CRMヘルプ

テリトリー管理

テリトリーとは

テリトリーは、顧客の分類をあらわし、分類ごとに営業担当者を設定でき、データを共有する際に役立ちます。例えば、地域、業界、商品、ランクなどをもとにテリトリーを設定して顧客を分類できます。

テリトリー管理とは

事業を複数の地域で行っていたり、複数のオフィスや部署・部門があったり、多数の商品/サービスを提供していたりする場合、どの顧客にどの営業担当者を割り当てるかを整理するのは大変です。また、時には異なるチームのメンバーと、共同で営業活動を行う場合もあります。特定の顧客のデータだけを毎回手動で共有するもの手間がかかります。

テリトリー管理は、顧客や商談のデータを分類して共有するのに役立つ機能です。異なる部署や拠点間での顧客情報の共有を簡単にできます。必要な人に必要なデータを、柔軟に共有できます。参考:テリトリー管理の利用の判断基準

Zoho CRMにおけるテリトリー管理


利用条件

必要な権限:管理者権限を持つユーザーがこの機能を利用できます。

主な利点

  • データ構造がシンプルになる - 複雑な販売形態を持つ組織でも、テリトリーを使用して、異なる部署やユーザー間で顧客データを簡単に共有できます。担当者ではなく、顧客の属性を基にデータを分類する際に便利です。
  • 営業対応に集中できる環境の提供 - テリトリーを使用して顧客データを割り当てることで、より効率的な営業活動が行えるようになり、営業対応に集中できます。また、データを探す時間を減らし、顧客対応の時間を増やすことで営業チームの効率があがります。
  • 営業チームの業績の適切な評価 - テリトリーごとの営業レポートを作成して、テリトリーごとに営業チームの効率を評価・測定できます。また、各テリトリーの売上貢献度を把握できます。
  • テリトリーごとの目標設定と売上予測る - CRMのユーザーが所属しているテリトリーごとに売上予測の目標を設定できます。これによって、ユーザーは各テリトリーに設定された目標を明確に把握できます。

テリトリー管理の利用の判断基準

テリトリー管理の機能を利用すべきかどうか判断するのに役立つ情報です。
役職とテリトリーの比較 | テリトリー管理を始める前に | テリトリー管理を利用する理由

テリトリー管理の利用

組織の構造や営業スタイルに合わせてテリトリーを作成して活用する方法について紹介します。
テリトリー管理の有効化 | テリトリーの作成 | 売上予測の管理

テリトリーの割り当て

取引先、連絡先、商談へのテリトリーの割り当て方法や割り当ての条件を確認しましょう。
テリトリーのデータの割り当て方法の確認 | 割り当てルールの実行によるテリトリーの自動割り当て

テリトリーごとの売上予測

ユーザーが所属しているテリトリーごとに売上予測を作成して、テリトリーごとに異なる売上目標を設定できます。
売上予測の作成 | 下位のテリトリーへの売上目標を設定 | 売上予測の確認

上へ