CRMヘルプ

TwilioとZoho CRMの連携

Twilio連携の設定

Twilioは、クラウド型の電話/PBXサービスで、Zoho CRMと連携することで、Zoho CRMの画面からTwilioを通じて電話の発着信が可能になります。Twilio連携を設定すると、通話情報をCRMの見込み客/連絡先/取引先と関連付けて管理できます。Twilio連携は3つの手順で設定します:

  1. Twilioの認証
  2. 着信用のTwilioの番号の追加
  3. 発信用のTwilioの番号の追加

手順1:Twilioの認証

Twilio連携を認証するには

  1. 設定のアイコン) > 設定 > 拡張機能&API > その他 > Zoho電話連携をクリックしてください。
  2. Zoho電話連携のページで、一覧からTwilioを選択してください。
  3. アカウントのSIDと、認証トークンを入力してください。
  4. 認証をクリックしてください。
    Twilioのアカウントが設定されます。着信と発信について設定するには手順2と3を参照してください。

手順2:着信用のTwilioの番号の追加

着信用のTwilioの番号を追加するには

  1. 設定のアイコン) > 設定 > 拡張機能&API > その他 > Zoho電話連携をクリックしてください。
  2. 着信通話のタブで、電話番号の追加をクリックしてください。
  3. Twilioから購入した電話番号を入力してください。
  4. いずれかの選択肢を選択してくださいこれに応じて、着信通話がそれぞれの担当者に割り当てられます。
    • 自動音声応答(IVR)のメニューの設定- 発信者への応答に利用する自動音声応答(IVR)のメニューを設定できます。発信者が選択した内容に応じて、通話が該当のユーザーに割り当てられます。
    • 営業担当者の関連付け- この電話番号への通話が、指定したユーザーに割り当てられます。
  5. 保存をクリックしてください。

選択肢1:自動音声応答(IVR)メニューの設定

自動音声応答(IVR)のメニューの設定の欄で、以下を行ってください:

  1. キーの入力 - 1から9までの番号を設定してください。
  2. メニュー - 番号のメニューの内容を入力してください。
  3. 処理 - 一覧から処理の内容を選択してください。
    • 営業担当者の割り当て - 有効なCRMユーザーの中から担当者を選択してください。
      選択したユーザーに、通話が割り当てられます。複数のユーザーを選択した場合、呼び出しの種類を設定する必要があります。
      • 同時呼び出し - 選択したすべてのユーザーに同時に着信します。
      • 連続呼び出し - 選択したすべてのユーザーに順番に着信します。順番は、Zoho CRMにサインインした順番によります。あるユーザーが対応できない場合、次のユーザーが呼び出されます。
        この場合、呼び出しの間隔を設定してください。繰り返し呼び出すを選択すると、通話に誰も対応しなかった場合、もう一度はじめから担当者を呼び出します。
    • サブのメニューを追加するには、自動音声応答(IVR)のメニュー- キーの入力メニュー処理を入力し、完了をクリックしてください。
  4. さらにメニューを追加するには、追加のアイコンをクリックして上記の手順を繰り返してください。
    自動音声応答(IVR)のメニューは、5段階まで追加できます。

自動音声応答(IVR)の音声の設定の欄で、以下を行ってください:

  1. 音声の形式- 選択肢から音声の形式を選択してください。テキスト、音声、URL
    • テキスト - メッセージの内容をテキストで入力してください。
    • 音声ファイル - ようこそメッセージで流す音声のファイルを添付してください。
    • 音声のURL - 音声のファイルのURLを入力してください。
  2. ようこそメッセージ- 発信者に対して流すようこそメッセージを追加してください。例:お電話ありがとうございます。
  3. メニューのメッセージ - 番号のメニューの内容を入力してください。読み上げる内容を設定してください。なお、KeyとMenuという文字は、自動で入力され、削除できません。
    :${Menu}の場合、${Key press}を押してください。
  4. ユーザーが不在の際のメッセージ- ユーザーが不在の際に発信者に対して流すメッセージを入力してください。
    例:
    現在、担当者が出払っております。

メモ

  • 自動音声応答(IVR)のメニューは、9段階まで追加できます。サブのメニューの場合、自動音声応答(IVR)のメニューは5段階まで追加できます。
  • 複数の段階の自動音声応答(IVR)のメニューを設定する場合、テキストの形式のみ利用できます。
  • 通話の対応可能状況については、オンラインとオフラインを切り替えられます。

選択肢2:営業担当者の割り当て

  1. 有効なCRMユーザーの中から担当者を選択してください。
    選択したユーザーに、通話が割り当てられます。複数のユーザーを選択した場合、呼び出しの種類を設定する必要があります。
    • 同時呼び出し - 選択したすべてのユーザーに同時に着信します。
    • 連続呼び出し - 選択したすべてのユーザーに順番に着信します。あるユーザーが対応できない場合、次のユーザーが呼び出されます。
      通話に誰も出なかった場合、最大2周担当者が呼び出されます。
  2. 音声の設定の欄で、音声の形式やようこそメッセージを設定できます。

手順3:発信用のTwilioの番号の追加

発信用のTwilioの番号を追加するには

  1. 設定のアイコン) > 設定 > 拡張機能&API > その他 > Zoho電話連携をクリックしてください。
  2. Zoho電話連携のページの発信通話のタブで、電話番号の関連付けをクリックしてください。
  3. 一覧からユーザーを選択してください。
    すべての有効なユーザーが表示されます。
  4. 電話番号の一覧から、電話番号を選択してください。
    Twilioから購入した電話番号が表示されます。
  5. さらにユーザーを電話番号と関連付けるには、追加のアイコンをクリックしてください。
    関連付けに応じて、各担当者がそれぞれの電話番号から発信できます。
  6. 通話の記録 - 通話の記録の機能の有効/無効を切り替えられます。記録された通話は、メモに添付されます。
  7. 保存をクリックしてください。

電話番号の編集/削除

着信/発信の電話番号の一覧から、必要に応じていつでも編集/削除できます。

電話番号を編集/削除するには

  1. 設定のアイコン) > 設定 > 拡張機能&API > その他 > Zoho電話連携をクリックしてください。
  2. Zoho電話連携のページに、追加した電話番号が表示されます。
  3. 着信通話、または、発信通話のタブをクリックしてください。
  4. 電話番号にマウスのカーソルを合わせ、いずれかのリンクをクリックしてください:
    • 編集 - 着信のタブでは、自動音声応答(IVR)のメッセージ、通話の記録、不在時や通話中のメッセージ等の詳細を編集できます。発信のタブでは、ユーザーと電話番号の詳細等を編集できます。
    • 削除 - 着信のタブでは、該当の電話番号に対するZoho CRMでの着信を無効にできます。発信のタブでは、Zoho CRMからの発信を無効にできます。

よくある質問

1.Zoho CRMで通話の発信/着信ができません。なぜですか?

2.発信者が異なるにも関わらず、発信者ID(Caller ID)として「266696687」が表示されるのはなぜですか?

3.連続呼び出しの場合、どのユーザーに対して最初に通話が着信しますか?

4.誰も電話に応答しなかった場合はどうなりますか?

5.自動音声応答(IVR)のメニューの設定の読み上げの形式とは何ですか?

上へ