CRMヘルプ

テリトリーの割り当て

テリトリーの割り当て方法

自動

  • 取引先、連絡先、商談が作成/編集されたとき、テリトリーを自動で割り当てられます。
  • テリトリーの条件に一致したときのみ、下位のテリトリーでも該当のデータが利用可能になります。
  • もし条件に一致しなかった場合、同じ階層の次のテリトリーで、そのデータが利用可能になります。
  • テリトリーの条件を満たすと、該当のデータはそのテリトリーに割り当てられます。さらに、階層の中の他のテリトリーや下位のテリトリーの条件を満たしているかどうか確認されます。
  • 例えば、次のような階層の場合:

    例:
    • データが、「東日本」というテリトリーの条件と、その下位のテリトリーの「東北」という条件を満たしている場合、より下位の「東北」のテリトリーが割り当てられます。「東日本」と「東北」両方のテリトリーが、データに割り当てられることはありません。
    • データが、「製品A」の条件には当てはまるが、該当の階層の他のテリトリーの条件には当てはまらない場合、「製品A」のテリトリーだけがデータに割り当てられます。

手動

  • テリトリーの管理者は、データに対し、手動で自分のテリトリーや下位のテリトリーを割り当てることもできます。
  • 組織の管理者の権限を持つユーザーも手動でテリトリーを割り当てられます。
  • 手動で追加したテリトリーは、手動でのみ削除できます。自動で割り当てられたテリトリーは、手動で削除できません。

取引先でのテリトリーの割り当て

利用例:

利用例 条件と結果
データが1件のテリトリーの条件を満たす。 データはそのテリトリーに割り当てられます。
データが複数のテリトリーの条件を満たす。 データはすべてのテリトリーに割り当てられます。
データが、上位のテリトリーの条件を満たさないが、下位のテリトリーの条件を満たす。 データは、上位のテリトリーと下位のテリトリーのどちらにも割り当てられません。
データがテリトリーの条件も満たさない。 どのテリトリーもデータに割り当てられません。

1件の取引先データに割り当てられるテリトリーは10件までです。利用例とその結果はこちらです。

連絡先でのテリトリーの割り当て

利用例:

利用例 条件と結果
連絡先が取引先と関連付けられていない。 テリトリーは連絡先に割り当てられません。
連絡先と関連付いている取引先に、テリトリーが割り当てられていない。 テリトリーは連絡先に割り当てられません。
連絡先と関連付いている取引先に、1件のテリトリーが割り当てられている。 連絡先は、取引先のテリトリーに割り当てられます。
連絡先と関連付いている取引先に、複数のテリトリーが割り当てられている。

テリトリーは次の条件を満たす場合に割り当てられます。

  1. 連絡先の担当者が、取引先のいずれかのテリトリーに所属している。
  2. 連絡先の担当者が、取引先のいずれかのテリトリーの管理者である。
  3. 連絡先の作成者が、取引先のいずれかのテリトリーに所属している。
  4. 連絡先の作成者が、取引先のいずれかのテリトリーの管理者である。
  • 最大10件のテリトリーを1件の連絡先に割り当てることができ、そのうち1件のテリトリーは、連絡先に関連付けられた取引先に基づいて自動で割り当てられます。詳細は、取引先の割り当てに関する表を参照してください。
  • 上の例でいずれかのテリトリーに所属することが識別できなかった場合、テリトリーは連絡先に割り当てられません。

商談でのテリトリーの割り当て

テリトリーは、商談のルールに基づいて商談のデータに割り当てられます。商談のルールの有効化もあわせて確認してください。

複数のテリトリーや下位のテリトリーに対して、商談のルールを作成できます。適用される商談のルールは、2つの要素をもとに決定されます。内容:

商談に関連付けされている連絡先 - テリトリーが割り当てられている連絡先に商談が関連付けられている場合、そのテリトリーの商談のルールが確認されます。下位のテリトリーがある場合

  • テリトリーの第1階層に商談のルールが存在するかどうか確認します。商談のルールが存在しない場合、スキップして第2階層を確認します。第2階層でも利用可能な商談のルールがない場合、それ以降の階層での確認は行われません。
  • テリトリーの第1階層に商談のルールが存在するが、その条件を満たすデータがない場合、同様に第2階層で確認は行われません。

商談に関連付けられている取引先 - 商談に、テリトリーが割り当てられていない連絡先が関連付けられている場合、商談に関連付けられている取引先が確認され、その取引先のテリトリーの商談のルールが確認されます。下位のテリトリーがある場合

これは、次の場合に適用されます:

  • 商談が、商談のルールを持つテリトリーの条件を満たしていない場合。
  • 複数のテリトリーの条件が商談に一致する場合。
  • 商談がテリトリーの第1階層の商談のルールの条件を満たさない場合。
  • テリトリーの第1、第2階層に商談のルールがない場合。

商談に関連する取引先や連絡先が変更された場合、テリトリーは再度割り当てられます。利用例:

