CRMヘルプ

LinkedIn連携

Zoho CRMとLinkedInを連携すると、誰かに連絡する前に必要な顧客情報や顧客の機密情報をZoho CRM内から把握できます。見込み客と連絡先をLinkedInプロフィールと関連付け、様々な更新を分析し、新たな営業機会を創出するのに役立ちます。

利用条件

必要な権限:ソーシャル連携を管理する権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

メモ

  • LinkedIn連携は見込み客連絡先タブのみで利用できます。
  • この機能にアクセスできるユーザー数に上限はありません。
  • LinkedInプロフィールからのデータは、データ共有の設定に応じて利用できます。

ユーザーの有効化

初期設定では、この機能は標準の管理者権限のすべてのユーザーで有効です。管理者は他の権限のユーザーに対して、この機能を有効化する必要があります。

標準の権限では、機能への権限を編集できません。つまり、標準の権限のユーザーにこの機能を有効化することはできません。ただし、新しい権限を作成して、そのユーザーにLinkedIn連携を有効化することはできます。権限設定のリンクへは設定画面からアクセスできます。 権限設定へアクセスできるのは、2ユーザー以上でZoho CRMを利用している場合に限られます。

ユーザーを有効化するには

  1. 設定 > ユーザーと権限 > 権限設定をクリックしてください。
  2. 権限ページで、LinkedIn連携を有効化したい権限の編集リンクをクリックしてください。
  3. 一般的な権限ソーシャル連携のチェックボックスにチェックを入れてください。

  4. 保存をクリックしてください。

LinkedInでの自分の認証

まず、LinkedInアカウントの認証情報で自分を認証する必要があります。この機能を使うすべてのユーザーは認証が必要です。最初の1度だけです。もし必要であれば、あとから認証を取り消すこともできます。 参考情報: LinkedIn連携の無効化

メモ

  • 認証に使用されたLinkedInアカウントに関連付けられたメールアドレスとパスワードがZoho CRMアカウントに関連付けられます。
  • 認証中、自動でアクセスを取り消す設定ができます。

LinkedInで自分を認証するには

  1. 見込み客/連絡先タブをクリックしてください。
  2. 見込み客/連絡先の一覧から、データを選択してください。
  3. 見込み客/連絡先の詳細ページで、(LinkedInのアイコン)をクリックしてください。
  4. ポップアップで認証をクリックしてください。
  5. ポップアップでLinkedInのメールアドレスパスワードを入力して認証してください。

  6. 認証を設定するには変更リンクをクリックしてください。
  7. はい、許可しますをクリックしてください。

LinkedInのプロフィールと見込み客/連絡先の関連付け

認証後、CRMの見込み客/連絡先とLinkedInのプロフィールを関連付けられます。以下の操作が可能です:

  • 見込み客/連絡先のLinkedInのプロフィール(学歴、職歴など)の表示。
  • 非公開のメッセージの送信。
  • 見込み客/連絡先のLinkedIn投稿の表示。
  • 更新へのコメントを投稿。
  • LinkedInの投稿へのいいね!、または、いいね!の取り消し

CRMの見込み客/連絡先とプロフィールを関連付けるには

  1. 見込み客/連絡先のタブをクリックしてください。
  2. 見込み客/連絡先の一覧から、LinkedInのプロフィールを関連付けたい相手を選択してください。

  3. 見込み客/連絡先の詳細ページから(LinkedInのアイコン)をクリックしてください。
    見込み客/連絡先の名前と合致したLinkedInのプロフィールが一覧表示されます。
  4. 検索条件を変更するには検索の変更をクリックしてください。
  5. 関連付けたいプロフィールの関連付けをクリックしてください。
    LinkedInのプロフィールはいつでも無効化/変更できます。

Zoho CRMでのLinkedInのデータ

CRMから、非公開のメッセージを送信できます。

重要なお知らせ

この機能を利用中、一部の操作が実行できない場合、Zoho から以下の通知を受け取ります。「LinkedInから情報を取得できません。 しばらくこの操作は実行できません。 時間をおいてもう一度試してください。

これはLinkedInのリクエスト制限回数に達したためです。Facebook/LinkedIn/Twitterなどのソーシャルネットワークは、24時間ごとにリセットされる制限回数があります。回数の制限がある活動は以下です:

  • LinkedInプロフィールの検索
  • 非公開メッセージの送信
  • 招待メールの送信
  • ネットワークの更新の取得
  • プロフィールの詳細の表示

LinkedInのプロフィールの関連付けの削除

LinkedInプロフィールと見込み客/連絡先の関連付けが不要になった場合、関連付けを削除できます。後から必要になった場合は、再度見込み客/連絡先にプロフィールを関連付けることもできます。

LinkedInのプロフィールの関連付けを削除するには

  1. 見込み客/連絡先のタブをクリックしてください。
  2. 見込み客/連絡先一覧から、LinkedInのプロフィールとの関連付けを削除する対象を選択してください。
  3. 見込み客/連絡先の詳細のページで、(LinkedInのアイコン)をクリックしてください。
    関連付けられたLinkedInのプロフィールが表示されます。

  4. 関連付けの解除をクリックしてください。

LinkedIn連携の無効化

LinkedIn連携をやめたい場合、認証を取り消して連携を無効化できます。

LinkedIn連携を無効化するには

  1. LinkedInアカウントにサインインしてください。
  2. LinkedInの設定へ移動し、グループ、会社、アプリをクリックしてください。

  3. アプリケーション自分のアプリを表示をクリックしてください。
  4. 認証したアプリのページでZohoのチェックボックスを選択してください。
  5. 削除をクリックしてください。
    LinkedIn連携が無効化されます。
    この機能をもう一度使いたいときは、LinkedInで自分を認証する必要があります。 参考情報: LinkedIn連携の認証

メモ

  • アクセスを取り消した後、CRMアカウントに反映されるまで30分ほどかかります。
  • CRM内にはLinkedIn連携を取り消す設定画面はありません。

上へ