • 役職の名前の変更
  • 上位の役職の変更
  • 同じ役職のユーザーとのデータの共有設定の変更

役職の名前を変更すると、すべてのデータの共有ルールが自動的に更新されます。データの共有ルールを再実行したり、ユーザーの詳細を更新したりする必要はありません。

メモ

  • 管理者権限のあるユーザーは、割り当てられた役職に関係なく、すべてのデータにアクセスできます。

役職を編集するには

  1. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >役職をクリックしてください。
  2. 役職の一覧で、役職名をクリックしてください。
  3. 役職の詳細ページで、編集をクリックしてください。
  4. 役職の編集ページで、役職の内容を更新してください。
  5. 保存をクリックしてください。

役職の削除

ユーザーに新しい役職を割り当てるまで、既存の役職は削除できません。

役職を削除するには

  1. 設定> 設定 > ユーザーと管理 >役職をクリックしてください。
  2. 役職ページで、役職名をクリックしてください。
  3. 役職の詳細ページで、削除をクリックしてください。
  4. 役職の削除のページで、対象の役職(下位の役職を含む)の削除後の移行先の役職を、既存の役職から選択してください
  5. 移行&削除のをクリックしてください。
    これで、対象の役職とその下位の役職が新しい役職に割り当てられ、組織の階層が再作成されました。

よくある質問

1.自分がインポートしたユーザーの役職と権限は何になりますか?

2.同僚にデータを共有するにはどうすればいいですか?

3.役職と権限の違いは何ですか?

上へ