連絡先の例 条件と結果
商談に取引先や連絡先が関連付けられていない。 テリトリーは商談に割り当てられません。
商談と関連付いている連絡先に、1件のテリトリーが割り当てられている。 商談は、連絡先のテリトリーに割り当てられます。
商談と関連付いている連絡先に、複数のテリトリーが割り当てられている。

テリトリーは次の条件をもとに割り当てられます。

  1. 商談の担当者が、連絡先のいずれかのテリトリーに所属している。
  2. 商談の担当者が、連絡先のいずれかのテリトリーの管理者である。
  3. 商談の作成者が、連絡先のいずれかのテリトリーに所属している。
  4. 商談の作成者が、連絡先のいずれかのテリトリーの管理者である。
取引先の例 条件と結果
商談と関連付いている取引先に、1件のテリトリーが割り当てられている。 商談は、取引先のテリトリーに割り当てられます。
商談と関連付いている取引先に、複数のテリトリーが割り当てられている。

テリトリーは次の条件をもとに割り当てられます。

  1. 商談の担当者が、取引先のいずれかのテリトリーに所属している。
  2. 商談の担当者が、取引先のいずれかのテリトリーの管理者である。
  3. 商談の作成者が、取引先のいずれかのテリトリーに所属している。
  4. 商談の作成者が、取引先のいずれかのテリトリーの管理者である。

メモ

  • 1件の商談に割り当てられるのは1件のテリトリーのみです。
  • 上の例でいずれかのテリトリーに所属することが識別できなかった場合、テリトリーは商談に割り当てられません。また、テリトリーを手動でデータに割り当てると、上記の条件に基づいて自動的にテリトリーに割り当てられることはありません。

データ編集時のテリトリーの再割り当て

取引先には、連絡先や商談が関連付けられています。取引先データが編集されて別のテリトリーに再割り当てされた場合、関連する連絡先と商談もまた他のテリトリーに再割り当てされることがあります。次の表は、親データが変更された場合の例です。

利用例:

編集された親データ 関連するデータに起こる変化
複数のテリトリーに属する親データが、1件の新しいテリトリーに割り当てられた。 関連データは新しい1件のテリトリーに再割り当てされます。
1件のテリトリーのみに割り当てられていた親データに、他のテリトリーが追加で割り当てられた。 関連データは、親データの既存のテリトリーに割り当てられたままです。データが新しいテリトリーに再割り当てされることはありません。
1件のテリトリーのみに割り当てられている親データに、新しいテリトリーが再割り当てされた。 データは、新しいテリトリーに割り当てられません。関連するデータは、どのテリトリーにも属しません。
複数のテリトリーに割り当てられている親データに、さらに他のテリトリーが割り当てられた。 関連データは、親データの既存のテリトリーに割り当てられたままです。データが新しいテリトリーに再割り当てされることはありません。
複数のテリトリーに割り当てられている親データに、新しいテリトリーが再割り当てされた。 データは、新しいテリトリーに割り当てられません。関連するデータは、どのテリトリーにも属しません。

割り当てルールの実行によるテリトリーの自動割り当て

テリトリーの割り当てルールを実行すると、テリトリーのルールの基準を満たすデータが自動的にテリトリーに割り当てられます。はじめに、Zoho CRMのアカウントにサインインして、設定 > テリトリー管理 > テリトリーの割り当てをクリックすると、既存の取引先に対してルールを実行する必要があります。取引先のテリトリーに基づいて、関連する連絡先と商談にもテリトリーが割り当てられます。商談のルールを有効にすると、商談に対してもルールを実行できます。

次の3つの方法のいずれかを使用して、データを検索し、テリトリーを割り当てることができます。

  • テリトリーの利用 - 選択したテリトリーのデータが、一覧で表示されます。データを選択してテリトリーに割り当てできます。
  • データの一覧の利用 - データの一覧機能を利用してデータを抽出すると、表示されたデータに対して、簡単にテリトリーを割り当てることができます。
  • 独自の条件の設定 - 上の2つの方法で目的が達成できない場合、個別にデータの抽出条件を設定できます。この方法では、パターンの変更を利用して、条件の設定の変更が可能です。

データを検索してテリトリーに割り当てるには

  1. [設定のアイコン]をクリックし、設定 > テリトリー管理 > テリトリーの割り当てをクリックしてください。
  2. 一覧から、取引先か商談を選択してください。
  3. 以下の選択肢のいずれかを、一覧から選択してください。
    • テリトリー - 一覧からテリトリーと下位のテリトリーを選択してください。
    • 一覧 - データの一覧­を選択してください。
    • 独自の条件 - データを抽出する条件を個別に設定してください。
  4. 一覧で表示された検索結果を確認して、ルールの実行をクリックしてください。
    データが、テリトリーのルールを基にさまざまなテリトリーに割り当てられます。テリトリーの割り当てが完了すると、通知メールが送信されます。

メモ

  • 手動で追加したテリトリーは、手動でのみ削除できます。自動で割り当てられたテリトリーは、手動では削除できません。

上へ