CRMヘルプ

Zoho電話連携

営業活動においては電話が大切です。電話を通じてお客様とコミュニケーションを深められ、疑問や問題を解決しやすくなります。営業担当者にとって、電話のシステムが果たす役割は重要です。

見込み客の発掘、検討の進捗状況の確認、交渉等、既存の見込み客やお客様へのフォローに電話は欠かせません。営業活動においては、メモを残したり、次に行うべきタスクを追加したり、次の電話の予定を設定することが必要です。Zoho電話連携を利用すると、電話と顧客/営業情報を連動させられます。

Zoho電話連携により、Zoho CRM電話システムを連携させることが可能です。着信と発信の通話の両方を連携可能です。着信時に発信者の情報を表示したり、通話の予定の通知(リマインダー)を表示したりできます。

Zoho電話連携でできること

  • Zoho CRMでの通話の発着信の管理
  • 通話の発信者との商談の履歴、メモ、メールのやりとり等をすばやく確認
  • 通話の予定に関する通知(リマインダー)
  • ワンクリックでの発信
  • 外出時に出られなかった電話の確認
  • 通話に関する詳細の記録

利用条件

必要な権限:管理者が、電話システムの設定を行えます。

対応している電話システム(PBX)

  • オンプレミス(インストール型)のPBX - AvayaAsteriskElastix
  • クラウド型のPBX - Twilio、Ringio、RingCentral、Ozonetel、Promer、Knowrality

特長

  • 通話の発信者の重要な情報を確認でき、応答する前に準備ができます。
  • 重要な顧客からの通話をすぐに把握できます。通話に関する予定(リマインダー)を設定し、商談対応やフォローの抜け漏れを減らせます。
  • 通話に関するメモを記録し、後から参照したり他の人と共有したりできます。
  • 通話の着信時に、発信者の概要について画面上で確認できます。

上へ